本日の「CyberValley, Japan」、データは「はかったもの」と説明すると分かりやすいことを発見。

コロナ対策ダッシュボード」でいつの間にか人気ページとなっていた、Google社による都道府県別予測データ表示アプリ

スマホのGoogleマップなどで測られた人の移動データと、各都道府県が計って、厚労省が集計したコロナデータ。 これらを元にGoogle社が予測モデルを設計し、コンピューターで計算した予測データは、どの程度当たるのか興味があったので、発表当時からのデータを収集し、オープンデータ化、予測と結果を表示アプリを公開しています。

COVID-19 Japan 都道府県別 感染者予測と結果
2020/12/18予測の東京、後半の増加は予測されていた以上となりました。
今回、Twitterでご要望いただき、日別の新規患者数結果のバーグラフ表示を追加しました。赤の新規患者数は左軸、青の現在患者数は右軸をご覧ください。


東京の予測は現状の2万人から7万人にもなる予測・・・。こうなっては大変です。


2020/12/18予測の福井、後半予想を上回る感染者が出ました。


福井のこれからは、減少傾向という予測。この予測を下回るくらいでいきたいですね。

いろいろ、はかろう!

黒が目立つ新型コロナウイルス対策ダッシュボード、黒になった後の都道府県に非常事態宣言が出されているので、先行指標として機能してそうです。

黒からの回復の条件は2つ、患者数の減少か、対策病床数の増加。対策病床としては、対策病床数と宿泊療養施設を含めています。これらの数の推移を患者数と合わせて追えるアプリを作りました。
対策病床数推移(厚労省オープンデータ)東京版
8月後半に増加して以来、病床も宿泊療養施設も増やしてはいないようです。


対策病床数推移(厚労省オープンデータ)福井版」 福井県、抑えられています。お住まいの都道府県のチェックをどうぞ。

新型コロナ、かつてない大きさとなっている第三波。非常事態宣言が広がり、医療機関の逼迫も聞こえてきます。 東京の救急医療が混雑していたときに適応される「救急医療の東京ルール」の適応件数の上昇が、東京都の対策サイトから確認できます。

自分や自分の周りの人を守る行動、不要不急な外出を避ける #STAYHOME 再びです。
かつての伝染病時とは違い、我々にはネットがあります!

jig.jp開発&提供、みんなのライブ配信「ふわっち」を使った #STAYHOME の新しいカタチ、配信アプリづくり!

Macを持っている方、ステキなオープンソース「HaishinKit.swift」を使ってかんたんにオリジナル配信アプリが開発可能です。

1. HaishinKit.swift をダウンロード
2. ライブラリを準備

$ brew install carthage $ carthage update

3. 配信画角設定を 1280x720 に変更

4. ふわっちをPCで開き、配信準備ボタン、外部エンコーダーを使うを選択

RTMP URL と Stream Name が表示されます。

5. Preference.swift に設定を書き込む

これで設定完了!自分だけの配信アプリになりました。もし公開する場合、 Stream Name も公開してしまわないよう注意。

6. 実機でビルド(Apple Developer Program 加入が必要)
7. ふわっちで「配信する」
8. アプリで配信する
画面、下から二番目、ビデオとビットレート隣にあるボタンを押すとアプリからの配信スタート!

9. 配信できました!

あとは、いろいろと楽しいエフェクトを作ったり、アニメーションにしたり、プログラミングで自由自在!#STAYHOME じっくり、家で開発三昧!
高専生プログラマーさん「jigインターンオンライン」でチーム開発も楽しいかも?

変更済みのソースコード、こちらからダウンロード可能です。
taisukef/HaishinKit.swift forked from shogo4405/HaishinKit.swift


COVID-19 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
場所に応じて警戒を!
「#STAYHOME x ふわっち」「PANDAID - パンデミックから命をまもるために」バナーはじめました。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS