福野泰介の一日一創 - create every day

7/13、弓削商船高専のある25の島からなる愛媛県上島町で開催されるサッカーフェス「U-12 PUENTE FESTIVAL」にて、IchigoJamプログラミング体験会実施します!

本フェスの主催はFC今治所属、日本代表経験もある、元プロサッカー選手、橋本英郎さん。
「子供達と最新テクノロジーで溢れる未来の上島町」に向けて、弓削商船高専協力の元、プログラミング体験イベント実施となりました。(下記、ご案内)


はじめてのゲームプログラミング in 上島町 (PDF)
フェス公式サイトと日時が異なりますが、上記が最新となります。

対象:小中学生。大人の方、先生の方の見学も歓迎です!
体験:無料、7/13(土) 13時〜18時(1回10分〜15分)
内容:LEDゲームづくり、かわくだりゲームづくり、キラキラロボ他
講師:IchigoJam開発者、福野泰介&弓削商船高専生
会場:上島町生名開発センター 2F 和室

IchigoJam (イチゴジャム) は、日本生まれの小さくお手頃なパソコン。
2020年、小学校プログラミング必修化、鯖江市では全校実施中の教材。
1500円程度 (いち、ごー) で買えて、軽やかさジャムセッションの如し。
電源を入れたら1秒で起動、シンプルだけど本格的なプログラミング環境。
テレビゲームやロボットづくり、IoT火災報知器など、可能性は無限大。
プログラミング学習用のBASIC言語を使って自分でつくって遊ぶゲーム。
学ぶ楽しさにはまったらこっちのもの。大人も子供も一緒に学ぼう最先端。
コンピューターを使った、新しい社会づくりの世界へようこそ!


主催:U-12 PUENTE FESTIVAL
企画:株式会社 B Inc. (jig.jp group)
協力:PCN弓削、弓削商船高専&高専生

海が間近な瀬戸内海、きっと魚釣りも身近だろうと作った魚釣りゲーム。

IchigoJamミニゲームズ」の「はんのうそくどゲーム」の改造版で、反応時間によって釣れるものが変わります。

大人も驚嘆、こどもも熱狂、最新VRだってプログラミングを学び、ネット環境を手に入れれば、思い通りに世界を作る楽しさに触れられます(50行マイクラ風)。

オープンデータ先進地、福井県鯖江市の小学校プログラミング教育の取り組み状況など、ご紹介できればと思うので、大人の方、先生の方、どうぞ気軽にお越しください。
総合2コマから始める鯖江の小学校プログラミング! 総合的な学習の時間、IT遊具、クラブ活動、地域ICTクラブ、高度IT人材へのベストプラクティス

2度目の上島訪問、楽しみです!(前回2016年

links
- U-12 PUENTE FESTIVAL
- 国立弓削商船高等専門学校
- こどもパソコン IchigoJam - はじめてのプログラミングパソコン(1500円)
- 瀬戸内の夕日をバックにボックスクラフトVR、弓削商船高専マイコン部IchigoJam&VRレクチャー編
- 翌日にはプログラミングの先生に! 弓削商船高専マイコン部の高専生大活躍、サッカー少年 meets IchigoJamゲームプログラミング!+かみりんゲーム
- 360度写真でまとめる、上島町(弓削島/佐島/生名島)の記憶のVR追体験

昨年の広島商船高専訪問に次いで、2度めの離島高専、弓削商船高専のある愛媛県上島町へ。

広島県尾道からバスで小一時間、向島(むかいしま)から因島(いんのしま)へ、フェリーに乗って愛媛県の生名島(いきなじま)、弓削商船高専のある弓削島(ゆげしま)の手前の佐島(さしま)、オープンしたばかりの古民家ゲストハウス、汐見の家でワークショップ。


小4のはじくん、はじめてのはんだづけ&はんだすいとり体験!
はんだづけする向きが反対、斜めになった、隣とくっついた、各種トラブル発生は、成長のチャンス!
島時間、ゆっくりしっかり時間が取った分、動いた感動もひとしお!


海賊の兼頭さん、大人も感動、自分で組み立てて自分でプログラミングするコンピューターワークショップ!
Facebookにて投稿も!)


貴重体験、汐見の家にはなんと、五右衛門風呂!釜の下の方、触ると当たり前に熱い!


木をくべて、風を送って井戸水を沸かします。温度管理、扇風機の制御、IchigoJamでつくると楽しそう!


朝、佐島を自転車で散策、南先端の風景!


これが、佐島の南端、マップに記載があった「Uターンブルーライン」


商船高専から歩いて5分、紹介してもらった食堂へ
【愛媛県・弓削島】オーガニック野菜が主役のランチ!「食堂まるふ農園」 | 海賊つうしん。


ランチは弓削島の野菜たっぷり「食堂まるふ農園


起業家甲子園への出場チームがいる、弓削商船高専にて、3年生以上の情報工学科の学生向けの講演。
島から世界へ!(福野を探せ!状態)


IchigoJamワークショップを体験してもらいました。高専としての小中学生向けワークショップも企画中とのこと! 教えているつもりが教えられていた!?「教えるという学び」ぜひチャレンジしてみてください!


プログラミング、かなりやってる高専生にも喜んでもらえ、嬉しい!
起業家甲子園に向けての作戦会議もバッチリ!
弓削商船高専マイコン部のみなさん、ご協力ありがとうございました!


弓削商船高専、情報工学科、田房先生へ、IchigoJamたいけんセットお渡ししました!


ゆげしまダイニング彩、島どれの魚がうまい!


幻の高級みかん「紅まどんな」は、オレンジのようにカット、すっきりあまいみかん味


PCN汐見(仮)、ゲストハウス「汐見の家」でIchigoJamはんだづけワークショップできる環境一色、伝道!

6,852の島からなる島国、日本。離島経済新聞によると、内、人の住んでいる島はなんと、423島。行った、有人島を巡るアプリを試作。島オープンデータ、探してみよう!


shimamemo α


翌朝、船で通う高専生との再会。名残惜しみつつ、佐島から弓削島へ。またぜひ!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像