create every day - 福野泰介の一日一創

Webの安全、準備できてますか? 2017年はHTTPS標準化元年 地方自治体対応率はわずか1.5%

2016/11/28 23:55:00
#opendata 

Webの住所(アドレス)には、「http://」で始まるものと「https://」で始まるもの、2種類あります。
一文字違いの「s」はsecure(安全)の意味、httpには経路中に改ざん・盗聴されるリスクがあります。
銀行やネットショップでは昔から使われていたhttpsですが、今後は標準になります。

httpのまま使う問題点
- Google検索で上位に表示されにくくなる(Google公式ブログより 2015.12.18 / 2014.8.7
- 2017年1月移行に登録されるiPhone/iPadアプリでアクセスできなくなる(SSL対応必須
- Webアプリで現在位置取得できない(iOS10Chrome
- HTTPS上にあるWebアプリから画像取得できない(AKIJIKANで画像が表示されるされない問題
- FacebookやTwitterなどのアプリ内で表示されなくなる可能性がある

地方自治体のオープンデータが、httpsになっていないと、他のアプリからの使用ができなくなります。
Webアプリからhttpの画像データへのアクセスができなくなるなど、すでに弊害もでています。

全国の自治体Webサイト一覧から、https対応状況をチェックしてみました。
今年の3月、一覧を作成データでは、11件だったものが、29件と18件増。対応は進んでいますが、全体のわずか1.5%。 早急の対応が求められます。


日本の自治体「Webの安全」対策率」(data on GitHub) 2016.11.29現在

もちろん行政だけでなく、民間も!
WebのSSL化待ったなし!さくらのクラウド x Nginx x Let’s Encrypt でつくるココイクSSL版
HTTPS標準元年への備え、万全ですか?

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image