プログラミングを始めるのにブラウザであれば、PCでもスマホでも動くHTMLとJavaScriptがおすすめです。手始めに、時計を創ってみるのはいかがでしょう?

個人的には時計創りが好きなので、2012年作品にも時計っぽいものがたくさんあります。
一日一創 時計関連作品 #time

下記は、最もシンプルな時計アプリです。

中身の解説をします。

var d = new Date(); // 現在日時を示すモノを d という入れ物にいれる
var h = d.getHours(); // d から、時間の数値を h という入れ物にいれる
var m = d.getMinutes(); // 同様に、分を m に
var s = d.getSeconds(); // 秒を s にいれる
document.body.textContent = h + ":" + m + ":" + s; // コロンでつなぎ、表示する

これを setInterval というモノを使って繰り返し実行させることで時計になります。

こちらのリンクを右クリックし、ダウンロードし、テキストエディタで編集することで、オリジナルの時計を作ることができます。ちなみにライセンスは、権利放棄のパブリックドメインです。

つづく。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS