サイバーバレー北陸にはチャンスがいっぱい!
昨年に続き2年目となった「福井高専ビジネスアイデアコンテスト」のプレ企画として出張アイデアソン!


発想、ビジネスアイデア発想、3つのコツ


2. 使おう新技術
ありふれた課題でも新技術を混ぜれば自然と新アイデア。
5G/xR/IoT/オープンデータ・・・福井県はチャンスがいっぱい!


5G基地局@福井高専


日本初のオープンデータ都市&日本初のオープンデータコンプリート県!


なんといってもここは「サイバーバレー
来週末、CyberFridayNT鯖江


1. 課題(不満や不快)を集めよう


イライラしたらしめたもの!理想を考え、使える技術でどう解決できるか妄想しよう。 気に留めないくらい常識化した小さなイライラ、不感を見つけて当たり前の未来創りにチャレンジもしたい。


3. オレ得


自分が得する、自分が欲しい、どうしても実現したいなど、熱意に勝る要素なし。
諦めなければ負けはない!

やり続けている内に別の活路が見えてきた時に切り替えることは、負けではなくて、ピボット(方向転換)。 何かを続けることで見えてくる、自分だけの景色を見よう。


時間をかければいいわけじゃないのがアイデアソン。制限時間は5分!課題と新技術と好きの重なりを見つけるべし。


クリスからもアドバイス、みなさん大好きYouTubeもはじまりは全然違うサービスだった。


イライラ集めしよう。自分だけじゃなくいろんな人に聞いてみよう。
技術系ニュースをチェックしよう。流れが見えればちょっと先の未来が見える。
好きかもと思った技術はとことん磨いて見よう!チャリの乗り方と一緒で一生モノ!

5分でできる発想術。アイデア止まりにするのももったいない。
どんどん創ろう!

黒い画面、ターミナル使ってますか?
.jpegという拡張子をまとめて.jpgにするたった1行

for f in ./*.jpeg; do mv "$f" "${f%.jpeg}.jpg"; done

福井高専などと漢字を含んだファイル名を一括してリネームする方法

for f in *福井高専*.jpg; do mv "$f" "${f/福井高専/fnct}" ; done

なるほど、置換基本があるんですね!便利!

知の越境プログラム、京都大学SPIRITS主催のシンポジウム、「脱ハンコ」と サイバー時代の個人認証にパネリストとしてクリスと共に、オンライン登壇。

ハンコの起源からたどり、なぜ脱ハンコなのか?なぜ脱ハンコが進まないのか?どう進めるべきかを、異分野の専門家によってディスカッションする3時間イベント。


主催の京都大学公共政策大学院 准教授 坂出 健さん、 スピーチに佛教大学 歴史学部 教授 門田 誠一さん、 シヤチハタ株式会社 代表取締役社長 舟橋 正剛さん、 京都大学公共政策大学院 教授 岩下 直行さん、 パネリストとして、経済産業省大臣官房参事(独)経済産業研究所 国際・広報ディレクター 佐分利 応貴さん、そして、帝都と福野。


日本のハンコ文化のはじまりは約2,000年前の西暦57年、小学校で習った「漢委奴国王印」の金印。 ハンコの歴史は偽造ハンコとの戦いでもあったが、近代、物理的なハンコは完全に敗北した。(印影から30分で印章が作成できてしまうのは致命的)

すでにインターネット上ではハンコの代わりの認証技術として、公開鍵暗号技術が主流。 これをサイバーハンコ(CyberHanko)として捉えて比較した表を作成した。

既存の意味を失った物理ハンコから脱却し、新しいサイバーハンコへと社会を転換するためには、技術背景を理解し、良い使い勝手を提供する必要がある。


重要な背景技術、公開鍵暗号は、1976年。 通常、鍵は秘密にするものだが、鍵を2つに分けて、一方を公開して使うのが公開鍵暗号の特徴である。


秘密の鍵で閉じたものは、公開鍵でないと開かない。つまり、鍵をかけた人は公開鍵と対になる秘密鍵をもっている本人であると確認できる。


これを応用することで、任意の文書などのデータに電子署名を付与することができる。これがサイバー空間における認証技術、ハンコである。

公開鍵から秘密鍵を生成できないことが前提となるが、こちら世界中の専門家が検証したアルゴリズムがオープンな技術として公開されており、日本政府も電子政府推奨暗号リスト(CRYPTREC暗号リスト)として公開している。(本日登壇の岩下さんは、その選定メンバーのひとり!)

公開鍵暗号を使ったCyberHankoを実際に試すことができるアプリと解説はこちら。
webの信用と鍵の寿命、デジタル時代のHANKO、公開鍵暗号の実装変更 RSA→Ed25519

認証としての物理ハンコは死んでも、楽しく飾るスタンプ的なハンコは生き続けます。
ハンコ廃止はハンコ文化の否定ではない - 岩下直行 公式ホームページ


CyberFriday #7 photo
こちら写真データをドロップすることで左上に「CyberFriday」ハンコを押した写真画像にするアプリ「CyberPhoto」の複数ファイル対応版。 生成した写真をCyberValley, Japanサイトにまとめました。

html2canvasを使ったhtml2image、JPEG化するCanvas、ダウンロード用にdowloadFileとdownloadZipをソースに追記。 画像加工アプリの参考にもどうぞ!(src on GitHub)

昨年開催時に宣言したNT鯖江2021開催。11月のCyberFridayと合同開催することしました。 11月の最終金曜日、11/26の18:30から設営しつつサイバーフライデーを楽しみ、翌土曜日が展示デー。


照明落とした部屋に映える、GPUを使ったCyberFridayの新ロゴアニメーションとセグウェイドリフト! せっかくなので、フルスクリーンAPIに対応して、プロジェクター表示しやすいよに改良しました(わずか1行)。背景アニメーションのみをインタラクティブに楽しむリンクもひそかに設置。


何やらバランスボールを膨らませはじめました。


バランスボールの動きで絵を描く"ぴ"の新作アプリ!お題表示を消してみんなで当てるゲームにしよう!(その場でプログラムを書き換えてました)


Code for FUKUI 事務局、竹内ちゃんにより名前は「えしりもじ」に決定! with ぴ


バランスWiiボードをBluetooth接続して、マウス操作化、スマホを色選択などのペンとして使っています。


これがなかなか難しい!私が描いたこちら、何でしょう?


クリスもチャレンジ、うまい!


ふくい産業支援センターの大木さん、福井のベンチャー支援制度を熱弁!


FUKUI VENTURE PITCHを熱く語る岡田さん(@okada_ruri)
CyberValley, Japanの協力決定!


先日NHK福井でも放送された、Code for FUKUIによるキッズセーフの発表。webアプリ開発者、その他協力者、大募集中!


前回、女児に人気だったデジタル制御のライブ会場、フルカラーLEDが4つついて、スピーカーが付いたアップドート。


裏側はこんな感じ。LED1つずつ、RGBとGNDの配線ががんばってる!WS2812B/WS2811とか使うと楽できるよ?


世界中どこからでも開けられるサイバーシャッターの発表&デモ。ハッキングされるのが不安!?EVER/IPなのでサイバーセキュリティに問題なし。安心です。


ミニ展示、パチパチクラッピーナノちゃん&IchigoJam。サイバーシャッターを実現するリレーもソレノイドもサイバーをフィジカルに変換する電子パーツ。 こどもの頃に遊んだ電磁石がいろいろな生活シーンで活躍しています。


EIGHT SENSEさんの食べられる展示、好物のキッシュ!


大好評、おにぎりコロッケ!


こちらもEIGHT SENSEさんの作品、ステキなゴミ箱!


photo edit by CyberPhoto
ドロップした写真にCyberFridayロゴを重ねるwebアプリ。 const files = await waitDropFiles(document.body); assert(files.length == 1, "ファイルは1つだけ"); const file = files[0]; assert(file.type.startsWith("image/"), "画像ファイルじゃないよ"); const img = await waitImageFileRead(file.file); photo.innerHTML = ""; photo.appendChild(img); ドロップを待つ、1つの画像ファイルかどうかチェックして、ページ内に画像として追加というシンプルなプログラム。HTMLで構造を書いて、CSSでデザインしてできあがり!(src on GitHub)

また、来月!(次回のCyberFridayは2021-10-29

各地でインターンしている高専生。リアルな現場での学び、楽しいですね!

「コネクトフリー社で活躍する福井高専インターン生」

ものづくりへの想いがぐっと高まった、その勢いで、普段の学生生活自体も現場と見て、自分たち、教員たちの課題を解決してみるいい機会!


福井高専ニュースsrc on GitHub
古巣、福井高専のニュースを掲載している全件「スクレイピング / scraping」によって取得して、CSVオープンデータとして加工するプログラム。 シンプルなコードはこの通り。ぜひみなさん、自分の学校でチャレンジしてみましょう! import { HTMLParser } from "https://js.sabae.cc/HTMLParser.js"; import { CSV } from "https://js.sabae.cc/CSV.js"; const url = "https://www.fukui-nct.ac.jp/news/"; const html = await (await fetch(url)).text(); const dom = HTMLParser.parse(html); const lis = dom.querySelectorAll(".news-list li"); const data = lis.map(li => { return { url: li.querySelector("a")?.attributes.href, date: li.querySelector(".post-date").text, category: li.querySelector(".post-cate").text, title: li.querySelector(".post-title").text, } }); await Deno.writeTextFile("fnct-news.csv", CSV.stringify(data));

HTMLParserで、HTMLをパース(字句解析)して、欲しい項目を名前付きデータの配列に変換、CSVとして出力しています。(Denoを入れて動かしてみましょう!)


デジタル庁ニュース
動き激しい、デジタル庁。「第1回デジタル社会推進会議幹事会 |デジタル庁」にて、多数の興味深い資料が公開されています。 日本全体のデジタル化、身近な学校が取り残されて損するのは学生自身。動こう、創ろう!

gBizINFOでは、法人情報はweb標準のAPI、SPARQLで検索できるので、ひとまず種別で全件取得し、検索できるようにしてみました。

日本の地方公共団体一覧」「日本の国の機関一覧src on GitHub
現在、それぞれ7386法人と846法人、合計8232法人あります。1つの国、これだけの機関があると管理費も膨大ですね。デジタル化で一気に効率化しちゃいましょう!

気がついた点
- 日本語の語彙とSPARQLでの英字変数の対応を考えるのが煩雑
- 同じ住所で表記ゆれがある
- 語彙がリンク切れしている
- 市区町村コードのURIがリンク切れしている
- コード一覧もCSVやAPIで取得したい(法人種別 kind.csv など作成)
- SPARQL便利!(makeLocalgovs.js using GBizINFO.js based on SPARQL.js)

課題はいろいろありますが、網羅性あるオープンデータが機械判読できる状態で存在すれば、なんとでも変換できますね!Let's code for 日本!
デジタル庁とシビックテック|デジタル庁


本日、産官学の会「ゼロトラスト研究会」の第二回目を越前市役所にて開催。 ゼロトラスト研究会は、福井県情報システム工業会、DX推進委員会、行政手続き分科会での研究会で、工業会メンバー企業を中心に、福井県、福井県内市町、福井高専などで構成しています。 地球上さまざまな機関、安全にシンプルにつなぎましょう!


武生に来たら、ボルガライス

LANなど、ネットワークを分離することで守る境界型セキュリティには限界があり、すべての端末が世界中の端末と接続可能な状態であったとしても安全に使える「ゼロトラスト」が求められています。

その現実解を探る福井県情報システム工業会、行政手続き分科会、ゼロトラスト研究会の第一回会合を鯖江市役所にて開催。 福井県庁、越前市役所など行政職員、県内IT企業他、京都やシンガポールからの遠隔参加もある中、鯖江市役所がコネクトフリー社のEVER/IPと、NTT西日本の光回線(NGN)を使ったゼロトラスト実証事業のデモと、ディスカッションを行った。


鯖江市長、佐々木さんから激励メッセージいただきました。


鯖江市役所、馬場さんによるゼロトラストデモと、コネクトフリー社、帝都久利寿さんによる技術解説。

今後も低コスト高セキュリティなゼロトラストを実現するベストプラクティスを研究していく予定です。

アドレス空間が事実上無限に広がるIPv6であってもアドレスは固定化されず、なりすまし問題もあるためネットワーク内で自由に相互にアクセスする社会にはなりません。 (参考、IPv6セキュリティ ~問題点と対策~ - JPNIC

インターネットで古くから使われているメール(SMTP)も、性善説に基づくなりすましが簡単にできてしまうことで有名です。 2021年現在でも要として使われることがあるので、送信方法を探したところNode.js用ライブラリ「node-sendmail」を発見。 作られた時期が古く同期的に使えないため、改善版を作りはじめました。
code4fukui/node-sendmail-es: send mail without setting up a SMTP server

使い方は簡単。ESモジュールにしたので、importしてinitSendmailで関数を受け取り、sendmailすれば送信できます。
import { initSendmail } from "./sendmail.mjs"; const sendmail = initSendmail(); try { const res = await sendmail({ from: 'no-reply@yourdomain.com', to: 'test@qq.com, test@sohu.com, test@163.com', subject: 'test sendmail', html: 'Mail of test sendmail', }); console.log(res); } catch (e) { console.log(e); }; 試しにGmailになりすまして送ってみると・・・。

こんな表示がでました。DKIMという公開鍵暗号を使った電子署名を使って出ないようにできるようです。


nodemailer/mailcomposer: Composes e-mails from structured data
また、上記など現在メンテナンスされていない3つのパッケージを使っているそうなので、Denoで使えるよう改造を進めたいと思います。

シンプルに安全につながるゼロトラスト社会、創りましょう!

日興証券企画、異高専の学生がごちゃまぜチームで企業からのお題を解決する「高専インカレチャレンジ」の北陸4高専で開催された第一回。いよいよ最終審査会。 6チームによる学校DXの発表と、PFUさんの審査によって最優秀賞と、シークレットな特別賞、PFU賞が決定!
主催者、日興証券、Nikko Open Innovation Labの磯野さんの開会宣言。


SMBC日興証券の近藤雄一郎社長からも激励メッセージ!
SMBC日興証券社長「新型コロナで5年後の世界が近づいた」 ビフォーコロナに戻るつもりはない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)


4人ずつ6チーム、北陸4高専学生が大集合。PFU社の人の前、堂々としたプレゼン、立派でした!


PFUさんの審査が終わり、いよいよ表彰式。


最優秀賞は・・・


Bチーム!


マークシートを読み取りデータ化し、QRコードで指定された宛先への送付機能をPFU社のスキャナ実機とAPIを使ったライブデモ。


鯖江側メンター、帝都&福野は、鯖江商工会議所地下1F、Uスタから接続。背景は、福井高専の上空です。


PFU賞の副賞は、HHKB!


受賞したCチーム学生、大喜び。サーモカメラと首振り扇風機を組み合わせて、教室全体を手軽に管理する新発想が受けてました。ぜひ実装進めてほしい!


SMBC日興証券、デジタルイノベーション他担当、常務執行役員、牛島さんから閉会のご挨拶。学生コラボのイノベーション、どんどん進めましょう!


オンライン懇親会も盛り上がりました。次に向けて気合充分!

まだまだ紙多い学校現場、スキャナとAPIとオープンソースと高専生は相性抜群。 Zoomで撮影した集合写真、名前欄を消す処理をJPEGのオープンソースをESモジュール化して、サーバーサイドで手軽に作成できるプログラムを実装し、オープンソース公開。
photoedit」 with 「jpeg-js-es

いろんな技術と、世界中の課題、がんがんつなげて解決しよう、高専生!

自分たちのまち、自分たちでつくろう、Make our City プロジェクトを推進する一般社団法人コードフォージャパンの代表関さん、来福!

元市長の牧野さん、鯖江市元CIOの牧田さんとひさびさの再開!Code fon FUKUIの発足式と、Code for Japanとのパートナーシップ締結も行い、サイバーフライデーを一緒に楽しみました。


FUKUIワクチンダッシュボード」(src on GitHub)
こちら本日発表、新型コロナウイルスのワクチン接種予約をスムーズにするために、市町ごとに予約可能な日程がひと目でわかるアプリ! GitHubで公開しているオープンソース、福井県庁の職員の人も直接GitHubで編集する形での共同作業で開発しました。 県内医療機関によるデータ登録が始まり、福井県庁のサイトからリンクされ、一般公開がスタートです。 福井県知事、杉本さんもツイート


各医療機関が「PUSHかんたんオープンデータ」を使って、予約可能な日付をセットして「更新」ボタンを押すだけ。オープンデータ化され、アプリで使っています。 福井県との取り組み「福井県施設ダッシュボード」向けに作ったオープンソースを少し拡張しています。


8回目くらいの来鯖、Code for Japanの関さん、クリスとのラジオ番組、CyberValley, Japan にゲスト出演いただきました。


鯖江商工会議所DX委員会主催の講演会、DIY都市をつくろう by Code for Japan 関さん


ともに考えともにつくる、Code for Japan のミッションは、オープンにつながり社会をアップデートすること!シビックテック、しましょう!


企業と地方自治体との連携、Code for Japan コーポレートフェローシップ事業は鯖江で誕生!


未来の都市づくりには、テクノロジーを使った都市OSだけでなく、何を目指しどのように進めるかという都市マネジメントが大事。


DIY都市、改め、Make our Cityプロジェクトへ!自分達のまち、自分たちで創ろう!


しっかり話し合うためのプラットフォームとしてオープンソースの「Decidim」の活用が始まっているとのこと。 (Code for Japan によるDecidim on GitHub)

コメント.netを使って、会場からの質問、感想を送ってもらいました。その回答と共にご紹介。

1. Make our City に関する感想などをどうぞ

2. 楽しかったです
うれしいです

3. 都市OSって名前かっこいい
かっこいいですね!

5. 市民、自治体、企業で地域課題解決をしていくスキームが素晴らしいと思います。このイニシアチブを誰がとるとベストなんだろうという事が気になりました!
誰とは決めずに、取りたい人が取り、オープンに連携していく形が良さそうです

6. 概論として良かったです。次はいくつかの具体事例を掘り下げるセミナーがあると嬉しいです。
具体的に何かに取り組んで、手を動かしてみるのが理解を深める一番の近道かもしれません

7. 勘違いでなければ、都市OSが乱立している状況とあり、今後もさらに増え続けると思いますが、そのことは結局市民と市町間でのデータ割り振りは便利でも、結局県同士など大きな括りで便利になりきらず、いいことも全国には広がりきらないイメージを受けとりましたが、実際どうなのでしょうか
Code for Japanが開発した東京都の新型コロナウイルス対策サイトは一気に全都道府県に広がりました。オープンソースなので、すべてが同じソフトウェアである必要はなく、地域ごとカスタマイズも可能で、バリエーションも生みますが、それが同時に強さとなります。

8. オープンデータも内容によってはある意味自分の(自治体の)弱さを認める度量が必要なのかなと思います。そこでためらわないようにするためにはどのような後押しが必要でしょうか?
国のシステムですらゴタゴタしているので、ある程度の弱さは想定内でしょう。弱さや誤りの発見こそ「前進の証」とポジティブに捉えましょう。

9. 大学生でビジネスプランを考えていたのですが、FIWAREの活用例で気になる点があったのでその所を深掘りしていきたい。
ぜひ探っていきましょう!

10. 都市OSって、本当に国は作らない、統一しないのでしょうか?
11. そうなると、自治体で統一IDを作らないと、様々なサービスが連携しませんよね。マイナンバーは統一IDにできないでしょうから。県内で一つにまとめる意義はあるでしょうか?
マイナンバーカード、gBizID、ベースレジストリなど、国が用意する機能もあります。都市OSではそれらを必要に応じて活用する形になります。
政府の整備するデータに関しては「包括的データ戦略(2201-06-18)」が詳しく、関係者が登壇するCode for Japan主催のイベントもあります。
データアカデミー研究会 presents 「政府のデータ戦略ってどう進んでいくの?」セミナー | Peatix


福井高専校長田村さん、地域とテクノロジーと高専、相性バツグンです!


Code for FUKUI」のロゴ、発表!
ビル群ではなく、東尋坊に載ったフクイラプトルがモチーフとした、福井県ブルー基調のロゴ。作者は、越前市役所の職員、ボルガチョフ波多野さん!


Code for Japan と Code for FUKUI パートナーシップを締結。Code for X ブリゲードとして登録完了! 背景にした、Code for FUKUI ロゴと、Code for Japan ロゴの市松模様を作成するアプリ「プレス背景(src on GitHub)」もオープンソースソフトウェア。


Code for FUKUI発足でインタビュー。


FUKUIワクチンダッシュボードを一緒につくった福井県庁職員で、Code for FUKUI メンバーの宇佐美さんと!


関さんからアドバイスもらう、坂井市活性化アプリを企画している高校生


続いて、最終金曜日なので、サイバーフライデー!今回も展示にLTに、盛り上がりました。


ナチュラルスタイル工芸部による、ステキ焼き物さん達。抵抗箸置き大人気!


お箸とはんだごてが並ぶ不思議な光景。


家の温度、湿度、気圧、二酸化炭素濃度がオシャレに分かるアプリ in Dart/Flutter


福井高専生によるオリジナル基盤、IchigoShakeにアクリルのかっこいいケースが!


パソコンにつなぐ自作キーボードの標準規格に合わせた、人と差がつくペットボトルキャップのキーキャップ、1つ50円!


電子部品交換会も初開催!変なセンサーから生まれる発想もあります。ぜひ余った部品を持ってお越しください。


LTタイム、学生によるコンテスト「福井 SDGs アワード | FUKUI SDGs AWARDS 2020」の紹介。 SDGsに向けてよいツール探し&づくり、したいですね!


医療とテクノロジー融合がテーマのハッカソン「Hacking Medicine 2021」の参加レポート。 あらゆる分野で活躍する、テクノロジー。


機械学習を使ってネコとのツーショットを自動撮影してくれるアプリ!


関さんもLT「埼玉の呪われた玉」
日本で使う文字コードは政府提唱、JIS X 0213か、文字情報基盤でいきましょう!


今回のEIGHT SENSEのケータリングテーマは、ストロベリームーン!赤っぽくとまるっこいホットドッグ!


ソースカツ丼!人気のラスクも!


セグウェイドリフトに乗る関さん。


次回は、7/30金です!何か作りたい気持ちか、何か作ったものを持って、お越しください!
CyberValley, Japan

links
- テクノロジーで地域課題解決 コードフォーフクイ発足

クリス&福野による、北陸サイバーバレー宣言が福井新聞の論説に掲載。
北陸サイバーバレー宣言 鯖江を「新経済圏」拠点に | 社会,経済 | 論説 | 福井新聞ONLINE
熱い北陸、始まりました。

福井県庁DXチーム、鯖江市役所DXチームとミーティング at SCC(鯖江商工会議所)
民間と行政、オープンデータ、オープンソース、GitHubなど、気軽なテクノロジーを使ったスピーディーな展開をディスカッション。

経産省がGitHubにて公開提案待ちの契約書オープンデータへ、先日プルリクした Markdown.js による表示方法が、晴れてマージ(受け入れ)されました!日本にちょっと貢献!

シンプルなMarkdownで記述して、表示はCSSで整えましょう。URLを指定して、ボタンを押せばいいだけの画面を追加しました。


CSSの変更実験。まずは文字色を変えるコードはこう書きます。

body { color: red; }

意外と簡単で楽しいですよ! → CSSはじめのいっぽ


モデル契約書ver1.0 秘密保持契約書(新素材)
CSSで縦書き、意外といい感じ!もっと見やすくするにはアラビア数字を漢数字に変換などが必要そう。

body { background-color: #f3f3f3; font-family: serif; writing-mode: vertical-rl; }

背景色を16進法のRGBで指定、フォントを明朝体、モードを縦書きに!
Markdown.js 編集画面

コードフォー活動は、プログラミングできる人だけではありません。文章が書ける人、デザインができる人も大歓迎です。 特許庁の契約書から、ノベルゲームまで、幅広く活躍する構造化テキストファイル、Markdown(マークダウン)。 使う人にどこまでも優しくなれるのがテクノロジーです。

CyberValley、福井でコードフォー活動したい方、Code for Fukui でお待ちしています。
まずはちょっと覗いてみたい方は、サイバーフライデーへどうぞ!(次回、6/25金)

links
- 「研究開発型スタートアップと事業会社のオープンイノベーション促進のためのモデル契約書ver1.0」の改訂に向けた、GitHub(ギットハブ)を用いた意見募集
- Code for Japan
- Code for Fukui

最終金曜日はサイバーフライデー。今日もいろんな「新しい」が生まれました。参加してくれた福井高専現役学生も、来月に向けて意欲も満点!いろいろ創ろう!

CiberFriday、お片付け後の記念撮影。


サイバーフライデーは、見せたいものをもってきて並べるだけ!気軽に出展、OKです!


パワーアップした、スマホ版、投げオセロ、楽しかった!コマがメガネになるモード、ステキ!


新基板、発表!頒布もOKです!


1台、ゲット!


まったさんもゲット!


Code for KOSEN による、プログラムで戦うオンラインボードゲーム「囲みます


音響設備チェック。音を使ったDJ、VJ発表もOK!


Kinectを使って全身使うオリジナルタワーバトルの展示、盛り上がってました!


今日も人気なセグウェイドリフト、2人3脚、2人2脚もいけました。3人2脚は若干重量オーバー、軽ければ行けそう。


メガネをリメイク「フィールシーズ」さん、その場でレーザー刻印してもらった「一日一創」コースター


余った電子部品や、いらなくなったもの交換会もやってます!


VRを使ったアプリづくりも熱い!


意外な出会い、思わぬつながりも!


ステキ軽食 by EIGHT SENSE のホットドッグ!


マフィン、スコーン風マフィン


前回人気のラスク!

何かつくりたくなった方におすすめ、コンピューターを使ったものづくり、コードフォー。


ワクチン接種率ランキング
NDJSONからCSV化&アプリ化Twitterで人気。 せっかくなので、高校情報のサンプルになりそうな簡単な計算と、ブラウザでの表示を作ってみました。

<meta charset="utf-8"><script type="module"> import { style, h1, table, div, hr, link } from "https://js.sabae.cc/stdom.js"; import { CSV } from "https://js.sabae.cc/CSV.js"; onload = async () => { // データ読み込み const url = "https://code4fukui.github.io/covid19vaccine/latest_summary.csv"; const data = CSV.parse(await (await fetch(url)).text()); console.log(data); const urlp = "https://code4fukui.github.io/population_jp/population_jp.csv"; const pop = CSV.parse(await (await fetch(urlp)).text()); console.log(pop); // ランキング計算 const tbl = []; for (let i = 0; i < 47; i++) { const p = pop[i].population_jp; const d = data[i]; tbl.push({ 順位: "", 都道府県: d.pref, 接種完了率: (d.sum / p * 100).toFixed(2) + "%", "初回接種率": (d.mid / p * 100).toFixed(2) + "%", }); } tbl.sort((a, b) => parseFloat(b.接種完了率) - parseFloat(a.接種完了率)); for (let i = 0; i < tbl.length; i++) { tbl[i].順位 = (i + 1) + "位"; } console.log(tbl); // スタイル style({ body: { "text-align": "center" }}); // ページ全体センタリング // DOM h1("ワクチン接種率ランキング"); div("データ更新日:" + data[0].date); table(tbl); hr(); link("データ: 新型コロナワクチンの接種状況(高齢者等) | 政府CIOポータル ", "https://cio.go.jp/c19vaccine_dashboard"); link("データ: 統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)", "https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2019np/index.html"); link("アプリ: CC BY Code for Fukui", "https://fukuno.jig.jp/3229"); }; </script>

本当は1タグでいきたいところですが、Safariでは文字コードの指定がないとSJISとして解釈されて文字化けしてしまうので、2タグ構成です。 データを読み込み、計算して、スタイルを設定して、ドキュメント構造(DOM)を作ってできあがり! (計算までのJavaScriptのコードはそのまま、Denoを使ってコンソールでも動かせます)

Code for Fukui では、福井や国にまつわるシビックテックをやってます!

月一、最終金曜日イベント「サイバーフライデー
次回h,2021.6.25(金)18:30-22:00 鯖江商工会議所B1F
新しもの好きな方、ぜひどうぞ。


鯖江市本町、西鯖江駅の近くの鯖江商工会議所 SCC、目印はこの最近できた大型看板です。商工会議所の無料駐車場をどうぞ(いっぱいのときは、西山公園の2時間無料駐車場もあり)

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS