福野泰介の一日一創 - create every day

久々のBASICプログラムの写経スタイル。N88互換BASICへの移植に触発され、IchigoJam BASICで書かれたプログラムをMSX BASICに移植。使ったパソコンは中古ショップで見つけて保護した、SONYのMSX2「HITBIT HB-F1XD」。プリインされている MSX BASIC version 2.0 は、マイクロソフト製!


「止まったらOUT」 by くぼゆきおさん(@tentenV3) の MSX-BASIC移植版
くぼさん、3/21、日本橋ストリートフェスタ エリアE「こども工作広場 日本橋小学校体育館」にて、IchigoJamとベーマガを展示されるとのこと!!(Twitter)

移植のポイント
120行-180行 画面の大きさに合わせて数値を変更(IchigoJamは36x27)
210行 生きながらえた時間がスコアになるので、TIME=0 で初期化(IchigoJamではCLTコマンドを追加するといいです)
300行 MSXのINKEY$は文字列が返るので、受け取ったらASC()命令でキーコードに変換(IchigoJamでは文字列変数が使えないので、INKEY()でキーコードが返ります、キーバッファが空の時は0)
420行-430行 BEEPの音色違いはPLAY文に置換(IchigoJamのBEEPは高さと長さを指定できます BEEP 5,30)
520行 VPEEKで画面表示で使っているメモリを取得します。アドレスを調べたらSCREEN1では0x1800(16進数)から32文字刻みでした(IchigoJamでは、LOCATEした位置をVPEEK()だけで取得や、VPEEK(x,y)でコードが取得できます)
530行 何もない場所、MSXでは32(=スペースのコード)に変更(IchigoJamではCLSで全部0になります)

いつもの小さなディスプレイ、相性がどうも悪く色がでず、IchigoJam風味なモノクロMSXとなっています。

- プレスリリース | jig.jpがこどもパソコン『IchigoJam』のライセンス販売スタート ~1,500円コンピュータでプログラミング教育の支援を目指す~
- BASICが動作する“こどもパソコン”「IchigoJam」のライセンスが150円で販売 - PC Watch
- IchigoJam 公式サイト
- IchigoJam BASIC リファレンス

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像