2022-01-21
人脈と経験が豊富で元気なシニア層の厚みは日本の強み。
シニア x テクノロジー x 企業連携で日本は変わる!
総務省主催「地域連携推進シンポジウム in 仙台」での記念写真。仙台・宮城を中心にいろんな地域からつながりました!

パネルディスカッションから見えてきた、課題と解決。鍵は地域の大企業との連携。

地域ICTクラブと企業とつながるための7ステップ
1. 設立する、読みやすく覚えやすくユニークな名前、大事!
2. 小さく活動してみる(参加者は数人でOK)
3. 慣れてきたらイベントを告知して新聞社さんに取材をお願いしてみる(季節ネタとか狙い目)
4. もうちょっと大きなイベント(プログラミング体験会など)を企画し、地元教育委員会に後援をお願いする
5. 仲のよい企業に少額の協賛をお願いする
6. もっと大きなイベント(ロボコン、プロコンなど)を企画し、地域のメディア、学校、行政、企業を巻き込む
7. 楽しく続ける!


KDDI株式会社 経営戦略本部 地域創生推進部(宮城エリア担当)の遠藤昭弘さん、課題を乗り越えたサステナブルなプログラミング教育モデルとして、鯖江とIchigoJamを例に挙げていただいてます!仙台でも、IchigoJamを使った、ロボットサバイバルプロジェクト「ロボサバ」を共催、10年先を見越した熱い人材づくりが熱い!ただ、継続には地域の企業の参加が必須とのこと、全く同感です。


KDDI x エル・コミュニティ x jig.jp x 福井高専 - 連携協定


地域の大企業の存在は大きく、社会的責任を求められる大企業にとって地域は重要。それぞれ違った文化がありますが、中身は同じ地域に根ざす人。少しずつ歩み寄り、サステナブルなモデルづくりをしていきましょう!


シニアのみなさんのプログラミング学習を支援する団体、シニアプログラミングネットワーク! 渋谷、仙台、愛知、大阪と広がっている様子。楽しそう!


シニアプログラミングネットワーク創始者で代表、総務省地域情報化アドバイザーでもある、小泉勝志郎さんも小学校の頃からプログラミング!
手書きのBASICのプログラム、熱いですね!アルファベットがうろ覚えでもできちゃうことは、数十年前から実証済み。


RUN on IchigoJam web
数十年ぶりに蘇る、小泉さん小学生の頃の「べんきょうのプログラム」 in BASIC!


なんと、ベーマガ創始者で元編集長、電波新聞社の大橋さんも登場!
いかに、こどもの頃に科学や技術に触れ、興味を持ってもらえるか。こどもには大事な雑誌という媒体で届ける「電子工作マガジン&ベーマガ」の果たす役割は大きい!子供向けにやさしく書かれているので、電子工作の初心者にもオススメです!


小泉さんが手掛けるコロナ対策サイト、祝、宮城県公式化!コツコツ、地域に根ざした活動が大事ですね。


COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボードの宮城県」からも辿れるように更新! テクノロジーを使った社会貢献、シビックテック、オススメです。


シニアプログラミングネットワークから、86才の現役プログラマー、トミ爺、こと、鈴木富司さんから60才の若者への挑戦! iOSアプリの販売、Amazonの電子出版など、熱い活動、刺激受けます。山登りと一緒で、みんなでチャレンジしましょう!
シニアプログラミングネットワーク | シニアでも学べるプログラミング!
何才でも、何才からでも楽しめるプログラミング、福井でも始めたい!

links
- オープンデータxシニア 〜もしもシニアがプログラミングを覚えたら〜 (2013/8/21)
- シニアによる Code for Sabae! シニアプログラミング教室 (2013/9/30)
- IchigoJam web 拡大表示に対応!未就学児からシニアまでIchigoJamプログラミング体験! (2017/10/30)

2022-01-20
大が小を兼ねないスピード。人口80万人足らずの小都道府県、福井県の動きが速い!

株式会社自動処理さんアイデアボックスをいちはやく使いたいと手を挙げた福井県、サービスインとなりました!
DX FUKUIアイデアボックス | アイデアボックス

福井県アイデアダッシュボードダッシュボード
自動処理の高木さんよりAPIをいただいたので、早速シンプルにユーザー数、アイデア数、コメント数を見るダッシュボードアプリを作りました。 ゆらゆらするメーターがポイントです。


liquidFillGauge ES Modules domosrc on GitHub
水位センサーづくりのときに使ったかわいいライブラリを思い出し、forkして、ESモジュール化してGitHubへアップ!

毎日半自動で運用中の「COVID19-Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード」で気になるのは、救急搬送困難事案の急増。
第5波後、ほぼ感染者がない状態が続いていましたが、オミクロン株による急速な広がり、第6波が各地で見られます。

COVID-19 日本の新型コロナウイルス概況
気になるのは現在患者数と合わせて、すばやい救急対応ができなかった数、救急搬送困難事案数が急増していること。青いラインが現在患者数=陽性者数-退院数(右軸)、赤い点が1週間の救急搬送困難事案数(左軸)。
救急搬送困難事案数(総務省) = 救急隊による搬送で「医療機関への受入れ照会回数4回以上」かつ「現場滞在時間30分以上」の事案として、各消防本部から総務省消防庁あて報告のあったもの)

週次で更新されこのる救急搬送困難事案数は、各都道府県防災主管部(局)から総務省宛にメールで送って集計しているとのこと(エビデンス

コロナとの戦いはいかに人手を空けるかです。ぜひこちらも各都道府県防災主管部(局)によるオープンデータ化が実現できれば、集計の自動化と即時性を上がります。 管轄はオープンデータを推進を牽引してきた総務省!ぜひオープンデータの力を活かしましょう!
救急搬送困難事案ダッシュボード - 都道府県別まとめ

ってことで、福井県から始めるといいかも?アイデアボックスに投稿します!
DX FUKUIアイデアボックス | アイデアボックス

2022-01-19
毎日半自動で運用中の「COVID19-Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード」病床数データの誤りを訂正しました。

厚労省オープンデータの形式変更に対応し、各都道府県ごとの病床数推移が正常に見られるようになりました。

東京都
11月末に宿泊療養施設を増やしています。


福井県
第5波収束時に病床数、宿泊療養施設共に増加。先日今まで行っていなかった自宅での経過観察も行うと発表がありました。
福井県公式新型コロナ 福井県が始めた「自宅での経過観察」と「宿泊療養」はどう違う?【福井】(福井テレビ) - Yahoo!ニュース


沖縄県
感染の広まりが早かった沖縄県、自宅療養者数が突き抜けています。

CSVによるオープンデータがあれば、このようなメンテナンスは不要になります。
いかに省力化するかがコロナとの戦いの肝!ぜひキレイなオープンデータを広めましょう!

プログラミングを使わずに、オープンデータをグラフ化したり、文章化して伝える活動もシビックテック!ぜひご一緒に!
2022/1/22-23「【オンライン開催】堺市「さかしる」アイデアソン・ハッカソン - connpass
2022/1/29「さばえIT推進フォーラム2022を開催します。 | エル・コミュニティ

2022-01-18
京都、横浜に続く第三段、「地域連携推進シンポジウム in 札幌」が開催され、北海道各地での地域ICTクラブの活動報告とオンラインディスカッション!


「コンピューターヤバイ!から始める、創造的人材育成」
福井の地域ICTクラブの福井県こどもプログラミング協議会からの報告デジタル人材を育てるシクミ。Hana道場で大人も学び、小学校でのプログラミングサポートにいける人を継続的に増やしているのがポイントです。こどもの可能性、大いに伸ばしてあげましょう!


福井備蓄ナビ - 備蓄品カード」にイラスト追加!
こちら、東京都のOSSをベースに、福井県番の開発を進めている「備蓄ナビ」。先日のワークショップで考案された3アイテムのイラストの作者は、中学2年生!


いか by はなか|
2014年、6才のときに作った「いか」LINEスタンプを作った姪っ子HANAKA!
何歳でも、どんなスキルでも、ちょっとの時間でも活かせるのがシビックテックのいいところ!
地域ICTクラブで取り組むテーマにイチオシ、こどもシビックテック!大人の課題、こどもと一緒に取り組みましょう。


NPO法人NEXTDAYさん、大きい北海道でこの活動範囲はすごい!


学校、ワークショップ、人が集まる場所、学校、観光をつなぐステーションセンター構想、熱い!地域ICTクラブが、地域内のおもしろいをつなぐ役目を担うの良いですね!


ラポールくしろさん。


歯ごたえある活動にしたい方におすすめ、オリジナル教材づくり!
NEXTDAYさんのデジタル百葉箱、ロボット、IchigoJamで使えるQRコードリーダーも!


共通の課題は運営費。ジムにお金を払って体力づくりをするように、地域ICTクラブでIT力を鍛えるつもりで活動しましょう。良い活動は積極的に広報し、カニロボコンを企画して地域の企業を巻き込むのがオススメです!


最後にパネルディスカッション。オンライン開催となったので、福井からもチャットで応援!ぜひまた北海道行きます!

地域ICTクラブのイベント、今週末、来月も開催です!
1/21「総務省主催 令和3年度 地域ICTクラブ地域連携推進シンポジウム in 仙台 | Facebook
パネルディスカッション参加します!


2/4 「総務省主催 令和3年度 地域ICTクラブ地域連携推進シンポジウム in 広島 | Facebook
こちらでも、基調講演「地域ICTクラブで創ろう、次世代の地域」担当します!

links
- 7才のHANAKA「いか」LINEスタンプ売って自転車買う
- IchigoJam はんだづけ、はじめのいっぽ - まちをよくするプログランミング in 品川区 Day2!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS