すべてのこどもたちにプログラミングを!
PCN主催、11回目の小中学生向けプログラミングコンテスト「PCNこどもプロコン2021」の表彰式。応募総数282点、海外からも12点の作品が集まり実質世界大会!

チャレンジしてくれたこどもたち、ありがとう!受賞した人、おめでとう!受賞しなかった人も、受賞した人の技を盗んで次にチャレンジ!

PCNこどもプロコン2021表彰式ライブ映像」(録画、2021.3.27 追記)


IchigoJam賞は、おしえて!アイチャン!
障害物との距離を音で教えてくれるアイチャンを頼りに、障害物を避けて進むゲーム!
両目が見えなくなった家族の声をきっかけにまずはゲームづくり。勉強して実用的なものにもチャレンジしたいとのこと!
副賞として、勉強用の図書券5,000円と、新たなデバイスづくりに活かせるIchigoJamハーフキット
IchigoJam readnspeak もぜひ参考に)


神山まるごと高専賞


高専機構賞、谷口理事長、ご参加ありがとうございました!
小中学絵師にいいところ見せたい高専生向け、インターンで腕磨こう!


ラズベリーパイ財団賞には創始者、エベン・アプトンからメッセージ!
BASICで育ったEbenとは同い年!こどもプログラミングを伝える同士!


アイ・オー・データ機器賞


細野会長からのメッセージ!


自分で作ったロボット、コロちゃんと共に受賞の喜びを伝えてくれました!


最優秀賞 The color picker、おめでとう!

今回も多数提供した副賞のノートパソコン。ScratchやIchigoJamで学んだ子たちは、ぜひステップアップにもチャレンジしてほしい!

Scratch、IchigoJam,JavaScript(Deno)で人類最古のアルゴリズムと言われる最大公約数を求めるユークリッドの互除法を実装する様子。(Scratch, IchigoJam BASIC, JavaScript(Deno), C言語

緯度経度の新表現、Geo3x3が対応するプログラミング言語数は、今回Scratchにも対応して69。 用途に合わせていろいろなプログラムがあります。ぴったりの言語を探してみよう!


次回もやるよ!とPCN代表、松田さん、閉会の挨拶。


参加してくれたこどもたち同士の交流の場、創りたい!

高専プロコンの小中学生版を!と5年前から開催しているPCNこどもプロコン
9回目の開催となる今回、日本全国と海外からも届いた小中学生のプログラム、過去最多の329作品の応募!

全作品ソースを見て審査していきます。
小学生低学年でも、なかなか凝った作り、おもしろい実装などあります。

応募も多い、Scratchのプログラムは、流れを追いかけるのがちょっと慣れがいります。
大作になると、各スプライトに紐づき、2次元空間に配置され、GOTOコマンドと同様、グローバルなメッセージによって縦横無尽にジャンプするので、全体把握がなかなか大変。


blockcounter for Scratch
Scratchのプログラムのステップ数にあたる、ブロック数を算出するアプリを作ってみました。

sb3ファイルの拡張子をzipにすると展開できて、中にJSONでプログラムが記述されています。
それをパースしてScratchをJavaScriptであれこれいじるライブラリ lib4scratch 活用ください!(src on GitHub)

今回ちょうど、Flashベースのsb2からHTML5ベースのsb3へとバージョンアップへの狭間。
blockcounterはsb3のみ対応ですが、同じファイル名のJSONなので、sb2を触りたい方も使えます!


ノミネート作品発表、お楽しみに!
表彰式は、3/3福岡開催。今年は新しく、高専賞(仮称)も!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS