福野泰介の一日一創 - create every day

jigintern、1週目の週末のお楽しみ、その1、ハッカソン!
10時スタート、17時発表、交流会と今回の会場は、宿泊地でもある古民家「JAPAN CRAFT HOUSE」

全員集まり、レギュレーションの発表、チーム決め!テーマは「令和」


AとBチーム


Cチームはダイニングキッチン&リビング!


DとEチームは、2F、広い!


お昼休み、公園でロケ。
THETAによる360度写真もハッカソンの青果物です(河和田360度写真オープンデータ


我々Aチーム、1.5時間をスクラムの1スプリント、2スプリント終わってワタワタしていると、あっという間の6時間、発表の時間!


昭和の遊びを、令和に合わせてアレンジ、令和缶けり!


公園でみんなで集まり、まわりからわらわら迫ってくる敵からCANを守れ!(ふくっち担当、webアプリのデモ画面)
プレゼン&コンセプト、モデリング、Goのサーバーに、ARKitを使ったiOSアプリ、ARCoreを使ったAndroidアプリ、WebMeganeを使ったwebアプリとマルチプラットフォームな完璧な布陣・・・も、やはり時間足りず。
本日のチームAの成果物「jigintern/jighackathon2019-teamA


ネタが3チームもかぶった人気なタピオカ、Oculus Questで仮想タピオカを出すと令和キャラクターに会える!?
詳細レポートは、jigインターンブログをご覧ください!
jigインターン2019 6日目 ハッカソン開催! - jigintern2019のブログ


ピザで懇親会!


一番人気の写真で自動で詠んでくれる和歌、YorozuGen!システム構成紹介中
ハッカソンは、勝敗はあっても、創っている時間、聞いている時間、その後の時間を含めて全部楽しい、令和時代はみんなで楽しみたいeスポーツ!


短いサイクルで失敗するのがスクラム開発のポイント!
楽しさと悔しさが次を創る!

鯖江古民家「JAPAN CRAFT HOUSE」ハッカソンにイチオシの会場です!

links
- jigインターン2019 6日目 ハッカソン開催! - jigintern2019のブログ
- 平成最後の国体「福井国体」がテーマ、jigインターン現役からOB/OG/社員みんなでハッカソンの発表全動画!(2018)
- ぬいぐるみとNFCとMIDIでFM音源BGM自動生成、高専インターンOB/OGハッカソン「クリエイティビティーを刺激せよ」エキシビジョン(2017)
- さくらのIoT Platformα x FaBo x IchigoJam x 高専 - IoT Hackathon in Sabae(2016)
- 空飛ぶおじさんを爆破してご当地アイテムを集めるアプリ - ウォークゲームハッカソン in 鯖江(2015)
- 一日一創、ハッカソンタグ

エンジニアの休日のお楽しみと言えば、ハッカソン!
jigインターンDay6の恒例行事、今年は平成最後の国体、福井国体をテーマに6チームで楽しく開発・発表・懇親会!


今年の6チーム、5分ずつの発表動画です!


優勝チームは、子供でも参加できる炬火リレーという斬新な切り口で、テープLEDと赤外線通信によるリレーのプロトタイプを実現!
こどもたちが自分で作って、リレーして回ったりするのも楽しそう!副賞は、jig帽子!


誰もが参加できる国体に!クイズ国体。福井国体にも興味がわき、ちょっと自慢できる知識が手に入るすぐれもの。公式と合わせたデザインも良かった。 副賞は、勝手提供の完全食 COMP(グミ or 粉)。


3位はやりがいを可視化する、やりがいチーム!
なぜか福井県の最低賃金と同数のポイントで溜まっていくポイント!時は金なり。自分の時間、何に投資するかの判断基準にもできそう。 副賞は、やりがいあるエバンジェリスト活動のために、IchigoJam&すべてのこどもたちへプログラミングを「PCN」シール!


テーマは福井国体。


全国各地から駆けつけてくれるインターンOB/OG、お土産提供者には与えられる、自己紹介タイム!


たくさんのお土産、ありがとう!!


まずはインプットとアイデア出し。付箋紙で思いついたアイデアをどんどんかいて、テーブルを移りながらいろいろアイデアを深めます。 その後、いい感じのアイデアを各テーブルから発表してもらって、人気投票。上位6プロジェクトでいい感じにチームが分かれて、開発スタート!


お昼!


開発!


開発!


社員運営チームとOB/OG!


開発!


開発!


はんだごてのオアシスも活躍!


開発!


開発!


開発!


炬火リレーのプロトタイプ!


可能性広がる、テープWS2812B x IchigoSoda!


盛り上がりを音量で可視化するIoTのプロトタイプ。WROOM-02使用!


IoTで参加できる、楽しいカウントダウンのプロトタイプ!


開発後は懇親会、乾杯!


久しぶり!懐かしい話、技術な話、まじめな話。世代を超えて楽しめるって良いですね!


ハッカソン後には撮り忘れた記念撮影!

鯖江、めがね会館で開催、高専インターンOB/OGハッカソン「クリエイティビティーを刺激せよ!」
10時からネタ出しチーム分け、昼食後、13時から開発開始、17時発表までの4時間で勝負!

それぞれで楽しいチーム開発が進みます。

現役インターン生とインターンOB/OGの混合チーム。

小学生でも優しく作れる、だれでもSPARQL、SPRACH。

創造活動を応援してくれる、ちあがーるふれんど(仮

各チーム毎に自分以外に1票いれて選ぶ、優勝チームは「Waku2Pad」

他の作品も楽しかった!
- おやつアート - オープンデータなお菓子画像で創造&爆発
- いらすと屋2.0 - 気軽なイラスト共有プラットフォーム
- このゆびとまれ - 創造活動チームを組成支援

各チームのちょっとだけ手伝いしつつ、終盤は一人チームでつくった、クリエイティビティーを高めるBGM。
ぬいぐるみにNFCをつけ、気分に合わせたBGMが聞いて、気分をアゲようという提案!

IchigoJamのプログラムは過去作品の組み合わせ!
RFIDで読み取ったIDを乱数の種に、MIDIで音階を自動生成するプログラムに連携します

10 LET[0],36,38,43,50,42,46,39,75,67,49 20 BPS 31250:UART1 30 SRND S 40 FOR I=0 TO 7 45 T=[RND(10)] 50 ?CHR$(#90,T,80); 60 WAIT 10 65 ?CHR$(#80,T,0); 66 IF BTN() BPS0:LRUN0 70 NEXT 90 GOTO 30

KORG plugKEYを使うと、iPhone/iPad/iPod touchがIchigoJamから使える高音質MIDI楽器に早変わり!
動画の楽器アプリはYAMAHAのFM音源アプリ「FM Essentia」MIDIコントロール可能!

KORGの音源アプリも、MIDIで接続できる!

IchigoJamのかわくだりゲームを改造して遊ぶ高専生達。

また来年!

高専インターン2016参加学生やOB/OGとのハッカソン!
企画から開発、発表までを一気に1日でやってしまう凝縮プログラム。
次々登場するデータやデバイス、値段が下がり、ますます熱いIoTで遊んじゃおう!

IchigoJamの定番「かわくだりゲーム」と、さくらのIoT Platformのα版 for IchigoJamで実際にデータをネットに飛ばしてみます。使い勝手がわかったところでチーム分けして、アイデアランチ、そして、発表の17時を目指して開発へ。
1行リターンでIoT、さくらのIoT Platformα x IchigoJam BASIC で超簡単ネット接続デバイスづくり


初ハッカソンの人も多数、電子工作&プログラミング&IoT、楽しいイベントになりました!


今回の目玉IoTモジュール、FaBoに加え、IoTハッカソンにと用意した、電子パーツいろいろ!


おかしをつまみながらのチームで楽しく、ものづくり。スペシャルゲスト中1プログラマー、MASAHARU!


さくらのIoT Platform、デバイスからの発信から、外からの受信を試みるも、今回は断念。入出力、両方あると確かに楽しくなりますね!


楽しいハッカソンタイムは、あっという間に終了、発表を迎えます!持ち時間は5分間でプレゼン&デモしてもらいます。


ネコ型ロボットをつくった、サバえもんチーム


レーザー発信、光センサー&さくらのIoT Platform、モーターボードMapleSyrupを使ったネコ型ロボットのIchigoJam 3台も使った豪華システム。


レーザー光の遮断を検知し、飼い主に突撃するネコ型ロボット!サーバーへ通知が、意図しない来訪者を知らせるセキュリティ機能にもなります!


SHO(しゃべる、非常口、男)チーム


「しゃべる」機能に使えそうな音声録音、再生モジュール(1,000円 at 秋月電子


トイレットペーパーに関する様々なトラブルをIoTが解決!巻きすぎ注意チーム。


黒く塗るとレーザー光の反射率が下がることを利用してつくる巻き数カウンター。


IchigoJam、FaBo、さくらのIoT Platformの三段積み!


ローテーションサーボを使って、何かを巻き上げる機構をつくってます。


三軸加速度センサーを使った、居眠りを検出するペン、IchigoPen。授業中のクラス内の学生の居眠り具合を可視化。


ペンの動きを検出して、さくらのIoT Platformを通じて、活動量をグラフ化するデモ。

加速度センサー、MA7455 by aitendoの使い方
(つなぎかた)
IchigoJam - MA7455
VCC - 3V
GND - GND
SCL(IN3) - 12
SDA(EX1) - 11

10 POKE #700,#16,5:IF I2CW(#1D,#700,1,#701,1) ERR 20 POKE #700,#0 30 IF I2CR(#1D,#700,1,#800,6) ERR 40 ?[0],[1],[2] 50 WAIT 5:GOTO30

数珠つなぎに拡張できるI2C(アイツーシー)、いろいろ簡単な使い方、用意していくと便利そう。


寝起きが悪い、うに乗務、起きない場合は水がかかり、ネットを通じて、恥ずかしいツイート、大事なデータの削除までされてしまう目覚まし時計。10秒間で100連打するまで無限スヌーズ。


最優秀賞は「Death目覚まし」副賞はとってもレアな、jig.jpオリジナルキャップ!
優秀賞の「にゃんにゃん」「巻きすぎ注意」にはブレボ(ブレッドボード)をプレゼント!


机を一番ちらかしたで賞も同時受賞!DEATH目覚ましチーム。


懇親会、OB/OGの懐かしい再開と現役インターンとの交流。


沼津からのおみやげ。


MSX2のデモ、IchigoJamっぽい配色にしてコーディングしつつ、プログラミングの伝え方ディスカッション。

インターン生によるブログもどうぞ!
IchigoJamハッカソン in SABAE - jigintern2016’s diary

- おまけ
チーム分けにライブコーディングしたIchigoJamプログラム
(例、405は4テーブルで5番となった人はTEAM2になることを意味します)

- スペシャルサンクス!
さくらのIoT Platform α
FaBo

オープンデータを使って楽しい外遊びを!

歩くボードゲームこと「ウォークゲーム」をテーマとしたハッカソン(開発イベント)がめがね会館にて開催。 沖縄から2名、北海道から2名、石巻からイトナブ石巻チーム11名など、全国から集まったインターン生を含めて稀に見る多彩な参加者、総勢37名。 6チームに分かれて、午前中にアイデアソン、17時まで開発、そして発表、交流会とあっという間の楽しい一日でした。

今回、私は普通に参加。アイデアは、チーム内でそれぞれ好きなゲームとその好きな要素を挙げて、歩くボードゲームと掛けあわせるディスカッション。 爽快感、爆発、そして、かわいい。キーとして「おじさん」が選ばれ、アイデア集約。お弁当を食べて、開発開始! おじさんを探すマップ、アイテムをつくるドット絵、天気WebAPI、アイテム獲得画面、デザイン、プレゼンと6人それぞれ役割分担。


今回の成果物「おじさんがり」(iPhone推奨)
タップすると爆破する"おじさん"からアイテムを獲得してコレクションするアプリです。
背景は、その日その場所の天気によって変わるイメージ(デモではランダムに変更)
風向き風速で、流れるおじさんの速度が変わり、獲得できるアイテムが変わるイメージ(風の強い日は遠くのアイテムが!?)
マップでおじさん生息地を探して、歩いて行って、レアアイテムをゲットしよう!(デモ、odp観光オープンデータのおじさんタップで起動)
16x16x16色でつくるドット絵で誰でもご当地アイテムオープンデータを創れるよ!(デモ、ドット絵ツールで15アイコン作成!)


Chrome、Developer Toolsのスマホアイコンを押して、「iPhone6」に変更するとPCでも遊べます。(開発も楽!)


主催者から今回のルールを説明「ウォークゲームとは、位置情報やセンサー情報などを使いながら実際に体を動かして遊ぶボードゲーム風のゲームのこと」。GoogleのIngress(イングレス)が有名ですね。
(参考、Ingressで地域活性化?横須賀市とナイアンティック・ラボに学ぶ、新しい地方創生のカタチ | CAREER HACK


参加者全員投票で見事優勝アプリ「僕だけの百ちゃん」
消火栓オープンデータを使って、パラメーターを上げよう!
鯖江市内3,000箇所ある身近でリアルな消火栓オープンデータの使い方、肝ですねっ


まわりみち散歩推奨アプリ「parrot Ω」
回り道っぽさを表現するギリシャ文字、オメガと抵抗の単位Ωなタイトルがいい!
目的地まで一直線に歩くだけだと単なる移動、回り道すればまるっと楽しい時間に早変わり


ローカルモンスター「ろかもん」
じゃんけん属性になっているご当地モンスターをゲットして、奪い奪い返せゲーム。その場でサクッと戦える仕組みできると楽しそう!
それぞれが画面に自分の持ってるモンスターのQRコードを出して、ジャッジ用の第三者が取り込み判定とか公平っぽくていいかも?


我らが「おじさんがり」チームは、沖縄高専きっき、去年の高専インターン生!
機器トラブルありながらも短時間で仕上げ、さらっと発表している様子、今年のインターン生に程よいプレッシャー?


2位、いただきました!


津山高専からも参加してくれた「ウォークゲーム✕サバゲー」鯖江だけに。
ヒトにQRコードをつけ、カメラで撃つ、道具がいらない新しいサバゲーの提案が新しい!
PythonのコードとWebAPIだけを使って戦況を伝えるプレゼンスタイルも新しいw


見事、3位獲得!


福井高専3年生がメインプログラマーをつとめたリアルRPG「REAL WORLD」
力強いプレゼンを披露したのは今年のインターン生「部長」(インターン生は全員初日にあだなが付与されます)
避難所オープンデータがボス位置を表し、勇者や魔術師など、友達とパーティーを組んで、戦います!
帰る時間になるとダメージを受ける、災害・獣害・不審者情報オープンデータを使って、絶対倒せない敵を登場させるなどこどもを守ることにも使えそう!


優勝チームに贈られるレアなjig.jpオリジナルTシャツ、IchigoJamプリント基板組み立てキット、そしておとなトロフィー!


イトナブ石巻古山さんから講評いただき、ウォークゲームハッカソンは終了!
短時間で一気にやりきる爽快感、学生にもぜひ味わって欲しい!


早速、創ったウォークゲームを外でと行きたいところですが、暗くなる時間、お腹もすいたので、室内ボードゲーム大会! こちら「30歳ニートが人生詰んだので作ったゲーム by NEET株式会社 - neetlifegame ページ!


モノポリー、オセロ、カタン、ワードウルフ、それぞれいろんな良さがありますが、共通しているのが一緒にやる楽しさ!次世代のウォークゲームづくりにきっと活きることでしょう。


おつかれさまでした!ただ、本当の戦いはこれからです!
まずは、
福井県オープンデータコンテスト(9/7締切!)、MA11に、レッツチャレンジ!

関連ブログ
- 誰もウォークしなかった - jigintern2015’s blog
- 「 ウォークゲームハッカソン in SABAE」 に参加してきました。 - Zopfcode

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像