福野泰介の一日一創 - create every day

健康を計算しよう!カロリー内訳計算機、バランスと食物繊維含有量をチェックする食べるをハックするカロリー編

2018/05/09
#js #health #opendata 

あまり気にしてこなかった、食品表示。
完全食の実現、COMPを見てからはまっている自分探しの旅、食べるをハック第三弾。

カロリーの計算式

カロリー(kcal) = 蛋白質 x 4 + 脂質 x 9 + 糖質 x 4
* 糖質 = 炭水化物 - 食物繊維
* 量はg、係数はkcal/g

炭水化物の内、消化できるものが糖質、そうでないものを食物繊維と呼びます。

食品表示で、炭水化物の量しか書いてないもの食物繊維量が気になって、作成した計算アプリ。

カロリー内訳計算機
こちら牛乳100gを計算してみた例、全体バランスから脂質が多め、糖質が少なめことわかります。 1日でトータルバランスを取ることが大事な様子。


こちらが完全食 COMP を成人男性1日分2,200kcalとったときのバランス。推奨量ぴったり。
COMP 完全食」栄養素データより


UHA味覚糖コラボのグミ状完全食、COMPグミの試食会でも好評でした!
持ち込んだver1.3とver1.4の食べ比べ、体においしいと聞いてからだと、どちらもおいしく食べられる気がします。


趣味・研究が大好き、没頭したい! → 食事を効率的に済ませたい。
好きなことを好きなだけしたい!そんな人にぴったり!


完全食COMPは、なぜ開発したのか
「手軽で健康的な食生活」を叶える食品が世の中に無かった。
無いものは創る精神!


COMPもガレージでスタート!
まだまだ続くCOMPのチャレンジ、まだ発展途上という栄養学と合わせ、ますますの進化に大いに期待です。


講演後、大事な蛋白質、たっぷりいただきます(甘めのタレにはきっと糖質も多め?)
塩分が多めな味噌汁は、汁を残す主義になりました。(参考、塩メモ


COMP、鈴木社長と!

朝と昼の食べたものの栄養素を足せば、夜食べるべきものが決まりそう。
外食も売ってる食品も、オープンデータ化してもらえるとアプリで楽々管理できます。
栄養素のオープンデータ化、ぜひやりましょう!


salesforce.comさんでのIoT講座からの良いご縁、いただきました!

links
- 遺伝暗号コドンの衝撃、生物は超小型2bitコンピューター!? 食べるをハックする蛋白質DNA編
- 化学は自分の仕様を探るテクノロジー、食べるをハックする食塩編
- IoT for everyone! 大人IoTプログラミング体験 at Salesforce.com Tokyo Marunouchi

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / high-res profile image