福野泰介の一日一創 - create every day

PCN秋葉原からアナログフルカラーLED用、1行色相環BASICプログラムで制御できる、色相環キラキラ新ボード!
試作版を1セット組み立てて、IoT化してみました。


ネットから回転する速度をコントロールするIoT色相環 (color wheel)


OUT2,3,4、3つの出力だけで6つのアナログフルカラーLEDをコントロール!


色の三原色、赤、緑、青、3つのLEDが1つのフルカラーLEDに入っていることがよくわかります。


雪結晶として3D組み立てされたアイロンビーズを装着でファンシー度アップ。


OUT2,1など、試してもよし。PWMを使って平均出力量をランダムに変更してみてもよし。

ぐるぐる変わる色相環、IoTで回転する速さを変えるプログラム

10 T=100 20 PWM2,0,T:PWM3,T,T:PWM4,0,T 30 FORI=0TO5:FORH=0TOT:PWMI%3+2,ABS(I%2*T-H),T:NEXT:NEXT 40 N=IOT.IN():IF N T=N 50 GOTO 20

40行を消せば、IchigoJam ver 1.2.3 でも普通に動きます! T=RND(100) としてもかわいい。


こちらパーツ!


抵抗をはんだづけ。


次にフルカラーLEDをはんだづけ。アノードコモンとカソードコモン、見た目はほぼ一緒ですが、2種類あるので注意です!


ちょっとピッチが狭くて難しいフルカラーLED部分のはんだづけは、製品版では難易度下がる予定。


完成!

商品化、楽しみですね!
実物を見たい方は、PCN秋葉原Assemblageへどうぞ。
G空間ハッカソン in 福井でも活躍した、IchigoSoda で、かんたんIoT、ぜひ IchigoJam BASIC ver 1.3 でお試しください。

4年前のココ、秋葉原Assemblageで高専の後輩、槇野さんによる電子工作ショップオープンの書き込みを見て、東京第一回目のIchigoJamワークショップを開催。
IchigoJam はんだづけ教室 レポート / つくりかたマニュアル大人向け
IchigoJamのバージョンが 0.8.6 とまだ1未満!


Assemblageでの秋葉原初のIchigoJam販売が始まり、それをベーマガ創始者で、電波新聞社の記者だった、大橋さんが発見したことがミラクルの始まりでした。 ベーマガ復活しますとメッセージ来て、大興奮した思い出。その後、電子工作マガジン内コーナーとして再開し、今回の別冊復活へ。


ベーマガ創始者の大橋さんから、再創刊ベーマガと、1993年ベーマガにサインもらいました!


この日もAssemblage / PCN秋葉原でも、5才の女の子、はんだづけからのプログラミング体験。 みるみる上達するはんだづけ、最初から最後まで自分ではんだづけ仕切ったのすごい!はんだづけ仕立ての部品はちょっと熱い。


はじめてのプログラミングで、LEDついた!
画面に名前をランダムに表示しながら、LEDが光って音がなるプログラムで喜んでくれました。

10 CLS 20 LC RND(30),RND(20):?"*" 30 LED RND(2) 40 BEEP RND(100) 50 WAIT 30 60 GOTO 20

お父さんも元ベーマガ読者!一緒に楽しんでください!


初心に返って打ち込み、打ち終えるまでは10分、打ち間違いのデバッグにもう10分!
打ち込むとプログラムの作り方の違い、アルゴリズムの実現方法など、学びや発見が多くて楽しいです。

さすが何千年も前から続く勉強法「写経」奥が深い。
コピペでは味わえないこの感動、ぜひ短いものからぜひご体験ください!

電子工作マガジン2018冬号 特別別冊付録付き」← 再創刊ベーマガが特別別冊付録
一番短くて改造方法いろいろ掲載、かわくだりゲーム載ってます
ブラウザだけで動く、IchigoJam web でも打ち込み体験可。


オセロ的に縦横挟むと消える落ちゲー、オセロス。
ステージクリアするごとに速くなり、初期配置が高くなるのが熱い!


IchigoBoyを持っていなくても大丈夫!「オセロス」のIchigoJam用改造法がこちら

IN(7) → BTN(28) or BTN(LEFT)
IN(6) → BTN(29) or BTN(RIGHT)
IN(5) → BTN(30) or BTN(UP)
IN(8) → BTN(31) or BTN(DOWN)
IN(11) → BTN(32) or BTN(SPACE)
SWITCH1 → VIDEO3 or VIDEO4

IchigoBoyは、ミニ液晶とゲームパッド搭載、三重県発のIchigoJam互換機。
写真は、LPC1114内蔵の IchigoBoy pocketです。 IchigoJamに液晶をつけ、SWITCHコマンドで切り替えることで、お持ちのIchigoJamでも作れます!

画面サイズ、通常のIchigoJamが32x24ですが、IchigoBoyは16x8。
VIDEO3の16x12表示にして、操作方法を変更すると、いい感じで遊べます!
操作方法はそのままに、コントローラーを自作するのもいいですね!


ベーマガ再創刊号「オセロス」 on IchigoJam
700行、LC0,3 を LC1,3 にするとクリア表示がフィールド内に収まっていい感じになります。


遊びたいゲームは、自分で改造や、移植して楽しむのが、ベーマガ流!

こちら、小中学生のこどもにお勧め、ノートパソコンや3Dプリンターをゲットするビッグチャンス!
PCNこどもプロコン」締切は12/31です。

ベーマガへの投稿は、大人もOK、1,000投稿/月でベーマガ月刊化!?

東京忘年会で活躍、エモメガネ!

暗いところでも大丈夫!LEDはすべて外側を向いているので、かけてる本人の眩しさはありません。


材料:ミニオンのメガネ、円形WS2812B外形60mm 2つ、線材少々
道具:はんだごて、ホットボンド
作り方
1. 円形WS2812Bの1つのDOUT/VCC/GNDをもうひとつのDIN/VCC/GNDに線材でつなぐ
2. メガネにホットボンドでつける
3. IchigoJamにつないでプログラムする


PCN秋葉原、木下さんに仕上げを手伝ってもらって、できあがり!


これはスゴイ!PCN秋葉原Assemblage開発、1行色相環!!
4本足のフルカラーLEDをIchigoJamのCN4、GNDとOUT2/3/4につないで、このプログラムを動かせば、7色に変化する色相環のできあがり!

10 T=100:PWM3,T,T:FORI=0TO5:FORH=0TOT:PWMI%3+2,ABS(I%2*T-H),T:WAIT1:NEXT:NEXT:CONT

2重のFORループを展開して、もうちょっと短くしてみたものがこちら

10 V=100:PWMH/V%3+2,ABS(H/V%2*(V-1)-H%V),V:WAIT1:H=(H+1)%(6*V):CONT

原理が気になる人は、こちらのテストプログラムも合わせてご覧ください

10 V=10:H=0 20 ?H/V%3,ABS(H/V%2*(V-1)-H%V) 30 H=(H+1)%(6*V) 40 WAIT10:GOTO 20

WS2812B用ドライバ(OUT1用)と合わせて、2行でサクッと色相環!(Vが最大輝度、1-255)

10 POKE#700,240,181,68,24,1*3,32,12,73,114,182,128,37,35,120,1,52,255,34,74,96,3,39,10,38,43,66,1,208,10,39,3,38,1,63,253,209,0,34,74,96,1,62,253,209,109,8,239,209,1,56,234,209,98,182,240,189,0,0,1,80 100 V=20:POKE#800+H/V%3,ABS(H/V%2*(V-1)-H%V):U=USR(#700,#800):H=(H+1)%(6*V):CONT

この短さなら、こどもたちでもチャレンジしやすい!


ふわっちくんもエモメガネ!


オリジナルパターンをプログラムして、パリピからエレガントまで自由自在!
センサー装備によるパワーアップなど、オリジナルなチャレンジをしたら、ぜひ別冊復刊ベーマガへ投稿しましょう!
子供はもちろん、かつてのマイコン少年も、最近はじめた大人やシニアの方でも大丈夫!

links
- 円形WS2812Bx2でお手軽工作エモメガネペンダント! IoTプログラミングで明日を創ろう - 福井市美山中学校会社訪問&IoT体験
- あの「ベーマガ」が15年ぶり“再創刊”! 「電子工作マガジン」12月19日号の別冊付録として - ねとらぼ

コンピューターの歴史は、コンピューターミュージックの歴史。
現代はすっかりソフトウェア音源全盛だからこそ、デジタルでは表現できないアナログ世界へとつなぐMIDIが熱い!
生楽器のMIDIコントロールといえば明和電機ですが、コルグ(KORG)からおもしろいMIDI楽器が出てました。


こちら現代のMIDI楽器「KORG volca beats」、PCNフラッグシップ秋葉原で遊べます。
なんと、アナログ回路でドラムセットを再現したMIDI音源!PC上のソフトウェアではできない音!
(最近はなんと、FM音源版 volca fmも登場!!)
MIDIの仕様書もあって単3電池駆動、IchigoJamから簡単に遊べますよ


キーボードからの入力、謎だったノートオフ信号もちゃんととれるようになりました!(1.2beta19)
キーボードにたくさんついているツマミや、スライダーからはID付きで0〜127の128段階の値が受け取れるので、マルチ入力デバイスとしても使えます。 多人数対戦のテニスゲームPongのようなパーティーゲームや、たくさんの電車をまとめてコントロールするのにもいいかも?(MIDIキーボード購入の際は、MIDI-OUT端子付きかどうか、よく確認しましょう)

【変更点 1.2b19】
INKEY()で0を処理する際、いままでと互換をとる関係で、#100(10進数で256)として処理します。
IF !K K=K&#FF とすることで、0〜255の値が使えます。


MIDI回路は非常に単純、MIDI-OUTなら直結でOK、MIDI-INもフォトカプラと抵抗2つ、ダイオードを使った簡単回路でつながります。


SC-88VLとつながったデモプログラムも必聴!


こちらAssemblageの常連さんがつくっていったという、MIDIピアノプログラム!良い音鳴ります。


音色を聞いてもらおうと探したSC-88VLのデモ演奏、ちょっともたつく感じがかわいい!
これはIchigoJamからの再生ではないですが、近いことができるはず!
初心に帰れる、IchigoJam x MIDIコンピューターミュージック!


PCNフラッグシップ秋葉原 by Assemblageは、秋葉原駅、電気街口出て徒歩1分、明るいはんだづけスペース完備!


こどもロボットpaprikaもいます。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像