東洋のOperaといえる、音楽で語る劇、浄瑠璃。福井県生まれで、幼少期を日本酒「」がある鯖江市吉江地区と過ごした浄瑠璃作家、近松門左衛門、鯖江市ではゆるキャラ「ちかもんくん」でお馴染みです。

「近松再来」のキャッチと共に昨年スタートした「さばえ近松文学賞」。応募総数556通の中から選ばれたグランプリ、近松賞「恋の手本」映画化が決定キャストオーディションを経て、クランクイン。ロケ地として、めがね会館にあるjig.jp本店オフィスを使っていただきました。


(めがね会館での撮影終了後に記念写真!)

鯖江出身の監督、高野充晃さん、プロデューサーで映画化実行委員長の松井敏喜さん、主人公として選ばれた村上真希さん始め、多くの方が見え、初めての映画撮影現場を体験させてもらいました。もしかしたら、エキストラとしてどこかに映っているかも!今年の10月に上映とのことで、完成が楽しみです!

- 「さばえ近松文学賞
- 「福井県鯖江市>さばえ近松文学賞2013近松賞 自主映画初上演」- 10/4(土)上映!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS