福野泰介の一日一創 - create every day

こどものワクワク載せて打ち上げたIchigoJam、回収に成功! IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day2 スマホVRで蘇る感動の打上動画VR

2018/07/29
#KidsIT #IchigoJam #space #movie #megane 

毛利衛さんのふるさと、北海道余市町で開催「IchigoJamで宇宙を見に行こう
こどもたちがセンサーデバイスとしてIchigoJamをプログラミングした、Day1。
その翌日、気象条件に恵まれ、打上&回収にチャレンジすることに決定!


まだまだ元気なIchigoSpaceスタッフ!


こどもたちがプログラミング&電子工作したIchigoJamをチェック。


海に落ちる予定のカプセル内に浸水しても大丈夫なように、撥水絶縁スプレー。


すっかり暗くなってから、外のベンチでセンサープログラムの写経体験中。


車載電源を使えばOK、はんだづけ&ホットボンドで車内電子工作!

打上に備えて、一旦休憩・・・。


ほぼフルの月明かりの元、打上準備作業、再開。


深夜2時、プログラミングした子供も見に来てくれました!
ワークショップ後すぐに寝たとのこと!


最後の動作チェック。


空きスペースにマイIchigoJamも載っけてもらいました!右がUVセンサーML8511、左が高精度温湿度計SHT31


風船にヘリウム注入開始。
風船が1つ1万円、ヘリウムがボンベ1本3万円ほどとのこと。


風船の準備ができる頃、だいぶ明るくなり、いよいよ打上時刻です。


着地点をシミュレーションした結果通りの量にヘリウムを詰めた風船。手に感じる浮力がおもしろい!
風船を使った月面ごっこも楽しそう。くれぐれも入れすぎ注意。


オ(ヤ)カタ号を手にする、PCN仙台の親方。気合十分!


もう1機、あいえるたん号には、インフィニットループのキャラクター、あいえるたん搭乗。


THETAで撮影した打上シーン、臨場感あるスマホVRや、Oculus GoなどのVRでぜひ体験ください!


みるみる小さくなっていく2機(計算上、約秒速5mで上昇とのこと)。皆で見送り、再会を願う。


打上10分後、ついに見えなくなりました。


打上ミッション、コンプリート!


Tシャツでは肌寒い深夜から早朝も、ステキなIchigoSpaceスタッフジャンパーで乗り切れました!

ここで打上班は再び、休憩。
メッセージグループで交わされる回収班の様子をワクワクしながら見守ります。


打上から2時間後、ついに、船で海上を移動する回収班からの写真付きメッセージに感動!
浮かぶカプセル!還ってきた!


回収、成功!
もう1機は藪と蜂に阻まれ回収を断念。後日、装備を整えて再チャレンジとなりました。

8/18には、再びこども達が集結し、回収したIchigoJamを使ったデータ解析ワークショップを予定。
果たしてIchigoJamは無事か?データは取れているのか!?
Day3をお楽しみに!

links
- 成層圏では地上より日焼ける?しない? IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day1 センサープログラミング
- こどもたちワクワク載せたIchigoJam、打上と1機の回収に成功! IchigoJamで宇宙を見ようプロジェクト IchigoSpace Day2 スマホVRで蘇る感動の打上動画VR
- IchigoJamで宇宙を見に行こう!
- KidsVenture

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像