福野泰介の一日一創 - create every day

ドコモのXi音声端末が発売され、テザリング込みの「Xiパケ・ホーダイ フラット にねん」が契約可能になりました。(※テザリングとは、PCでの通信をスマホを経由して行うこと。)テザリングの料金は、先日10,290円から8,190円に下がったばかりでしたが、Xiでは7GBまでと制限付き(制限は2012年10月1日から)ながらテザリング込みで通常価格5,985円、キャンペーン価格なんと4,410円とかなり安いです。

Xiを購入しなくてもこのXi契約変更可能という噂を耳に、ショップへ行った所、Xi対応の赤いSIMと交換してくれ、難なく契約変更は完了。また、今月分の請求をさかのぼって変更してくれるので、早速今月分から早速安くなります。

この契約で今後1年でみると・・・
(8,190-4,410)*6=22,680
(8,190-5,985)*6=13,230
合計 35,910円ダウン

契約変更すると、月々サポートがなくなってしまいますが、差し引いても通常は得になるはずです。

一見、かなり思い切った料金プランに見えますが、スマホによる3G回線逼迫の回避、4G契約数の獲得、パケット定額制の維持、ヘビーユーザのARPU引き上げまたは抑制(7G制限、2012/10~)、ドコモへの囲い込み、データARPUの向上(テザリング使わない場合525円アップ)、iPhoneにないテザリングを売りにできる、別のキャリアでもつデータ専用端末からの吸収を狙える、と、なかなかうまいです。

ただ、一点、見直してほしいところ。データ通信ではなく、Xi契約と一緒についてくる、ドコモ内国内通話が24時間無料になる「Xiカケ・ホーダイ」に関して。時々長時間通話をするので、うれしいのですが、相手がドコモであるかどうかの判別のための「ドコモ♪」という音が非常に気になります・・・。これを設定で変更できるようになるとうれしいところ。どういうものかは、下記の動画をご参照ください。

参考
- Xiデータプラン フラット にねん
- Xiカケ・ホーダイ

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像