福野泰介の一日一創 - create every day

こどもパソコンIchigoJamのver1.1のピン配置をまとめてみました。
できるだけ分かりやすい並びにし、CPUにシールを貼ってあるので、こどもでも迷わず使えます。

慣れてきた子や、大人向けに、ver1.1でIN/OUTの切り替えに対応したので、ピンが足りない時、もう少しがんばれます。(例、OUT8,1でOUT8有効 / OUT1,-1でIN5/ANA5有効)
それでも足りなければIchigoJamを複数台連携させるか、別の拡張ICを使うなど、いろいろ手はあります。

太字が初期の設定で使える機能です

IchigoJamの「自動起動」によって、マイコンのように使うこともできます。
使い方は簡単、ボタンを押しながら電源をいれるだけ!ただ、BTNをGNDに接続して、ずっと自動起動するようにした場合、ボタンが使えなくなり、SLEEPできない点が残念でした。

上記のピンの中から、影響なく使えるピンを探した結果、SOUNDピンのプルダウンがいけそうでした。起動時にBTNピンに加え、SOUNDピンがプルダウンしていれば自動起動する IchigoJam ver 1.2β1 を「IchigoJam-FAN」Facebookグループにて公開。 いろいろとお試しください!


SOUNDとGNDに20kΩの抵抗を差し込むと自動起動モード!
音声出力への影響もさほどないはずですが、しばらくアレコレ実験してみます。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像