今年も熱い戦い繰り広げられた、第2回 加能ガニロボットコンテスト、ロボとヒーローインタビューです!

勝因は3点獲得できる「金の玉」のスピード確保!IchigoJamのプログラミングは自分でサクサクできるとのこと!さすが!
県外や、中学生も歓迎の福井県での大会「越前がにロボコン」への来年参加もぜひ検討してねっ!

今年、金沢で登場した技、キャリブレーション。しきい値を変数Tとして、ボタンを押している間のANA(2)の平均値を算出する参考プログラムはこちら

500 @CALIB:S=0:N=0:IF BTN()=0 RTN 510 LED1:S=S+ANA(2):N=N+1:WAIT6:IF BTN() CONT 520 LED0:T=S/N:?S,N,T:RTN

変数Sが合計(SUM)、Nがサンプリングした回数、WAIT6なので0.1秒に1回値を見て、平均値を変数Tに入れて返します。 ボタンが押されていなければ変数Tは変化しないので、プログラム内の必要な箇所に GSB@CALIB を加えておきましょう。 キャリブレーション中はLEDが光ります。


大人も手に汗握るカニロ対戦!


会場、金沢港クルーズターミナル!


今年オープンしたばかり、金沢港クルーズターミナル、2Fが会場!


ずらっと並んだ、こどもたちによるカニロボ!


それぞれ趣向凝らした手作りのロボ、親子がにがかわいい!


密を避けるサテライト会場も!


ピットにはIchigoJamプログラミング用の機材がずらり!


優勝トロフィーは誰の手に!?


こちらは予選コース。福井県こどもプログラミング協議会代表、松田さんは本線の解説員などを担当! 北陸大学の大学生も大活躍!


金沢市の公式キャラクター「さかなざわ さちこ」さん(さっちゃん)が来てくれた!


かなざわ、きてみまっし


優勝は重機の有名メーカー「コマツ」のOBコーチによるチーム!
こどもプログラミング実業団、コマツさん、越前がにロボコンへの参加もぜひどうぞ!


勝者の副賞に加能ガニ!なんと、新ブランド発表されたばかりの加能ガニ金沢、金沢香箱が!


こどもプログラミングサミット発起人、アフレルの小林さんも見学に!


大人も楽しいカニロボコン!みなさんの地域でもいかがですか?
ルールもシステムもオープンソース。どなたでもライセンスフリーで自由に開催いただけます!
福井県こどもプログラミング協議会で、ご協力もします!


来年は富山、山陰でもぜひ!
来年は富山でも開催!?地域で支える未来の力、オープンソースeスポーツ「加能ガニロボコン」 in 金沢! – about yrm


全試合、アーカイブでご覧いただけます!


今年は e-messe kanazawa と同時開催。バーチャル展示会場は12/31まで!
2018年、参加しました → 苺人間とIoT、e-messe kanazawaにてPCNこどもプログラミングトークショー


加能ガニロボットコンテストへ特別協賛するPFU社!ブースにIchigoJamアリ!


次世代育成はSDGsで要!


マイナンバーカードを読み取り、顔認証して確認するデバイス、Caora!
持っていたマイナンバーカードで実験してみました!


PFU社のバレーボールの実業団「PFUブルーキャッツ」とこどもプログラミング実業団のコラボもおもしろそう!


こどもと大人に夢を提供、電子工作マガジン&ベーマガの電波新聞社ブースも!


管理工学研究所の屋内位置測定技術「どこいっ太Air」!
企業毎の独自技術をカニロボコンへ導入しちゃうのも熱い!


なんと、株式会社ハイレゾ社による金泊サーバー!
来年の加能ガニロボコンに、金泊ロボでの参加、いかがでしょう?


JAISTではVRな展示。プログラミングで未来いろいろ創りましょう!


夜の金沢港クルーズターミナルもなかなかクール。カニロボ、電飾で飾るのもいいですね!


金沢、プログラミング、カニ!

links
- 加能ガニロボットコンテスト
- 来年は富山でも開催!?地域で支える未来の力、オープンソースeスポーツ「加能ガニロボコン」 in 金沢! – about yrm
- 越前がにロボコン

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS