本日はものづくり好きデー!


技術実証費用としてチームごとに最大300万円の予算がつく、総務省主催、高専WiCON2020の審査会。 10高専のチームによるIoTや5Gを使ったさまざまな新しいものづくりへのチャレンジに刺激を受けます。実際作って試してみる、いいですね! 審査結果をお楽しみに!
高専WiCON2021」への応募内容も公開されてますよ!

最終金曜日の夜はCyberFriday!
新高校1年生、地域活性化アプリを企画する高校生、現役高専生、大学生、新社会人、料理人、二胡奏者、フィジカル職人、IT職人など多彩な参加者で賑わいました。


めがね 修理 再生工房」鈴木眼鏡工業の鈴木さんの展示コーナー。


壊れたメガネを修理するだけでなく、その持ち味生かした新しいアクセサリーへの生まれ変わる!


オセロのコマを投げあう新スタイル「投げオセロ」を体験!重ねたり、ぶつけて動かしたり、立てた状態にしたりといろいろ新感覚がユニーク! 来月はiPhoneでも動くようになる!?


動画でもどうぞ!


はんだづけコーナー!


NT鯖江で出会ったやきもの「抵抗の形のはんだこて台」かわいいでしょう!


すてきカフェ&眼鏡屋さん、EIGHT SENSEによる、竹の子えだ豆たきこみご飯 by EIGHT-SENSE


ほうれんそうキッシュ、デザートのブリュレチーズケーキ、ラスクも人気でした!


初投入のドローン。条件はGPS付き、4K写真撮影可能、200g未満!
HolyStone HS175


ドローンからの撮影、用意したmicroSDカードがうまく動かず、スマホへのストリーミング映像なので本気な画質ではありません。 次回の集合写真はドローンで撮ろう。


コンパクトに持ち運び用のケースもついてます!


LTタイム!おもしろいを共有しよう!


意外とすぐ乗れるようになる、セグウェイ体験も好評でした!


高専4年生によるミュージックシーケンサー「Tracks」CyberFridayで初お披露目!


音楽とコンピューターはなかよし!


押し心地の良いキーボードの赤軸の派生キーを使ったインターフェイス。レーザーカッターで切り出したケースを重ね合わせた丁寧かつ、CPUを魅せるスタイルがかっこいい! これは、ファームウェア開発にも力が入る!MIDI-OUT端子による他楽器やPCとの連動にも対応!


オススメ本の紹介コーナー。 「電子工作マガジン 記念50号」と「ゼロからのOS自作入門」。 ハードウェアから、基本ソフトもアプリも!


生成したefiファイルをUSBメモリに EFI/BOOT/BOOTX64.EFI として保存、BIOSをいじって起動、動きました!

Zen言語開発者クリス協力による、Zen言語によるUEFI ハローワールドはこちら!(src on GitHub)

pub const UefiHandle = *mut @Type(.Opaque); pub const SimpleTextOutputProtocol = extern struct { reset: fn (*SimpleTextOutputProtocol, bool) callconv(.C) usize, output_string: fn (*SimpleTextOutputProtocol, [*:0]u16) callconv(.C) usize, }; pub const SystemTable = extern struct { _: [60]u8, con_out: ?*mut SimpleTextOutputProtocol, }; fn printu8(out: *SimpleTextOutputProtocol, msg: []u8) void { for (msg) |c| { _ = out.output_string(out, &[1:0]u16{c}); } } comptime { @export(EfiMain, .{ .name = "EfiMain" }); } pub fn EfiMain(handle: UefiHandle, system_table: *mut SystemTable) callconv(.C) usize { const con_out = system_table.con_out.?; _ = con_out.reset(con_out, false); printu8(con_out, "Hello UEFI in Zen!"); while (true) {} }


ご参加、ありがとうございました!
ごはん、デザート、シーケンサー、スマホゲーム、コンピューター、地域活性化アプリ、めがねのリメイクアクセサリ、OS、いろんなものづくりに触れたサイバーフライデー。
来月は2021/4/30(金)、お楽しみに!

鯖江商工会議所のDX委員会が新たに誕生します。 DX、デジタルトランスフォーメーションとは、デジタルを活用したデジタル技術を活用して、事業モデルを創出できたこと、また、柔軟に対応する体制ができた状態を指すとのこと。 幼虫・サナギから、成虫へのトランスフォーメーションが始まります。

鯖江市役所も新体制、オープンデータへの取り組みと共に名前が変わった情報統計課から、デジタル推進課へ。新しいフェーズへと入ります。

佐々木市長、中村副市長へ、京都大学、出口先生、坂出先生、コネクトフリー社帝都久利寿氏と共に未来談義。


サイバー空間において見直される自分の証、ハンコ。 シヤチハタ製「QRコードハンコ」からデジタルを活用する新しい世界が見えてきました。


誰一人取り残さないSDGs、その達成にはデジタル技術の活用は欠かせません。SDGsが達成し、維持され続ける世界こそDXが達成した社会の姿。 デジタル時代を担うこどもたちや、大人をサポートする、Hana道場にて。


BrailleBeat tester」(src on GitHub)
こちら、学生に披露してもらった点字をモチーフにした音ゲー「BrailleBeat」からインスパイアされ、音ゲー好きな学生のための参考作品にと作ったJavaScriptバージョン! 濁音、半濁音、拗音(ようおん)を表す3点を加えた3x3のマスにしたアイデアがナイス!

曲と共に譜面が表示されます(当たり判定はまだありません)。曲は防衛省海上自衛隊東京音楽隊のオープンデータ「国歌「君が代」について」を使用。 オープンデータな曲と、歌詞データ、初音ミクとTextAliveもうまく使えるかも?(音楽とプログラミングとコンピューターグラフィクス! TextAliveのテンプレートを使ってみよう


市長室隣の応接室に飾られた前市長、牧野さんの肖像画と。牧野さんが15年前、ここに誘ってくれたのが始まりでした。
みんなで創ろう、世界の鯖江!

行政DX、はじめのいっぽはマップかも by クリス

番地まで入った住所表示と緯度経度がセットになったデータ「電子国土基本図(地名情報)「住居表示住所」 | 国土地理院」がありました。
これはすごい!・・・と思いきや、京都のデータはごくわずか二市


住居表示住所データ公開率ダッシュボード
現時点での全国の網羅状況をざっくり調べてみました。CSVデータ生成ツール src on GitHub


住居表示住所データ公開率ダッシュボード(福井県)
都道府県別に整備状況をチェックできます。(すみません、政令市の区には未対応です)
福井県内、市はすべて公開済みの様子。


住居表示住所サマリーマップ」(5.6万件読み込みで重いです)
ただ、公開している鯖江市でもカバー率は100%なわけではありません。(サマリーCSV on GitHub


住居表示住所サマリーマップ
ご自分の自治体、データありますか?

ドローンに届けてもらいたいなら、確実な場所を伝えることが必須です。
住所末尾に、緯度経度やGeo3x3を入れる新しい習慣、どうでしょう?

電子国土基本図「住居表示住所」を盛り上げる勝手連グループ、発足!

links
- Geo3x3 - 緯度経度を文字列化するシンプルなコード体系

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS