Code for FUKUI x 越前市国高地区、地域安全プロジェクトで通学路を引いてみました。
紙地図からデータへ!その7つのステップを紹介します


1. 国交省国土地理院のオープンソース「地理院地図」を開き、上部のメニュー「ツール」、右側メニュー「作図・ファイル」を選択


2. 「作図・ファイル」ウィンドウ内の「/」アイコンを押して、線を引いていきましょう。ダブルクリックで終点、OKを押して確定です。


3. 引きたい線が引けたら「フロッピーディスクな保存」アイコンを押します


4. GeoJSON形式を選択し、「上記の内容で保存」


5. ファイル名を記入して「保存」(国高地区地域安全マップの通学路は schoolzone.geojson というファイル名です)


6. できたファイルをGitHubにアップするとプレビュー表示してくれます


7. 通学路表示ができました!(src on GitHub)


こちら、今回の線を引く元にした紙地図、拡大すると荒が目立ちます


もう少しちゃんとしたい!そんなときは、地理院地図で編集しましょう。
「読み込み」アイコンを選択肢、geojsonファイルをドロップするだけ!修正、追記など編集できます。


通学路と危険箇所情報と合わせて見ると分かりやすい!

GeoJSONを簡単に地図にできる拡張タグ geojson-map も作ってみました。

geojson-map demosrc on GitHub
src属性にgeojsonのURLを書くだけ簡単!(GeoJSONを直接タグ内に書いてもOK、GeoJSONのカスタマイズなどはソースとLeafletドキュメントを参照ください) <script type="module" src="https://code4fukui.github.io/geojson-map/geojson-map.js"></script> <geojson-map src="https://code4fukui.github.io/kunitaka/schoolzone.geojson"></geojson-map>


geojson-map [GitHub] — Visual Studio Code — GitHub
GitHubのリポジトリで「.(ドット)」を押すだけ、VSCodeのオンライン版ですぐ編集できるようになってました。ブラウザだけでそこそこ本格開発できそうです。


福井のシビックテックチーム「Code for FUKUI」へのご参画ください!
お披露目会しました!

links
- シビックテック x GitHubで作る「地域安全マップ」、こんな教材は古い!JavaScript編
- GitHubはじめのいっぽ、オリジナルマップアプリを創ろう - Code for FUKUI勉強会
- Let's Code for! サイトにQRコード、印刷時用レイアウト、画像読み込みを同期的に
- GitHubのCSVファイルらくらく編集ツール OpenID/GitHubログイン実験

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS