I update the COVID-19 Japan dashboard app with English text!
You can check the data about COVID-19 from Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan.
"About Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)"


COVID-19 Japan Anti-Coronavirus Dashboard
The following is part of code of translate Japanese to English.

const TX = { '新型コロナウイルス対策ダッシュボード': { 'en': 'Anti-Coronavirus Dashboard' }, '自治体、医療機関の方へ' : { 'en': 'For local governments and medical institutions,' }, '新型コロナウイルス対策の感染症病床のデータ提供お願いします': { 'en': 'Please provide data of bed for infection.' }, // -- // contents.innerHTML = tx(contents.innerHTML)

If you found a wrong translation, please contact me.
Welcome to write issues! And welcome to send us pull-request! (src on GitHub)


COVID-19 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
Japanese version is available on same URL.


Yout can choose languages.
Tips: QR code is useful to share!

<img id=qrcode><script>addEventListener("load", () => qrcode.src = "https://chart.apis.google.com/chart?chs=140x140&cht=qr&chl=" + encodeURIComponent(document.location))</script><br>

Let's code!

links
- COVID-19 Global Hackathon 1.0: #BuildforCOVID19 Global Online Hackathon - Devpost

現役高専生エンジニアとオンラインハッカソン試行版、テーマは「新型コロナ対策」。10時にzoomで顔合わせ、オープンデータとアイデアの創り方をレクチャー、今日つくるアイデアを決定。

「アイデア = 誰かがほしいもの x 自分がつくれるもの」

まずは手が届くものから、ひとつひとつ作りながら、作れるものの幅、広げましょう!


オンラインでもいろんな人が集まるとアイデア弾む!いい感じにまとまってきたところで、アジャイルチーム開発の一種「スクラム」をレクチャー。 ランチ休憩後、いちばん大事な誰のための何を目的としたどういうものかを端的に文章「ビジョン」の決定からスタート。チームメンバーは誰もが空で言えるくらい、ステキなビジョンを創りましょう。


ビジョンを構成する機能単位でプロダクトバックログを作成し、優先順位の高い順に並べます。十分に合意ができたら、上から順にタスクに分解、誰が担当するか決めるスプリント計画して、開発開始!今回のスプリントは超短縮版で1時間!

1スプリント終わったら、zoomでスプリントレビュー、発見や反省は、次のスプリント計画に活かします。レビューと計画に30分かかりました。3スプリント目に全員のタスク分がひとつにまとまるところまで開発できました。 最後に今日1日の「ふりかえり」、良かったこと(Keep)、問題点(Promlem)、次どうするか?(Try)のKPTを使いました。

参加した高専生、勉強と刺激になった1日となったようで何より!

ここからは個人作業。Facebookで情報もらっていた、人工呼吸器やECOMOのデータ、連絡すると許諾のご返信が!早速、ダッシュボードに組み込んでみました。

COVID-19 Japan - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
人工呼吸器およびECMO装置の取扱台数等に関する緊急調査の結果について | 公益社団法人 日本臨床工学技士会」には、2020年2月と最近調査された、都道府県別の総CE数、人工呼吸器数、COVID-19の重症患者を救う鍵ECMOの数が記載されています。

機材の使用に欠かせないという、CE(=臨床工学技士、Clinical Engineering Technologist、Clinical Engineer)、医療現場でも活躍エンジニア!

今回アプリ上での使用を許諾いただきました、一般社団法人 日本呼吸療法医学会さん、公益社団法人 日本臨床工学技士会さん、ありがとうございます!


COVID-19 Japan - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
福井県でも陽性者数、じわじわと増加。CEは106人、人工呼吸器は208台、ECMOは6台。対応できる数には限りがあることを知っておきましょう。Faceobookシェア数2.5万。

ITmediaさんからの取材、ご紹介いただきました。
「ひっ迫した状況が一目瞭然」新型コロナ病床数まとめサイト、大反響に「バグを疑った」と開発者仰天 “医療現場の声”励みにスピード公開 - ITmedia NEWS
シビックテックとオープンソースがオープンデータを大きく発展させ、より強い社会を創るでしょう!

links
- sakurum/covid19-tokushima: 徳島県民一人一人がコロナにまけんための情報提供と情報共有ができるサイト

データ提供いただいた4都道府県分の感染症病床数データをダッシュボードに反映。データがない部分の今まで通り、1年前公開の厚生労働省データを使っています。(src on GitHub

COVID-19 JAPAN - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード」FBシェア1.6万!
北海道、兵庫県で大幅増床。福井県は結核病床の転用で、48床確保。茨城県は先手を打って200床。東京からの受け入れありうるかも?


病床種チェックボックスを使って、新型コロナウイルス対策感染症のデータのみで表示するとデータ提供元がよく分かります。

引き続き、データ提供、お待ちしています!
自治体・医療機関の方、新型コロナウイルス対策感染症病床数の一次データの公開おねがいします → アプリ化します!

Raw Data Now!(求む、一次情報)
Tim Berners-Lee: ティム・バーナーズ=リー 「オープンデータとマッシュアップで変わる世界」 | TED Talk

日々変化している今、地域ごとの現在患者数と感染病床数のリアルタイムな把握が、医療現場、行政、市民いずれにおいても重要です。

COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード」が、大きく広がりFacebookのシェア1万、アクセス急増にも急遽対策。データとアプリの力を感じます。

「感染病床使用率」を推定するための病床数の拡大のニュースが続いていますが、確定的な数が分かる例はまだ少ないです。(福井県庁は、結核病床を使うと発表)


COVID-19 Japan - 都道府県別 感染症病床数(カラム地図7x7、厚生労働省データ)
こちら、ダッシュボードでの感染症病床使用率の算出に使っている、感染症病床がある医療機関とその数をまとめたアプリです。 厚生労働省が公開しているデータ「感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)|厚生労働省」を使用しています。JSON化したものをダウンロード・二次利用いただけます。

ダッシュボードに追加される病床数を反映させるべく、病床数データを集めたいと思います。


新型コロナウイルス感染症病床数
どなたでも編集可能な Google SpreadSheet にて、オープンに募集します。出典はできれば一次情報元のサイトでお願いします。削除もできてしまいますが、しないでいただくとうれしいです。

また、より市区町村単位などより細かな単位で状況を把握するためのカラム地図の整備も進んでいます!こちらも協力者、大募集中。
日本全国だけでなく各地域ごとにカラム地図を事前に作っておくことが大事だと噛み締めている。 by 古橋 大地さん」(都道府県版、作成ボランティア募集中


COVID-19 Japan - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
現在患者数が増加してしまいました。病床数不足にどう対応するか、近隣の状況を含めた把握、ひとりひとりの感染防止策が重要です。


都道府県をクリックまたはタップすると、円グラフで詳細表示と、公式サイトやもしあればアプリへのリンクを追加しました。厚生労働省データへの反映にはタイムラグがあることが分かります。

必要な情報がすばやく正確に伝わるダッシュボード構築には、各自治体、各医療機関など、それぞれが必要とされるデータを一次情報としてオープンデータ化すればOKです。

ご相談、FacebookTitterにてお受けします。
オープンデータ伝道師 / Code for Sabae / jig.jp 創業者&取締役会長 福野泰介

links
- COVID-19 Japan - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
- 立ち上がろう高専生、今すぐできる技術貢献、日本政府xシビックテック、民間支援情報ナビプロジェクト「VS COVID19」経産省&総務省から発表!ウイルス対策サイト福井版も

福井県庁の発表で言及された感染病床数から、厚生労働省の病床数データを見つけ、分母を福井県に習って、特定感染症指定医療機関と第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関の内、感染症病床と結核病床としていましたが、結核病床は含められないようなので、選択可能に変更し、デフォルトでは特定と一種と二種の感染症病床のみとしました。

COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
すると、兵庫、大阪、愛知はすでにキャパオーバー(黒字に白)。東京都もあと15しか余裕がありません(赤に近いほど残数少)。


こちらは第二種の一般病床を加えてみまたものですが、福井県には元々一般病床はなく、増加数はわずか。

結核病床は通常、2018年に新たに15,590人も発生している結核患者の内、入院が必要な人がすでに使っており(稼働率はデータ見つけられず)、設備もないことから一般病床の方を使うようです。 今は問題ない地域でも、余裕は数十人程度であるため、クラスターが1つでも発生してしまうとまずい、危ない状況と認識したほうが良さそうです。


日本全体の病床使用率、現在入院中の患者数、累積な退院者数、累積の死亡者数を表示しています。チェックボックスから病床数分母を変えてみることができます。 それぞれの地域からのオープンデータによって集約して、実情に合わせた表示にしたいところです。


SNSへのシェアリンクを追加。なんと、Facebookで4,000近くもシェアされてました。厚生労働省のデータを非正規な方法(PDFのテキスト化プログラムを使用)で、取得して表示しているので、常に最新かつ正しいとは限りません。疑問を感じたら一次情報「新型コロナウイルス感染症について|厚生労働省」をご覧ください。


このようにPDFで公開されているデータをテキスト化して抽出していますが、本日、愛知県と兵庫県でエラー発生。通常、累積陽性者数=入院数+退院数+死亡数、なのですが、今回1名計算が合っていません。特に注釈もなく、扱い方が分からないため、ひとまずこのままの数字でJSONデータ化しています。 どちらの県もキャパオーバー、思った以上にまずい事態なのかもしれません。削減できる手間は自動化によって減らすサポートができればと思います。

一人ひとりにできること。密を避け、手を洗い、データで見る。


新型コロナウイルスの集団発生防止にご協力をおねがいします - 国民の皆さまへ 新型コロナウイルス感染症について

人類と新型コロナウイルスとの戦いは、長期戦。無理せず油断せず行きましょう!

一人ひとりの意識が大切、長期戦となりそうな新型コロナウイルス対策。日本の状況を把握するアプリをオープンソースで開発中。 オーバーシュート(爆発的感染)を招くかどうかの防衛ライン、厚生労働省によるオープンデータ、感染症病床の数と、現在患者数を都道府県別に見える形にしています。
COVID-19 JAPAN - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
ただ、見せ方や、仮定の仕方を含めて、手探り状態。誰にとってもベストなアプリは一朝一夕ではできませんが、ちょっとここが見にくい。もうすこし文字の大きさが小さく、または、大きく・・・など、デザインの変更は比較的簡単です。

CSSはじめのいっぽ - GitHub x 新型コロナウイルス対策ダッシュボード編

まずはGitHubアカウントを作ります。(参考「GitHubはじめのいっぽ」)
COVID-19 JAPANの最下部、クレジットにある src on GitHub を開きます。

こちら Code for Sabae で、オープンソースとして公開しているプログラムです。


右上「Fork」をクリック。先割れのフォーク、プログラムを自分用に枝分かれさせるイメージです。この段階では本体に影響しないのでご安心を!


GitHubの自分のアカウントへコピー中(Forking)


できました!メインのプログラム、index.html を開きましょう。


右上の鉛筆アイコン、エディットをクリック。


「<style>」から「</style>」までがCSS(カスケーディング スタイル シート)というHTMLの見た目を決めるコンピューター言語。 とりあえずテーマカラーを変更してみましょう。rgbで赤、緑、青の順に指定するか、16進数でシャープマークの後に6桁で指定するか、red とか色名で指定してもOKです。

-- で始まる項目は、自由に名前を付けられるCSSの変数。var(--main-color) などとして繰り返し使えて便利です。 background-color は、背景色。color は文字色を表します。「background-color css」などと、CSSと合わせていろいろ検索します。


とりあえず適当な色に変更したら、画面下の方の「Commit changes」ボタンをクリック。どう変更したかメモしておくと便利です。


続いて、変更したサイトを見るための準備。こちらは一度だけ行えばOK。画面上の方「Settings」をクリック


スクロールして、GitHub Pages という項目を見つけ、Source を master branch に変更します。


一度リロードがかかるので、もう一度 GitHub Pages という項目までスクロールすると、自分のアカウントで公開されたよ!とリンクがあるので、開いてみます。(反映されるまで1分ほどかかることがありますので、ちょっと間を置きリロードしてみましょう)


色、変わりました!(もうちょっといい色にすればよかった)


高解像度な4Kモニターではレイアウト崩れを起こしていたので、自宅テレビでCSSを調整。


「@media (max-aspect-ratio: 3/4)」を使って、縦長になった場合にフォントサイズを変更して、縦長でも見やすくなるようにしています。(参考、aspect-ratio - CSS: カスケーディングスタイルシート | MDN

GitHubは13才以上で利用可能。大人や、学生、高専生だけでなく、中学生でもOK!
Let's design!

テレビやキーボードが無くても使える、USBシリアル付きIchigoJam互換機、IchigoKamuyと同じく北海道生まれのハート基板で、日本の感染病床の推定残数を残りライフ的に表示させてみました。
厚生労働省からPDFで発表される、1つ星みなしオープンデータをJSON-API化したものを活用。プログラムはとてもシンプル!(src on GitHub)

const ij = require('./ichigojam.js') const fetch = require('node-fetch') const main = async function() { ij.command('CLV:WS.LED20') const url = 'https://app.sabae.cc/api/covid19japan_summary.json' const data = await (await fetch(url)).json() const ratio = 1 - data.ncurrentpatients / data.nbedforinfection console.log('現在患者数', data.ncurrentpatients, '感染病床数', data.nbedforinfection, '空き病床数(推測)', ratio) const nr = Math.floor(ratio * 20) ij.command(`FORI=0TO${nr}:[I*3+1]=30:NEXT:WS.LED20`) } main()

パソコンとIchigoJamでつくる、かんたんIoT。JavaScript on Node.js でチャレンジ!

IchigoKamuyやIchigoJamとUSBシリアルと、パソコンを使ったちょっと高度なIchigoJam入門。Node.js がまだの方、セットアップからどうぞ!
はじめてのウェブサービス、3分でわかるJavaScriptでつくる「チャット」の流れとチュートリアル Node.js編

USBシリアルのドライバの設定が終わったら、Node.jsから使えるように「serialport」モジュールをインストール。(参考、GitHubからプログラムをダウンロード!)

nmp i serialport

まずはコンソールからIchigoJamを使ってみましょう!(console.js

const driver = '/dev/tty.SLAB_USBtoUART' const SerialPort = require('serialport') const port = new SerialPort(driver, { baudRate: 115200 }) const parser = new SerialPort.parsers.Readline port.pipe(parser) parser.on('data', console.log) const reader = require('readline').createInterface({ input: process.stdin }) reader.on('line', function (line) { port.write(Buffer.from(line + '\n')) })

driver には、自分の環境でのUSBシリアル接続先を設定しましょう(Windowosの場合は、COM8 など)

node console.js LED1 OK

シンプルなIchigoJamとして使えますね!

JavaScriptのプログラムで制御してみましょう!

port.write(Buffer.from('LED1\n')) setTimeout(function() { port.write(Buffer.from('LED0\n')) }, 1000)

LED1でつけて、setTimeoutを使って1秒後に消します。(led1.js

Promiseとawaitを使うと、分かりやすく書けます。(led2.js

const main = async function() { command('LED1') await sleep(1000) command('LED0') } main()

毎回設定などをプログラムで書くのも面倒なので、モジュール化するとぐっとシンプルに!(led3.js

const ij = require('./ichigojam.js') const main = async function() { ij.command('LED1') await ij.sleep(1000) ij.command('LED0') } main()

ハート基板や、WS2812Bを接続して、WS.LEDコマンドを使ってフルカラーLEDの制御!(wsled1.js

const ij = require('./ichigojam.js') const main = async function() { ij.command('[1]=30:WS.LED 20') await ij.sleep(1000) ij.command('CLV:WS.LED 20') } main()


1つ、赤に光らせることに成功!アニメーションする(wsled2.js)もどうぞ!

IchigoJamでも新型コロナウイルス対策!厚生労働省オープンデータのJSON-APIを使って、ハート基板を制御したものが、今回の作品でした!(wsled3.js


パソコンとつないで、光らせ方は自由自在!
どんなデータで、どう動かす?いいものができて、ずっと動かしたくなったらパソコン不要なIoT、MixJuice x IchigoJam や IchigoSoda がオススメです。


特別講演「100円で50MIPS!?こどもパソコンIchigoJam x GPU/VR/5G時代のオープンデータ、その心は?」 | キタゴエ
IchigoKamuyもハート基板も北海道産!Kita-Tech 2019のときの講演が記事に!

北海道と言えば、有志により東京都版から派生した「新型コロナ対策サイト」がいち早く立ち上がった、熱い場所!

COVID-19 JAPAN - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード」を、現在患者数 / 感染症病床数 で、使用率目安を表示するように更新しました。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解等(新型コロナウイルス感染症)|厚生労働省
厚生労働省からの対策指針。感染症病床がまずは優先と記述されています。足りなくなった場合への備えも大事ですが、まずはこの防衛ラインを意識して、地域で抑え込むことが大事!

links
- IchigoKamuyはんだづけ一人称視点動画 - パソコンに直結して楽しむIchigoJamでエルチカロボを作るまで
- IchigoJamでパソコンとUSBシリアル通信。Node.jsを使うとキーボードとモニタいらず – しずかなかずし

福井県での初感染者発表で言及された感染症病床数。厚生労働省に全国都道府県別のデータがありました。 「感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)|厚生労働省
※ 政府オープンデータカタログ data.go.jp は3/23 8:00までメンテナンスでした。痛い。


COVID-19 JAPAN - 都道府県別 感染症病床数(カラム地図7x7、厚生労働省データ)
もしかしたら、使いやすいオープンデータがあったかもしれませんが、急ぐので公開されているHTMLからJSON化するプロラムを作って、アプリ化。


感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)|厚生労働省
こちらがデータ出典元のサイトです。

<!-- ここから内容 --> <h2>感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)</h2> <h4>○特定感染症指定医療機関 : 4医療機関(10床)&nbsp; <script type="text/javascript">dateCH("2015","4","1");</script></h4> <table class="table1"> <thead> <tr> <th scope="col">病院名</th> <th scope="col">病床数</th> <th scope="col">所在地</th> </tr> </thead> <tr> <td> 成田赤十字病院 </td> <td class="center"> 2床 </td> <td> 千葉県 </td> </tr>

このようにHTMLで書かれたデータを、プログラムで文字列処理して、構造化したデータへと変換します。JavaScriptのプログラムの一部抜き出すと、こんな感じです。(オープンソースのライブラリ cheerio 使用)

const parseTable = function(dom, tbl) { let state = 0 const res = [] const head = [] dom('tr', '', tbl).each((idx, ele) => { if (state == 0) { dom('th', '', ele).each((idx, ele) => { head.push(filterElement(dom(ele).text())) }) state = 1 } else { const data = {} dom('td', '', ele).each((idx, ele) => { data[head[idx]] = filterElement(dom(ele).text()) }) res.push(data) } }) return res }

定期的にウェブサイトをチェックし、更新があれば自動反映します。ただし、HTMLの書き方が大きく変わると変換プログラムを手直しする必要がでてきます。 こうしてできたJSON形式のデータの一部がこちら

total: { sum: 5809, sumi: 5373, sumt: 10, sum1: 103, sum2: 1758, sumk: 3502, sums: 436 }

計算済みの合計値を使ったり、都道府県別のデータを使ったり、アプリですぐに活用できる、3つ星オープンデータができました。詳しくは、ソース bedforinfection.js を参照ください。


COVID-19 JAPAN - 都道府県別 新型コロナウイルス陽性患者数 (カラム地図7x7、厚生労働省データ)
Code for Japan による、#StopCOVID19JP の掛け声の元、地域展開が進む新型コロナウイルス対策サイト。この度、厚生労働省データを纏めて作った「COVID-19 Japan」にルートのドメイン stopcovid19.jp を振ってもらいました!

感染状況を注目するにあたって、今回取得した各地の地域内の感染症病床数がひとつの防衛ラインになるように思うので、その割合での表示にしてみたいと思いますが、多くの目に触れるアプリになっているので、意見を聞いてみてからの反映にします。

このアプリも、Code for Sabae の GitHub にて、オープンライセンスで公開しているオープンソースです。自由に活用、意見送付、プルリクいただければとうれしいです!

links
- 病床使用率をモニタリング!福井で初の感染者、感染症病床数は48、みんなで打ち勝つ新型コロナ、Let's Code for 地元!

新型コロナウイルスによる医療崩壊を避けなければなりません。そのためには、地域でのひとりひとりの行動が大事!プログラムを書いたり、アプリをデザインしたり、地域のみんなで状況を把握するアプリを作り、信頼できる一次データを多くの人に伝えましょう!

福井県福井市で初の新型コロナウイルス感染者確認と報道あり。 一次情報「新型コロナウイルス感染症の患者の発生について新型コロナウイルス感染症について | 福井県ホームページ)」に、新たな重要データを発見。

3 患者受入れの医療体制の確保
・感染症指定医療機関の結核病床を感染症病床として活用開始
既存の感染症病床 20 床 + 結核病床 28 床 = 48 床
現在使用数は不明ながら、この数を上回る入院患者が出るとまずそうなので、こちらの数値をモニタリングするアプリへと改良。

COVID-19 Fukui - 福井県 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
JavaScriptできれいなグラフを作るライブラリ「Chart.js」を使って、円グラフを用意しました。母数を病床数に、現在患者数を仮に使用率として表示しています。 2週間、14日の入院が必要だとすると、1日に3.4人以上のペースで患者が増えると溢れてしまう計算です。


「ホーム画面に追加」用に、アイコンも用意しました。256x256のPNG画像です。アイコン内のグラフは自動的に更新されません。(でも、できたらうれしい)


COVID-19 Japan - 日本 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
厚生労働省には福井県の感染者データがまだ伝わっていないようです。現在患者数は648。日本全体に感染症病床はいくつあるのか?それぞれの都道府県には? それぞれの地域での行政と民間との連携が必要です。

東京都のオープンソースを活用した新型コロナウイルス感染症対策サイトの紹介 | 政府CIOポータル」にて、掲載された新型コロナウイルス対策サイト一覧(HTML)を、スクレイピングし、JSON化し、それぞれの都道府県をタップすることで飛べるように変更しました。(src on GitHub)

ただし、HTMLの表記方法が変わると動かなくなってしまう恐れがあります。春のjigインターンで開発した、schema.orgなど、標準語彙とitemtype/itempropを使った適切なマークアップが望まれます。(参考、サイトをエンジニアフレンドリーにしよう!robots.txt / sitemap.xml / itemscope / opensearch で機会判読可能に改良する


新型コロナウイルス感染症に関連する情報について/京都府ホームページ
京都府のデータ提供の方法が変わった様子。1つ星オープンデータとなる、画像によって、検査人数、陽性数が提供されているので、OCRを使用し、JSON-API化してみましたが、読み取り精度がいまいちなので、継続的な使用には不安があります。こちらも語彙のマークアップ化か、CSV化、PDF化、HTML化してほしいところですね。(src on GitHub)

必要データと問い合わせ、オープンデータ化の要望、データを使った考察、表現、アプリ化など。できることから始めましょう!

Let's Code for 地元!
地域の高専生や、プログラミングできる小中学生、出番です!
Twitterにてサポートします!(@taisukef)

links
- はじめてのウェブサービス、3分でわかるJavaScriptでつくる「チャット」の流れとチュートリアル Node.js編

新型コロナウイルス対策、一番大事なのは医療崩壊を防ぐこと。現在患者数の増加するか否かをチェックしたいですね。画像データ(1つ星オープンデータ)として提供される、厚生労働省の提供の現在患者数をOCRを使ってJSON-API化し、アプリに反映させました。


COVID-19 JAPAN - 都道府県別 新型コロナウイルス陽性患者数 (カラム地図7x7、厚生労働省データ)
都道府県別のPCR検査状況データもPDFであったので、こちらもAPI化して、検査陽性率を都道府県別に表示するように改良しました。スマホでもデスクトップでも見やすく、レイアウトも調整。


こちらが前々日と前日の厚生労働省提供の画像、みなし1つ星オープンデータです。左右、レイアウトが若干違うことがわかります。解像度も異なったりするので、何人かの担当者がパワポを手動で作って画像化し、ウェブサイトにアップしているのでしょう。 なので、自動化していますがちゃんと動き続ける保証できないのが痛いところです。

APIはこちら (API src on GitHub for Node.js / JavaScript)

https://app.sabae.cc/api/covid19japan_summary.json https://app.sabae.cc/api/covid19japan.json?type=withpcr https://app.sabae.cc/api/covid19japan.json

withpcrとそうでないもの、データの条件が違うので、陽性患者数が異なります。詳しくは、元データをご参照ください。

OCRは、GitHubでオープンソースとして公開されている「Tesseract」を使いました。img2text.js として使っています。 なかなかいい感じですが、月日などが入っていたり、切り方によっては誤認識してしまう様子。認識範囲を数字だけに限定して、精度をもっと上げてみたいところです。

IchigoJam+MixJuiceなど、マイコンで使いやすいテキストバージョンもどうぞ!

https://app.sabae.cc/api/covid19japan_summary.txt https://app.sabae.cc/api/covid19japan.txt


codeforyouth/vs-covid19: VS COVID-19 企業による支援リストsrc on GitHub
#民間支援情報ナビ を Code for Youth がフォークして、TypeScript化されました!


COVID-19 Fukui - 福井県 新型コロナウイルスオープンデータサマリー
中学生からのプルリク!自動更新機能と、手動更新できるボタンが追加されました。

ネットがあればどこからでも、年令・職業問わず貢献できるネットの良いところ!
世界中のイベントがオンライン化しているので、気軽に参加できるようになっているなど、大きくネット活用社会への移行が進みそう。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS