福野泰介の一日一創 - create every day

ちょっと大きなプログラムをマシン語で作っていくとき、変更するたびに、ジャンプ先のアドレスを計算するのが面倒になってきます。そんな時便利なのがアセンブラというツール。いままでやってきた対応する命令を2進数コードにする作業(ハンドアセンブル)を自動化します。
"Assembler" is useful tool to make pretty big program written in machine language. Numbers of address to jump are calculated automatically!

マシン語入門その6でつくった、画面に大きく文字を表示するプログラムをアセンブラを使ってやってみました。
For example, BIG SCREEN program on part 6.

10 POKE#700,240,181,148,70,0,38,15,24,9,35,27,2,201,24,184,93,192,0,18,24,0,36,19,93,128,37,24,70,40,64,0,208,1,32,8,112,1,49,109,8 20 POKE#728,247,209,24,49,1,52,8,44,241,209,24,57,3,32,48,64,3,40,0,208,224,57,98,70,1,54,12,46,227,209,240,189 RUN OK A=USR(#700,"+IchigoJam+!"):WAIT120


"asm15 - Arm Cortex-M0 Assember for IchigoJam"

ふたつある同じレジスタ上の足し算は、 R1=R1+1 と R1+=1 と区別する形に変更したので注意!
Notice! I modified the code R1=R1+1 and R1+=1

やってみよう! Challenge
- 任意の場所に大きな文字を表示するプログラムをつくろう (BIG CHARs on any position)
- セミグラフィックを使った文字表示プログラムをつくろう (middium chars using half graphics)

- 連載、IchigoJamではじめる、Armマシン語入門
1. はじめてのマシン語
2. ハンドアセンブルで超速計算!
3. マシン語メモリアクセスで画面超速表示!
4. マシン語でLEDを光らせよう!
5. 楽しさ広がるマルチバイトメモリアクセスとスタック
6. マシン語使いこなしTIPS
7. カジュアルに使うインラインマシン語
8. アセンブラを使って楽しよう
9. マシン語で高速SPI
10. マシン語を制するもの時間を制す
11. 画面をイチゴで埋め尽くす12の方法
12. レジスタ不足に上位レジスタとスタック操作
13. コンパイラはじめのいっぽ、EVAL実現法とマシン語生成
14. サイズを取るかスピードを取るか、割り算のアルゴリズムとマシン語実装
15. マシン語化で1万倍速!? セットで学ぶアルゴリズムとコンピューター

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像