create every day - 福野泰介の一日一創

はじめてのとうけいプログラミング in 滋賀大学 (総務省統計局企画) 人口減少シミュレーション on IchigoJam

2016/11/23 23:55:00
#KidsIT #IchigoJam #shiga #stat 

昨年好評だった総務省統計局での統計とプログラミング体験イベント
初の地方開催の滋賀県、滋賀大学にて「プログラミング入門 はじめてのとうけい」を開催。


総務省統計局の前局長、滋賀大の理事・副学長の須江雅彦さんより激励のメッセージ。


滋賀大に来年度スタートする、国内初のデータサイエンス学部
滋賀大キャラクター、カモンちゃん(井伊直弼大老、5歳時のキャラクター)!
関連:鯖江市には、ちかもんくん / 間部詮勝公は井伊直弼公の元部下


午前と午後、それぞれ小3〜小6親子15組。定員を大きく上回る希望者だったとのこと、うれしいです!


ほぼはじめてプログラミングする子供達。コンピューターとの対話、LEDの点灯で喜び、かわくだりゲームをつくって歓喜。慣れたところで、統計プログラミングの初歩、日本の人口シミュレーションプログラムをつくってみました。

日本人口の直近の減少幅は27万人、これが毎年2万人ずつ増えると2100年の人口は?グラフをコンピューターにかかせて確認し、幅を3万人にしたりといろいろシミュレーション。気分はデータサイエンティスト!?


事実のデータに、仮定を加えて科学するのがデータサイエンス。

欲しいけど無いデータは計測しましょう。 IchigoJam ミニゲームズでおなじみの「はんのうそくどゲーム」に、度数分布グラフ表示機能を追加し、自分や親の反応速度の傾向を分析しました。 20回ほど試行した結果をみんなで共有、人によっていろいろ違うことが分かります。写真の平均タイム10(約17ミリ秒)を叩き出した子は陸上やってました!

この値を使って、かわくだりゲームの難易度を調整したりするんだよっと、統計とゲームの関連を軽く示唆して終了。 2時間、無休憩にもかかわらず、みんなすごい集中力でやりきりました!

こちらIchigoJamプリントにした、人口シミュレーションです。ご家庭でもどうぞ!

じんこうシミュレーション
出典:「人口推計」(総務省統計局


滋賀大の隣には彦根城、お堀がとっても美しい!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image