まずは大きな岩から入れましょう。「ビッグロックの法則」は、子育てに限らず、学習全般に言えます。結論をまず見たいのが論文、テーマ、タイトル、概要が大事。
子どもにあれこれ言う親が的外れでしかない訳 | 子育て | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

聞き分けがいい子は危険です。聞くだけで「わかった気になる」人は、悪意がある人の言うことを鵜呑みにするでしょう。こどもが言うことを聞かないのは仕様です。自分でやってはじめて「わかる」ようにできています。高専のいいところは「実験」です。座学でやる「理論」が本当か、自分の手で確かめその結果を「レポート」します。


ビッグロックの実験 - 2Dバージョン」(src on GitHub / Matter.mjs)
結論、2Dでは成り立ちません。小からいれても大から入れても溢れます。ぜんぶミックスしていれれば入ります。3D空間の球と異なり、2D空間の円同士の接点に隙間はできず、小が入っていいきません。

2D物理シミュレーションでも、検証できるかも?と思った時に、ご活用ください。
HTML/CSS/JavaScriptでできています。(入門

<!DOCTYPE html><html><head><meta charset="utf-8"> <title>BigRock - matter.mjs</title> <meta name="viewport" content="width=device-width"> </head><body> <script type="module"> import { Matter, createWorld } from "https://code4sabae.github.io/matter-mjs/matter.mjs"; const { Bodies } = Matter; import { rnd } from "https://code4sabae.github.io/js/rnd.js"; const world = createWorld(document.body); world.add(Bodies.rectangle(100, 450, 30, 800, { isStatic: true })); world.add(Bodies.rectangle(900, 450, 30, 800, { isStatic: true })); world.add(Bodies.rectangle(500, 835, 800, 30, { isStatic: true })); const balls = []; const fallBalls = (w, n) => { for (let i = 0; i < n; i++) { const b = Bodies.circle(500 + rnd(300) - 150, -rnd(600), w); world.add(b); balls.push(b); } }; const clearBalls = () => { balls.forEach(b => world.remove(b)); balls.length = 0; }; large.onclick = () => fallBalls(100, 10); middle.onclick = () => fallBalls(50, 20); small.onclick = () => fallBalls(20, 100); reset.onclick = () => clearBalls(); </script> <style> body { text-align: center; } #buttons { z-index: 10; width: 100vw; position: absolute; bottom: .5vh; text-align: center; margin: .1vh auto; } button { font-size: 5vw; margin: 0 3vw; } </style> <div id="buttons"> <button id="large">大</button> <button id="middle">中</button> <button id="small">小</button> <button id="reset">消</button> </div> </body></html>

こどもでも大人でも、大きなテーマから気になるものです。
ゲームづくりとロボットづくりに興味をもった小3の自分に、パソコン(MSX)とはんだごてを買ってくれ、放置してくれた親に感謝です!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS