サイト、BCN Bizlineにてインタビュー記事が公開されました。その中でも触れている、理想と期待について、2x2のマトリックスでまとめてみました。

こうだったらいいなという理想。こうあるべきというのが期待。

理想は高く、期待は高すぎずというのが、最も創造性が発揮できます。期待が高すぎると、悪いのは人のせいとなりがちで、不満ばかりが先行してしまいます。不満を感じたら、自分だったらどうするかと考えることが、創造のタネとなります。

理想がはっきりしない、もやもやした期待が先行すると不快になります。逆に、不快を感じた時には、理想をイメージするといいです。理想も期待も低いと、特に問題はないですが、新しい展開もないので、停滞します。革新の元は、この停滞ゾーンに眠っているので、時には普段の生活を疑ってみると、思わぬ創造のきっかけになります。

豊かな時間を過ごしてもらう道具を世界中に提供したい――福野泰介さん(jig.jp代表取締役社長) | BCN Bizline
2x2のマトリックスをハッシュで簡単に埋め込めるアプリ

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS