福野泰介の一日一創 - create every day

日本最古のカツ丼は、ソースカツ丼だった。

100年前、1913年(大正2年)、ヨーロッパ軒創業者、福井出身の高畠増太郎氏は、ドイツで6年修行し、ウスターソースを日本人向けに改良し新宿区早稲田鶴巻町にて発表したのが、日本初のカツ丼、ソースカツ丼とのこと。

関東大震災で被災し、福井に帰郷し、1924年(大正13年)福井市片町通りに福井ヨーロッパ軒誕生。現在、福井県内のみ19店舗、福井県民に幅広く親しまれ、福井でカツ丼といえば、ソースカツ丼。その中でもスタンダードがヨーロッパ軒のソースカツ丼です。ちょっと覚えておくと便利な、食べ方をご紹介します。


こちらがその、カツ丼、蓋が閉まりきってません。(ご飯大盛りのカツ丼大です)


蓋を開けると、卵もキャベツもなく、ソースをくぐらせたカツとご飯。美しい黒と白のコントラスト。
(福井に来て初めての食事、何の予備知識なく入ったこのヨーロッパ軒でのカツ丼の衝撃が忘れられません)


ここがポイント!蓋へ最初に載っているカツを1枚残して退避させます。
(これでスマートにカツ丼が食べられますね!)

お腹の減り具合に合わせて、カツの量や、ごはんの量を調整し、日本最古のカツ丼の味をご堪能ください。


現在、ヨーロッパ軒にて、オリジナルどんぶりが当たる、100周年記念プレゼント企画実施中!
詳しくは、店頭へ!


ヨーロッパ軒 神明分店(鯖江市水落町1丁目12-21 0778-52-2582)

ヨーロッパ軒総本店 -福井名物 ソースカツ丼-」100年前の開業当時の写真あり

福井は食に自身あり!

コシヒカリ開発元の福井、越前ガニはもちろん、日本海の幸が豊富な福井。
ぜひ、福井・鯖江にいらっしゃった歳には、食もお楽しみいただきたい!
生ビールの後には、鯖江自慢の日本酒「」をおすすめします


鯖の棒寿司、鯖江だけに


〆にオススメのあっさり潮ラーメン、出汁がいいんです

ぐるなび - 味彩 よしみつ (鯖江・武生・坂井/割烹)

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像