NT鯖江2020、おつかれさまでした!

2日目最後に記念撮影、またどこかのNTでお会いしましょう!


2日目のNT鯖江の会場、SCC


ネギを降っている初音ミクさんがおでむかえ!鯖江、西山公園道の駅で売ってるレッサーパンダさんもかわいい。


ファミリーベーシックのキーボードをUSB化するキットを通じて、Oculus Questで動くIchigoJam VR上でBASICでプログラミングしている GOROman さん。 Oculus Questの頭の動きをIchigoJamのアナログ入力として使えるようにしたら、体感ゲームがすぐできる!とナイスアイデアいただきました。


レトロなゲーム機や、コントローラーを使ったステキな工作群!


WS2812BテープLEDと無限合わせ鏡、素のままなのに美しい!


独自の電源を使った制御信号ブロードキャストシステム!


手作りアクセサリー、電子工作でなくても歓迎です!


入れ子の多面体が美しい!VRで作ってみるのも楽しそう。


かごにのったぬいぐるみがかわいいM5STICK制御のラジコン。会場を勝手に走り回るラジコン部門、いいかも!


ダンボールで作ったえんぴつ立てが手軽でかわいくていい!


この日、初公開!IchigoJamの新ケース、メガネの技術でできた「IchigoSand」


GOROmanさんもお買い上げ。EIGHT SENSEの作者の人、福井高専の先輩です!


早速使ってました!ピッタリサイズと手触りがいいんです。


下ろせば即その場がゲームセンターになるゲーセンリュック by GOROmanさん!ランドセルだと言い張って学校に行っちゃう!?


ゲーセンリュックを担ぎ、ゲームの音楽を背負って歩くっていいですね。後ろの人はゲームもできる。


モバイルプロジェクターがあれば、壁にも床にも天井にも、いろいろ投影できて、簡易MR気分。


Hana道場にあるOculus Quest、GOROmanさんにサインしてもらいました!


Hana道場ブースに集まるものづくり好き中学生たち!


IoT化したかわくだりゲームで、師匠にチャレンジ!


センサーでドローンも自動離陸!


高専プロコン競技部門を勝手に開催する会「囲みます」スマホを使った人対人、人対AIに対応して、もりあがってました。 3on3など、チーム対抗戦にしてみるのもおもしろう!


パーソナルモビリティーに乗りながら、VRをかぶり、キーボードでIchigoJam VR BASICプログラミング!ガバンがあれば移動しながらでもいけそう。


感圧接触センサーで触った位置に合わせて動く、DMX512制御の照明と水引LEDと越前和紙コーティングしたWS2812BマトリクスLEDを1台のIchigoJam実機で実現。 稼働照明の動きをIchigoJam VR上でBASICでプログラミングして、バーチャル空間もリアル空間共に連動させると派手な展示ができて良さそう。見ている風景のディスプレイに表示は必須ですね!

36 N=ANA(2)/4:M=(N>180)*120:POKE#800,7,0,N,0,M,0,0,30,0,RND(5)*60,RND(5)*60,RND(5)*60,0,0,0:U=USR(#700,#800)

質問多かった感圧センサーとDMX512をつなぐ部分は、こんな感じとシンプルです!(DMX512制御用マシン語の解説と使い方


USB接続できるファミリーベーシックと、相性よしの越前和紙+WS2812Bマトリクス。


本人映像、撮影 by GOROmanさん


プログラミング好きの原典的雑誌、MSX-FANの総集編を見ている、中学生。引き継ごう、次世代へ!


NT鯖江2021もSCC(Sabae Creative Community)にて開催予定!お楽しみに!なにかつくってぜひ出展もどうぞ!
翌朝、GOROmanさん、IchigoJamのはんだづけスタート!


LEDがどっかいったトラブルに見舞われるも、無事エルチカBASICプログラミング完成!

links
- NT鯖江2020 初日目レポート
- NT鯖江

はじまりました、ものづくりイベント、NT鯖江2020!
(10/3-4、11:00-17:00 at 鯖江商工会議所1F SCC)。


ユニークな展示がじっくり楽しめる2日間、鯖江市長選挙と合わせてどうぞ!
以下、ブースの写真レポートです!


チューンドお人形さん!


IchigoJamの同人誌!


なぜか子供が惹かれてしまうパズル!IchigoJamコマンド版とか作りたい


高電圧と静電気で駆動する自作コンデンサヘッドホン!


水引き+LED!


高専プロコン競技部門を勝手に開催する、囲みますリアル大会、初開催!


大人気だった、抵抗の形のはんだごて陶芸品!


アマビエさまになれるハコ!


自動演奏ピアニカ!


自作の曲がるディスプレイ!


漆塗りのピニカとFPV化されたラジコン!


鯖江だし、光るメガネ!


外側は当時のままで中身はリニューアルするというステキ改造ゲーム機!


ほっぺをふにふにできるVRデバイス、自作!


懇親会のCOMP料理!

44.1kHzで、440Hzの矩形波を鳴らそうとしても、サンプル数は100.23と割り切れないため、どうしてもずれます。実際鳴るのは100サンプル周期の441Hz。 正弦波であれば補間が聞くのでちゃんと440Hzで鳴ります。

波形量子化聴き比べアプリ / waveform sound test

高い周波数になるほど顕著、1838Hzを鳴らそうとすると1917.391Hzと4.32%もずれます。四捨五入しても2%以上ずれてしまうのが現実です。

そこでハイレゾ音源の出番、384kHzを使うと、0.44%まで誤差を縮めることができます。

それでも起きる誤差、解決方法は、ハードウェアから作ってしまうか、生楽器をサーボなどで鳴らすこと。ものづくりへの追求はつきません。


Oculus Quest DK2購入のきっかけ、@GOROmanさん、着鯖!


次回、会場として活用も検討する。SCC地下へ。


実験!

#NT鯖江 Twitter検索でもどうぞ!


NT鯖江2020」2020/10/3-4土日開催 @SCC

links
- NT鯖江2020 2日目レポート - NT鯖江

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS