時間軸の高解像度化、1秒間あたりの画像枚数を増やす、高フレームレート化が熱い!

通常使いのMacbook Proに加え、家のWindows PCでは、240Hz駆動するモニターIO-DATAのGigaCrystaを愛用。 マウスの動きや、スクロール、3Dモデリング時など、ひとつひとつの動作がとっても滑らかで気持ち良い。

この滑らかさを伝えるには、直接見て触ってもらうしかない。なぜなら、今の世の中、スマホやPC、カメラの殆どが通常60fps(iPad Pro は120Hz)。 その場で比較すればひと目でわかる、動画再生アプリを作って、240fpsでスロー撮影できるiPhone動画。

240fps movie
Blenderで、240fps設定でレンダリングした動画をffmpegで12/24/30/60/120へとフレームレート変換。選択できるようにしてある。対応モニターで見れば、120fps/240fpsの滑らかさを体験できるでしょう!

4K/8Kとは別軸の高解像度化。まだまだコンピューターパワーが足りません!

links
- 映画の10倍、普通の4倍、秒間240回描画! 革新的ディスプレイに備える軽量ゲームフレームワーク sq-game.js
- 240Hz以上のモニター検索 on Amazon (現時点では240fpsが最高、2011年3D用に480Hz駆動も存在!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS