「サイコロシミュレーション」

3種類の大きさの箱シミュレーション

今年の高専プロコンの競技部門は3種類の大きさで山になったサイコロを数えるものでした。
物理シミュレーションエンジンBox2Dを使ってばらけ具合をシミュレーションしてみるとかもおもしろいかもと思って記念にコンセプトだけを作成。
実際には、3Dシミュレーションに変更し、摩擦係数や反発係数を実物と合わせないと使えません。

物理エンジンBox2DJS使用。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS