3DS, NGP, iPad2などモバイルゲーム機の話題が多い中、据え置きのコンソールゲーム機は、動きの認識センサーのオープン化による利用用途の多様性を狙っている。

今春、PS3 MoveがPCで使えるようになる。ただしPS3経由。PCのCPUを使わなくてすむのはいいが、PC/PS3/Moveと環境準備の敷居が高く、用途が特定されすぎるのがネックかも。LAN経由だと便利そうだが、反応速度が気になるところ。また、画像認識による位置情報特定だけなら、単純にPCとWebカメラでも可能なので、Moveならではの精度がどこまででるかに期待したい。

一方、Microsoft XBOX360は、Kinectの公式ドライバを同じく今春にリリース予定とのこと。こちらはXBOX360本体は不要で、PCにKinectを接続するだけで利用可能。すでに非公式のドライバが登場しているが、公式サポートで、本格的な企業による参入など、よりおもしろいアプリが出てきそう。

PCとの接続によって、インターネットへの自由なアクセスや、家電やケータイとの接続もでき、ゲームに限らない多様な利用方法が考えられる。

ぜひ高専プロコンなどのネタに使いましょう!

PlayStation MoveをPCで使える「Move.Me」、ソニーが提供 - ITmedia News
Microsoft、KinectのWindowsアプリを開発できるSDKをこの春リリースへ - ITmedia News

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS