福野泰介の一日一創 - create every day

G空間ハッカソンから、G空間ごはん会。
インターナショナルオープンデータデイ2019の前夜祭!

今回の成果、5チーム、5アイデアの発表がこちら!

G空間ごはん会、サバエドッグをもぐもぐしつつ、インプットタイム。今日のG空間テーマは「衛星データプラットフォーム Tellus

アイデア出すだけなら簡単です!

アイデアは組み合わせ!


アイデアは量!


質はひとまず後回し。出してみないとわからないおもしろさ。作ってみないとわからない本当の価値。


3人-4人で一チーム、まずは一人一テーマだして、表の一列目に記入。


続いて、一行目に、衛星、レーダー、IoTを書き、テーマと組み合わせて15秒で、みんなで思いついたアイデアを記入!


一気にできた9アイデアからベストアイデアをチーム内で決めて、1枚のプレゼン資料にまとめます!
タイトルやイメージにインパクトがあるといいですね!

こちらができた、アイデアシート。



発表タイム!

竹部賞は、レッサーパンダを救え!衛星、レーダー、IoTを駆使して、野生のレッサーパンダの生体を追いかけようというアイデア。

G空間ごはんタイム!ちょっとずつ、みんなでつくろうG空間アプリ!

人類が手に入れた宇宙からの目「Tellus」、楽しく活用していきましょう!
* 高精細な宙の目、まだ見られるエリアと期間が限定的な様子

G空間ごはん会、次回は2019.3.15(金)夕方、Tellusのオウンドメディア「宙畑」さん、緊急来福!
どうぞお楽しみに!

地方自治体職員が集結、未来の行政運営を研究する、公益財団法人 日本都市センターの第5回都市調査研究交流会にて、基調講演とIoT、webアプリのハンズオンワークショップを開催しました。
オープンデータで創る地方の未来―オープンデータのトップランナーになるには―


オープンデータとIoTが注目される理由、活用事例を紹介しつつ、実際に手を動かしてもらうハンズオン形式。 プログラミングで制御するLED、IoTで集めるデータ、スマホで制御するIoTをIchigoSodaで体験。 後半は、ノートPCを使ってオープンデータでよく使われる地図アプリを実際、GitHubのアカウントを作って、自分で作ってみるwebアプリワークショップ。 SPARQLも少し紹介できました。


地図アプリ向け、かんたん地図フレームワーク「egmapjs」
チュートリアルを作りました。ぜひ、みなさんで挑戦してみてください!


マップアプリづくりハンズオン(地理院地図編) 地図簡単フレームワーク egmapjs (PDF)
こちらは、スライドオープンデータ。

何かつくった自慢や、ご質問など、サポートはFacebookグループ「Code for Fukui」までどうぞ!

links
- 消火栓へゴー!? かんたんマップアプリづくりハンズオン(egmapjs 地理院地図編)スライド公開 - G空間ハッカーはじめのいっぽ
- はじめようG空間ごはん会 - 福井生まれのG空間9アプリレビューとアイデア集 / 総務省主催ハッカソンレポート Geospatial Hackers Program in 福井

徳島と鯖江に縁がある10月。大鵬薬品&大塚グループの社員のみなさん向けに Code for Japan 鯖江5期、地域フィールドラボ報告会&IoTプログラミング体験会。 IchigoJam、大人向け体験会、増えてます。
大鵬薬品 x 鯖江市、第5期 Code for Japan 地域フィールドラボ事業報告会 - 現場での恊働とデータが生むイノベーション

地域フィールドラボ開始初日に鯖江Hana道場で開催した、IoTプログラミング、大鵬薬品社長の小林さん(上写真、右側の方!)にも体験いただきました!
Hana道場、若宮さんと学ぶIoTとIchigoJamプログラミングと地域フィールドラボ第5期スタート!


鯖江出身、大塚薬品社員の澤田さんからの鯖江自慢からスタート!


プログラミング、はじめのいっぽの「LED1」であがる歓声、大人も楽しいエルチカゲーム。

LED1 OK

あっさりできてしまう、スマホとつながるIoT!

IOT.OUT 15 OK ?IOT.IN() 5 OK

コンピューターの基本は、制御するアウトと、センシングするイン、そして電源。
ネットを通じて制御する IOT.OUT コマンドと、ネットを通じてセンシングする IOT.IN() コマンド。


家の炊飯器のスイッチを入れたり、どこかの温度を定期的にモニターする、などなど。
sakura.ioなら、たった月64円で自分で創れるIoT、楽しんでいただけました。

1 N=IOT.IN():IF N>0 LED N-1 2 GOTO 1 RUN

スマホから2を送るとLEDが光り、1を送ると消えるIoTプログラム。


小林さん、ステキな会場での開催、ありがとうございました!
さくらインターネット、KidsVentureの創始者、高橋さんと陣内さん、と。


Code for Japan 陣内さんによる地域フィールドラボのご紹介。みなさま、興味津津でした!


小林社長も含めて、パネルディスカッション。


地域フィールドラボ@鯖江で大活躍した、大鵬薬品、社長室三浦さん、今後共よろしくおねがいします!


健康をテーマにしたアプリ、人間に必要な栄養素一覧に興味を持ってもらおう作りました!
人間に必要な栄養素 オープンデータアプリ」 ゆるゆる動きます、動かせます、クリックでWikipediaへ!
人間に必要な栄養素 CSVオープンデータ」 Excelやプログラムで編集容易な3つ星オープンデータ

バランス栄養食といえば、大塚グループ、カロリーメイト
完全食ならぬ、完全飲料だって夢じゃない!?

links
- Hana道場、若宮さんと学ぶIoTとIchigoJamプログラミングと地域フィールドラボ第5期スタート!
- 大鵬薬品 x 鯖江市、第5期 Code for Japan 地域フィールドラボ事業報告会 - 現場での恊働とデータが生むイノベーション
- Code for Japan - ともに考え、ともにつくる
- Code for Sabae - 鯖江のために創る部

オープンデータという公共物、間違いを見つけたら、どんどん指摘して、キレイにしていきましょう。 いざ使ってみると、いろんなデータ間違いに出会います。

オープンデータ間違いの種類
1. 誤字・誤記(URL間違い)
2. 表記ゆれ(半角全角、空白の有無、略称などで発生しやすい)
3. 種別違い(数値のところが文字になってるなど)
4. 値がおかしい(緯度と経度を入れ間違っているなど)
5. 古い(リンク切れ、見つけ次第、新しくするか、IoTやCMSで自動更新化を検討)

越前ナビ」を作った際、なぜか地図が表示されないと思ったら、緯度と経度が逆になっているデータが混ざってました(間違い種:4)。応急措置として、変なデータは緯度経度を入れ替える形で対応しておきました。

今回は、緯度経度の間違いに絞って、それらを可視化するアプリ「緯度経度チェッカー」を作成。

緯度経度が範囲外にあるデータを取得する、SPARQLクエリーはこちら

prefix rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> prefix xsd: <http://www.w3.org/2001/XMLSchema#> prefix geo: <http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#> select ?uri ?name ?lat ?lng ?graph { graph ?graph { ?uri rdfs:label ?name; geo:lat ?lat; geo:lng ?lng. filter( xsd:float(?lat) > 90 || xsd:float(?lng) < -180 || xsd:float(?lat) < -90 || xsd:float(?lng) > 180 ) }}

日本の端の一覧 - Wikipedia」のデータを使って、日本範囲外のデータを抽出して表示しています。

最北端 択捉島・カモイワッカ岬 45.557777,148.753888 最南端 沖ノ鳥島・北小島 20.425182,136.069771 最東端 南鳥島・坂本崎 24.286666,153.980555 最西端 与那国島・西崎 24.449444,122.933611

データがキレイになると、気持ちよくプログラミングできますね

福井、古くは越前藩。越前と名がつく観光地はいくつある?
越前市、越前町、南越前町と住所に越前が入っているので、それを検索で求めることは難しい。

5つ星オープンデータのアイデアはシンプル、データに意味をつけること。
観光地や住所を単純に文字列として捉えるのではなく、観光地名の名称と住所をきちんと分けて管理できる。

なかなか使い心地がよかった徳島県オープンデータを使った「阿波食ナビ」をベースに「越前ナビ」を作成。

越前ナビ共通語彙基盤対応、5つ星オープンデータ活用!

オープンデータという目に見えないインフラ整備は、まだはじまったばかり。
使う人が増えれば増えるほど整備は進む。

一人ひとりの使う気持ちが進める、次世代インフラ事業。
関心ある方は、ぜひお近くの Code for へ!

鯖江付近の方「Code for Sabae」でお待ちしてます!

Code for Japan、地域フィールドラボが生み出す、業界を超えたつながりが創るイノベーション。

週2日、わずか3ヶ月で、見事、結実!
眠っていた電子申請フォームを活用して、受付による脱紙成功の予感!?

大塚グループ、大鵬薬品より7月からの3ヶ月、鯖江市役所の臨時職員となった三浦さんによる Code for Japan地域フィールドラボ事業報告会。

「鯖江市 x Code for Japan x 大鵬薬品」という、一昔前では考えられない恊働プロジェクト。
現場でしか見えない課題を洗い出し、既存の電子申請システムを活用し、電話受付紙台帳から、webと電話受付電子台帳への変革を0予算で実現!
肝心の電子申請システム自体の使いづらさは、福井県がまとめて刷新すれば自動的に使いやすくなりますねっ。ナイス着想&実装!


放っておけない医療費高騰問題にもようやくデータ活用の波「データヘルス改革」として厚生労働省によるAI活用政策が進んできたところ、鯖江市で一歩先をいく計画第一歩に、医療系ベンチャー「サスメド」との共同研究が決定! (厚生労働省 データヘルス改革推進本部


「特定保健データにおけるAIの活用」を紹介するサスメドの市川さん。
医療機関利用履歴を元に、説明可能なホワイトボックスAI化を使った予防医療による医療費削減を狙うとのこと。 匿名化や、細かいエリア単位で集計するなど、個人情報に入らない範囲でのオープンデータ化もいきたいですね。


地域フィールドラボ事業説明会、動画!


IchigoJamのはんだづけまでしてくれた三浦さん「IchigoJamでIoTプログラミング 〜はじめのいっぽ〜」の大塚グループ内開催を企画してくれました! 25名予定に応募がなんと43名、好評に応えたいと思います!


IchigoJamをよりIoTで使いやすく、ブラッシュアップしたIchigoJam、近日正式版リリースです!
速度1.7倍、液晶に切り替えた際の音の不具合を解消し、IchigoBoy pocketでも見やすいよう調整。
IchigoJam 1.3b1」・・・ついに、1.3βとしてテスト公開!


3ヶ月間、おつかれさまでした!よいきっかけを提供いただき、ありがとうございました!
そして、これからもよろしくお願いします!いろいろ連携していきましょう。

links
- 「コード・フォー・ジャパン」地域フィールドラボ事業成果報告会 | 『さばえ.jp』百さんのブログです
- 民間企業から自治体へパートタイムで出向くITリーダーを募集、「地域フィールドラボ」説明会を5月16日開催 - INTERNET Watch
- Code for Japan

品川区アイデアソン参加最年少の小学1年生の女の子。
こどもプログラミングからの連続参加、その時のレポートを「IchigoJamはかわいいよ」と夏休みの自由研究にしてくれてました!

はんだづけがとっても気に入った様子!カラフルパーツでオリジナルづくりもポイント高かった。


はんだの絵、はんだごての絵、イチゴの絵、かわいい!うれしい!
きれいなはんだづけの仕上がり!6歳でもはんだづけ、いけます。


こどもプログラミングイベントで出してくれたアイデア「かたかなろーまじゲーム」。
キーボードからアルファベットを探すのが難しかったことからの発想。
たしかに、小学生高学年と一緒にやるプレッシャーを感じちゃったかもしれない。
でも、しっかり自分で打っていてエラかった!

ってことで、実現してみました「かたかなろーまじゲーム」

10 VIDEO3:CLS 20 S="3E456TGH:BXDRPCQAZWSUI1,KFV2^-JN]/M789OL.;_0Y" 30 CLT:FOR I=1 TO 10 40 N=RND(45):LC7,5:?CHR$(177+N) 50 K=INKEY():IF!K CONT 60 IF K!=ASC(S+N) BEEP20:GOTO50 70 BEEP5,5:NEXT:?TICK()/60

カタカナが表示されるので、対応するキーをすばやく探して押すゲーム。10問クリアでタイムが秒で表示されます!

これが結構難しい!
昔かな打ちしていたこともありましたがすっかり忘れてます。
キーボードを初めて使った頃の大変な気持ちを思い出せて、おもしろい!

プログラム、20行の謎の文字は、アイウエオ順に対応するアルファベットや数字などを並べています。

アイウエオ 3E456 カキクケオ TGH:B サシスセソ XDRPC タチツテト QAZWS ナニヌネノ UI1,K ハヒフヘホ FV2^- マミムメモ JN]/M ヤユヨ 789 ラリルレロ OL.;_ ワン 0Y

*ヲはシフトおしながらワの位置なのとキャラクターコード的にちょっと特殊なので省略

?CHR$(177) ア

40行の177は、アのキャラクターコードです。45種類のカタカナからランダムに出題。

子供と勝負するときっとわかりますが、覚える速さは子供のほうが上!
IchigoJam BASICを使ったワークショップをする際は、最初はゆっくり待ってあげましょう。
そのうち、どんどんキーボード打つ速さが上がってきます。

使えば使うほど速くなるキータイプは、現代プログラミングの基本。
打つのが速い子は、足が速いコ以上にモテるはず!

links
- 自転車との共存を実現するアイデア「チャリナビ」品川区恊働アイデアソン with Code for Tokyo, Sabae
- 温度と湿度から空気中の水分量を計算するアプリ - 水蒸気量計算機
- 地図アプリでふりかえる、センサーとまちあるき!まちをよくするアイデアとIchigoJamプログラミングつぎのいっぽ
- こどもも大人もコードフォーじぶんのまち! 品川区はんだづけ&センサー入門、練馬区IoT資料 - with PCN

地域課題をITで解決!品川区のオープンデータに関する行政と市民・民間の恊働の取り組み、第二弾はアイデアソン!
ミニコンピューターでセンサーを集めた「こどもプログラミングイベント」や、鯖江のIoTやさばれぽなどの事例をインプットし、午後からいよいよアイデアづくり!


アイデアソンスタート!
参加最年少!前回のこどもプログラミングイベントに参加の小学1年生の女の子。


かけ算ストーミング
2人がそれぞれ3つ出した名詞で表を作って、新サービスや新商品をすばやく書いていくウォーミングアップ。
くだらないアイデア歓迎!まずは質より量!
アイデアは既存の何かの組み合わせ、苦手意識を飛ばしましょう。


続いて本番、それぞれが思う地域課題、どんなデータで解決しそう?
できたシートをテーブルにおき、ぐるぐる回って、星をつけて、上位7アイデア+情熱枠で全8チームが組成。


模造紙へのまとめかた指南。囲みとゆるくてOKなイラストがポイント。


発表!
アイデアソン会場真ん中には託児スペースがあり、終始子供の楽しそうな声や、時には泣き声聞こえるステキ空間でした。


我々チームのテーマは、自転車との共存を実現「チャリナビ」
人の多い東京、歩行者で埋まる歩道、車でうまる車道、ココに来て自転車の人気の高まりと、道路交通法の改正による混乱が広がっているとのこと。

自転車に乗る人にとって、快適で安全なルートを案内したり、自分のチャリ歴を便利に管理する機能を提供することで、凸凹情報や各地の環境情報などのサイクルログデータを集め、より良いチャリ環境創りにつなげようというアプリ。 ポイントが溜まったり、車だったら、電車だったらかかったはず料金を可視化することで、お得感の演出もいいかも!?


アイデアまとめグラレコ!


グラレコされたIchigoJam、かわいい


こどもプログラミング、本日のアイデアソンときて、次はいよいよハッカソン!
2018.10.13-14「第3回ワークショップ 〜課題解決策を実現するアプリ試作のハッカソン〜
品川区民の方も、そうでない方も、地域課題解決に興味がある方、ウェブやアプリ開発で腕試ししたい方、ぜひどうぞ!

Microsoft、Adobe、SAPが連携してオープンデータ推進という大発表!
[速報]マイクロソフト、アドビ、SAPが提携「Open Data Initiative」発表。データモデルを統一して3社横断のデータ分析や連係が可能に。Microsoft Ignite 2018 - Publickey

コンビニのトイレ、企業内の貸せる会議室、民間避難施設、商品データ、利用統計データなど、つなげると価値が増大する民間オープンデータ。
次世代ウェブと次世代社会創り、加速していきそうです!

どこまで来たかが気になる、町内を巡るお神輿。
福井国体のシャトルバスで活躍中のIchigoSoda製GPS発信機を設置したら良好でした!

通常は車輪移動、軒先で子供が担ぐ時に軽く揺れる程度なので、ワイヤーで軽く留めるくらいでOK!


ぐるぐると休憩や、雨宿りを挟んで約2時間、発信間隔を5秒にしたところちょうどいい感じ!(上記、地図を消したデモ画面))


IchigoSoda (IchigoJam x sakura.io) に、IchigoSensors(GPS)と電池2本で動くモバイルバッテリーをつなぎ、ジップロック。穴を空けて固定用のワイヤーをつなぐ簡易パッケージ。

幼稚園の頃見た七尾の「でか山」など、まつりの山車に載っける「祭IoT」、なかなか良さそう!

作り方
1. 位置情報発信機を作る
2. sakura.ioでWebSocketとして設定し地図表示する
3. おまつりに合わせてアイコンなどをカスタマイズ!
(サーバーにデータを保存すると、開いた直後表示や、履歴表示に対応可!)

Code for Matsuri!

じぶんでつくったパソコンにセンサーを搭載して、品川をまちあるき!

IchigoSensors opendata - 品川まちあるき
温度、湿度、UV、音量、速度をみちびき対応GPSで取得した位置情報と合わせて印刷して二次利用可能な国土地理院地図にマッピングするアプリ作りました。


まちあるき前、THETA、360度写真!グループに分かれ、それぞれスタッフが2名程、同行します。


パソコンはんだづけしたDay1に続く、Day2は、IchigoSensorsを持ってまちあるき!


防災ヘリポートの中央でTHETA、360度撮影。マリオギャラクシーみたいでしょ?


楽しそうな遊具には釣られて、たこさん公園の計測スタート


たこさん内部!


たんけんセットにmicroUSBケーブルをかませて、袋にモバイルバッテリーを入れる工夫


セミ発見!


セミの抜け殻ゲット!なんと、通販で買える時代!


水の近く、温度は?湿度は?


こどもが発見、みみずを食べているトカゲ、SR!


品川区役所内の発電量の電光掲示、リアルタイムオープンデータ化すると公園の日射量参考になりそう。


気がついたことは何でもメモ!品川区では標準装備という、たんけんセットが活躍


ヒヤリハット地図、いろんな地図と重ねてみるのもおもしろそう?


打ち水でどのくらい温度は下がるのか?湿度はどうなる?データと合わせてコンクールに出してみるのもいいですね。
打ち水大作戦しながわ2018|品川区


データ計測のため協力していただいた「品川区立豊葉の杜学園
最近の体育館はアリーナと呼ぶ?体育に限らない多目的感?


まちあるき終了、一時回収、IchigoROM、17人分。歩いて集めたデータがつまってます!


USBシリアルでパソコンに取り込み、早速オープンデータ化。地図を印刷してアプリづくりの参考にしてもらいます。


まちあるきの体験や、いろいろメモをもとに、誰に、どんなアプリをつくるか考えて、絵にしよう!
母親、妹にヒアリングして、ほしいというアプリを40コ集めた便利アプリ集!


夏のまちあるきで、おじいちゃんを助ける雪案内という発想!


紫外線から逃げよう、UVescape(ユーブイエスケープ)、名前もいい!


データを計測することそのものが楽しかったからそれをアプリに!?
全員全く違う、17のステキアイデア、それぞれ一人ずつ発表してもらいました!


自分でつくるアプリづくりのだいいっぽ、画面と大まかな動きをつくる技を伝授する、プログラミング講座、つぎのいっぽ!(はじめのいっぽ@Day1

CLS、LC、?(PRINT)、WAIT、GOTO、IF INKEY()=0 CONT を使いこなせるようになれば、アプリのプロトタイピング(試作)や、アニメーション、パワーポイント代わりにプレゼン資料づくりだって自由自在! (参考、シニアハッカソン 2014年

容量が足りなくなったら、LRUNでつなげばOK!IchigoROMがあれば、合計68ファイルつなげるよ。
詳しくは、IchigoJam BASIC-日本語辞書、リファレンスを見たり、いろいろ実際試してみよう!


カタカナキーでローマ字入力、自分だけのアプリづくり、いけそうかな?
IchigoJamプリント」や「はじめてのプログラミング」など、オンライン教材もいろいろ!
自分のペースで、自分の好きなものからチャレンジするのが上達の近道。
コンピューターは一番身近な外国人、仲良くなってね!


兄弟もひとり1パソコン!色違うから間違えない!64ファイル追加で保存できちゃう「IchigoROM」も二人分!


自分のパソコンIchigoJamとアプリアイデアシートとともに記念撮影!2日間のワークショップ、楽しんでもらえて何より!


IchigoSensors opendata
17人分+スタッフ所持(00)を加えた18人分のまちあるきオープンデータができました。
※オープンデータ:誰でも自由に加工して、販売することを含めて好きに使えるデータのこと(出典だけ書いてね)


リンクからデータ種ごとに色分けした地図や、表形式、CSVダウンロードが可能です。
ひとつ、言い忘れ。IchigoROMに記録した、みなさんのまちあるきデータ。IchigoJamで見ることができます!

LOAD120:GSB@ELIST

ずらずらっとデータが表示されますよ!取り込んだデータと同じものです。
実は、IchigoJamだけでもデータ解析できちゃいます。興味があったらチャレンジしてみてねっ

最後にファイル120、121、122に入っている、IchigoSensors用の長いプログラムを紹介。

'file 120 1 'GPS Logger 2 L=16:OUT4,-1 10 FOR J=1 TO 5 20 GSB@THI:GSB@TH:[8]=T:[9]=H:[10]=ANA(2) 30 M=0:FORI=0TO9:A=ABS(ANA(8)-270):M=M+(A-M)*(A>M):NEXT:[11]=M 40 CLS:?[3];".";[4];",";[5];".";[6],[7]:?[8]/10;" ";[9]/10;" ";([10]-310)/2;" ";[11] 50 GSB@LC:WAIT60:NEXT 70 R=FILE()+(LINE()+10)<<8:LRUNFILE()+1 80 LED1:GSB@EPUSH:LED0 90 GOTO10 600 @THI:U=95:LET[U],#062C,#4401,#8808,#884A,#4350,#0C00,#4770:U=#800+U*2:RTN 610 @TH:R=I2CR(#45,U,2,#700,6):[0]=17500:[1]=PEEK(#700)<<8|PEEK(#701):T=USR(U+2,#800)-4500:[0]=10000:[1]=PEEK(#703)<<8|PEEK(#704):H=USR(U+2,#800):RTN 800 @EPUSH:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M:M=M+1:N=M*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:?I2CW(81,#8E6,2,#800,L*2):N=0:?I2CW(81,#8E6,2,#8E4,2):RTN 810 @ELIST:L=16:N=0:?I2CR(81,#8E6,2,#8E4,2),M 820 IF M FOR I=1 TO M:N=I*L*2:N=N<<8|N>>8&#FF:U=I2CR(81,#8E6,2,#800,L*2):?I;:FOR J=0 TO L-1:?",";[J];:NEXT:?:NEXT 830 RTN 840 @ECL:N=0:M=0:?I2CW(81,#8E6,2,#8E4,2):RTN 900 @LC:LET[96],640,64,#5639,#C6C,#C080,64:?I2CW(62,#8C3,5)+I2CW(62,#8C0,3,#900,16)+I2CW(62,#8C8,3,#920,16):RTN 'file 121 1 'GPS driver (R=return file | return line << 8) 300 CLS:BPS9600:UART3,2 301 K=INKEY():IF!KCONT 304 IFK!=36GOTO300 305 K=INKEY():IF!KCONT 306 IFK!=71GOTO300 308 K=INKEY():IF!KCONT 309 IFK=42UART0,0:P=#900:GOTO700 310 ?CHR$(K);:GOTO308 500 N=0 510 C=ASC(P):P=P+1:IF!CORC=44ORC=46ORC=34C=C=46:RTN 520 IFC>=48&&C<=57N=N*10+C-48 530 GOTO510 540 N=0:IFASC(P)=44RTNELSEFORI=1TOM:N=N*10+ASC(P)-48:P=P+1:NEXT:RTN 700 GSB500:M=2:GSB540:[1]=N:GSB500:[2]=N:GSB500:GSB500 711 GSB500:[3]=N:IFCGSB500:[4]=N:ELSE[4]=0 712 GSB500:GSB500:[5]=N:IFCGSB500:[6]=N:ELSE[6]=0 713 GSB500:GSB500:[7]=N:GSB500:GSB500:GSB500:GSB540:[1]=[1]+N*100:GSB500:[0]=N 800 LRUN R&amp;255,R>>8 'file 122 1 'GPS initilize (connect TXD) 10 BPS9600 20 S="PMTK314,0,1,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0":GSB200:END 200 N=0:FORI=0TOLEN(S)-1:N=N^ASC(S+I):NEXT:UART3:?:?"$";STR$(S);"*";HEX$(N,2):UART0:RTN

links
- こどもも大人もコードフォーじぶんのまち! 品川区はんだづけ&センサー入門、練馬区IoT資料 - with PCN
- IoT実験ボード「IchigoSensors」プリント基板発注 - こども霞が関見学デー満員御礼!
- PCN品川
- PCN五反田
- PCN秋葉原(ロボットなど拡張キット、はんだづけスペースもあり!)

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像