福野泰介の一日一創 - create every day

SAPジャパン本社を会場に、Hana道場 こどもプログラミングスクール in 東京
テーマは「イルミネーションプログラミング 〜LEDをあやつろう!〜」

IchigoJamの入出力を使って、クリスマス向けのイルミネーションを電子工作して、プログラミングで自在に操れるようになってもらう、ソフトもハードものよくばり1時間スクール。

今回参加してくれた人ははじめてIchigoJamでプログラミングするということで、まずはIchigoJamに付属しているLEDの点灯から。

LED1

つきます。 LED0

消えます。

LED1:WAIT120:LED0

2秒間ついて消えます。

次はいよいよ秋葉原で買ってきたLEDをつなげて点灯させます。

LEDは、足の長いほう(アノード)から、足の短い方(カソード)に電気を流すと光ります。
ってことで、アノードをOUT1(アウト1)へ、カソードをGND(グランド)へとつなぎます。

OUT1,1

つきます。 OUT1,0

消えます。

同じようにOUT2にアノード(長い方)OUT3にカソード(短い方)LEDを差し込んでLEDを増やしてみましょう。

OUT2,1

つきます。

OUT2,0

消えます。

クリスマスツリーやリースなど線を伸ばしたくなりますね?
そこで新提案、ジャンパーコード(ジャンパー線)とジャンパーピンを使ったはんだ付けしない格安お手軽電子工作!

秋月電子「ジャンパーコード60本、220円」と「ジャンパーピン25コ、100円」を使って、つなげます。


このようにちょっと離れた好きなところにLEDを置くことができます。紙でツリーの絵を書いて穴を空けたりするときっときれいです。

再び、ソフト側、プログラミングでいろいろ点滅させてみましょう。

10 LED1,1:LED2,0:WAIT30 20 LED1,0:LED2,1:WAIT30 30 GOTO 10 RUN

WAITのあとの数をいろいろ変えたり、命令を足したりして好きなように改造しましょう。
これで2つのLEDが交互に点滅します。OUT5とOUT6、OUT4とLEDを使って更にLEDを増やしてみましょう。

最後におまけ!
IchigoJamには100くらいの命令があります、その中の1つランダムを使った裏ワザを紹介。

1 OUT RND(255) 2 WAIT 5 3 GOTO 1 RUN

ジャンパーを使ったお手軽電子工作、ぜひクリスマス前に遊んでみてください!

こどもパソコン「IchigoJam
親子でまなぶ書籍登場「Amazon.co.jp: 親子でベーシック入門 IchigoJamではじめてのプログラミング: 蘆田昇, 福野泰介, 天野シロ: 本
今週末はさくらインターネットでスクールあり!「KidsVenture」 2015.11.28 13:00-17:00

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像