商工会議所など、地域の中小企業を支援する組織がよく参照しているサイト「J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]」の国による支援策をオープンデータ化して、サンプルアプリと共に提供開始。 毎日、自動更新が走って、最新に保たれるはずです。


中小企業向け支援オープンデータ
こちらがサンプルアプリ。本文のテキストデータを含めて、フィルタで絞り込めます。


J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]」の「支援記事一覧」をJavaScript on Denoのプログラム scrapeSupportList.js を作って、スクレイピング(HTMLからデータ抽出)。


j-net21_support-list.csv
CSVファイルとしてGitHubで公開しています。

あとは、このCSVファイルを使ったウェブアプリを作ったり、いろいろ活用するだけ。
サンプルアプリは下記のようなシンプルなJavaScriptプログラムを含む1つのHTMLだけ。(src on GitHub)
<!DOCTYPE html><html lang="ja"><head><meta charset="utf-8"><meta name="viewport" content="width=device-width"> <header> <h1>中小企業向け支援策オープンデータ</h1> <input id=filter placeholder=フィルタ><br> </header> <main id="container"></main> <footer> DATA: <a href=https://j-net21.smrj.go.jp/index.html>J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]</a> → <a href=https://github.com/code4fukui/JNet21>CSV on GitHub by Code for FUKUI</a><br> </footer> <script type="module"> import { CSV } from "https://js.sabae.cc/CSV.js"; import { create } from "https://js.sabae.cc/stdcomp.js"; onload = async () => { const url = "https://code4fukui.github.io/JNet21/j-net21_support-list.csv"; const data = CSV.toJSON(await CSV.fetch(url)); data.reverse(); const show = () => { container.innerHTML = ""; const key = filter.value; data.forEach(d => { if (JSON.stringify(d).indexOf(key) == -1) { return; } create("div", container).innerHTML = ` <h2><a href=${d.url}>${d.title}</a></h2> <div>${d.date} - ${d.subtitle} - ${d.category}</div> <div>${d.tags?.split(",").map(tag => `<span class=tag>${tag}</span>`).join("")}</div> <div class=body>${d.body}</div>`; }); }; filter.onchange = show; show(); }; </script> <style> #container > div { border: 5px solid green; padding: 1em; margin: 1em; } h2 { margin: 0; } .body { font-size: 85%; overflow: hidden; text-overflow: ellipsis; white-space: nowrap; } .tag { display: inline-block; margin: .3em .3em .3em 0; padding: .2em 1em; border: 1px solid black; } </style> いろいろオープンデータ、増やしましょう!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS