2022-06-16
ラズパイのOSセットアップ。「Raspberry Pi Imager」が登場していて、SDカードへの書き込みが安全にできるようになってました。
「Raspberry Pi OS 32bit」を選択。


ラズパイのHDMI出力、ディスプレイを用意するのは重いので、USB接続するHDMIキャプチャー「LANMU HDMI 1,699円」を使ってMacの画面内に映すといい感じ。


ただの鏡アプリをベースに、画面出力デバイスから「capture」の文字を探して表示するElectronベースのアプリを作ってみました。webアプリとしても使えます。


セットアップ、マウスもあると操作しやすいですが、なくてもタブキーでなんとかなります。時間がないときは、セキュリティアップデートを後回しにするとすばやく起動!

GUIで起動するので、ターミナルを起動したいときは、ALT+F2(or ALT+2)でコマンドを指定して実行状態にして「lxterminal」と入力してエンター。ALT+TABで複数ウィンドウの切り替えなど、なんとかなります。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
本ブログの記事や写真は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供します。記事内で紹介するプログラムや作品は、それぞれに記載されたライセンスを参照ください。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / 「一日一創」画像 / RSS