見張り、見回り、見守り。人が見ていれば助かったかもしれないこと。人を増やすのではなく、コンピューターに見てもらうのはどうでしょう?IoTを簡単に例えると、モノがLINEしてくれること。 知りたいことをセンサーで検出して、通知する。シンプルですが強力です。

1,500円パソコン IchigoJam BASICと月額60円4G回線 sakura.io を使って社長自ら開発した創電の「火守くん(ほもりくん)」の紹介動画が公開されました!

IchigoJam BASICを使ったIoTは超簡単。

IOT.OUT 1

これでネットに「1」という数値が送れます。

IchigoJam BASIC 1.5b03 ファームウェア (RISC-V版 IchigoJam R用)
- IchigoJam 1.5β3
IOT.IN()/IOT.OUT対応、自動起動判定を起動直後に変更
(ファームウェアの書き換えには、「IJUtilities」が便利そう!)


sakura.io通信モジュールを付けたIchigoSodaのI2C(SCL/SDA/GND)を接続して確認しました。 5Vも接続して電源を共通化してもOKです。

IoTづくり、お手軽です!

links
- オープンとスピードのまち鯖江へようこそ! 官民学連携で挑む、IoT普及を阻害する2つの課題

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS