二度目の参加、一般社団法人九州ニュービジネス協議会主催「第20回九州・大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテスト(最終審査会)」。前回のNICT賞はIoT x 放牧養豚の「Pioneer Pork by 宮崎大学の有方さん」。起業家甲子園で審査員特別賞を受賞、起業し、おいしい豚肉の販売が始まってます!(Pioneer Pork)


九州のチカラここに集結!昨年度より、全国へのもうひとつの道NICT賞、新設!


観客はなし、オンライン参加も含め、配信も合わせたハイブリッド開催。


九州のチカラここに集結!


NICT賞として選んだのは「有明高専チーム」


「Wall Art Online - 新時代の「巣籠り生活」を促進する住宅コンサルティングビジネス


ディスプレイデバイスメーカーと住宅メーカーをつなぐ「Wall Art Online」
テレワークが広がる中、家に最高の就業環境を作ってしまうニーズ、増えそうですね。


ターゲットは新築計画中の世帯年収600万円程度の30-40代子育て世代とのこと。


福岡県、有明高専の寮がある熊本県荒尾市の浅田市長は、なんと有明高専出身!
本プランの実現に向けた、地元の企業との連携を含め、コンテストの結果に関わらずやる意思!

まず荒尾市で展開を考えた場合のマーケティングデータをオー���ンデータから探してみます。


熊本県荒尾市GDP
荒尾市の「市内総生産」オープンデータ(2011年度)を使って、分野別のGDPを円グラフ表示するアプリを作成。単位は億円に合わせました。サービス業の内訳や分野別の就業人数がわかると、分野ごとの生産性を計算でき、具体的な提案に繋げられそうです。福井県や、鯖江市でもデータ探してみます。


まずは、Excel形式のオープンデータを、CSVへと加工します。


arao_fukuoka.csv
CSV UTF-8で保存、すっきりシンプルになりました!汎用的な形式にしたので、人口データも加えておきます。UTF-8のCSVならスマホでも読めますよ!


コロナだけじゃないリスク、インフルエンザは減っているか?福岡市オープンデータ編
福岡市のインフルエンザオープンデータ、相変わらずほぼ0更新が続いていました。全国でも57件、昨年同期間77,425件の1300分の1!
全国インフルエンザ報告数(厚労省)
インフルエンザをほぼ0に抑え込んでも広がってしまう、COVID-19、恐るべし。ニューノーマル、創りましょう!


北九州高専、なんと校長先生が応援にいらっしゃってました!しかも、本江校長、富山高専のOB!


工場内の悩みをIoTとロボットとARで解決するプランを発表する北九州高専生!自分たちで実際作って試すのが一番ですね。


応援にかけつけた有明港先生達、最年少は2年生!全国に向けて気合充分!


歴代受賞者によるトークセッション。有明高専の指導教員、野口さんもなんと本コンテストのOB!起業経験を持った、母校高専の教員とはステキすぎる環境!Pioneer Porkの有方さん、熱いメッセージが最高でした。


会場外にはLEDのクリスマスツリー(めがね会館でもやりました


博多駅B1Fで食べたかった水炊きを、19:30の終電まで残り30分で食べ、余った10分でお土産購入。(256人を超えるいいね!


また来ます!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS