地域の情報化を後押しする、地域情報化アドバイザー派遣制度、2021年度版がスタート!
ウェブサイトにある情報と2020年度オープンデータ全文を使ってサクサク検索できるアプリを作りました。


総務省 地域情報化アドバイザー一覧 2021」(src on GitHub)
地域情報化アドバイザーオープンデータはまだ公開されていなかったので、フライングしてウェブサイト情報をスクレイピングして、CSVオープンデータを構築。今年は画像と、3分類もデータ化し、語彙にschema.orgを使用。

総務省|報道資料|令和3年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
第一期公募期限は4月30日(金)15:00。予算上限達し次第、終了となるかもしれないとのこと。

自治体の方、どうぞお早めにご活用ご検討ください!


オープンデータ伝道師は、地域情報化アドバイザーも兼ねるとのこと。今年も委嘱いただきました。ITを武器により良い地域を創ります!
Code for Japanフェローにもなりました。

人のオープンデータの課題は、同姓同名対策。所属などで類推できますが、はっきりしないのが気持ち悪いところ。マイナンバーをみんな記載してはどうでしょう?
Code for Japanフェローオープンデータ」も合わせて、より良いオープンデータのカタチを共に考え、共に創ろうと思います。

links
- 総務省|報道資料|令和3年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
- 豪華メンバーがCode for Japanフェローに就任! - Code for JapanCode for Japan

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS