福野泰介の一日一創 - create every day

IchigoJam、最初の量産版はブレッドボードキットでした。 はんだづけするキットは、仕上がり良く、耐久性も高いですが、電子回路を意識しづらく、はんだづけのための道具の準備とやけどリスクが伴います。

そこで新提案ピンソケットに挿すだけ簡単組み立て「IchigoJamピンキット」


電子パーツを折り曲げて挿すだけなので、組み立て簡単!
ゆっくりやっても10分ほどで組み立ておわって、すぐにBASICプログラミングで、エルチカ(LED1)が試せます!


ビデオ回路は抵抗2つと端子へのケーブル2本をつなぎます


キーボード回路はケーブル4本
電源回路はコンデンサ2つと3端子レギュレーター1つ(向き注意!)を挿しこむだけ!
クリスタルとアキシャルコンデンサは、つけなくても大丈夫(つけるとテレビ出力のノイズが減ります)


ボタン用にはプルアップ抵抗、LED用の電流制限抵抗
ボタン部分に他のものを接続したり、LEDを変えたり、電流制限抵抗を変えたりが簡単に電子工作できます!


事前準備がちょっと大変


プリント基板にピンソケットをはんだ付け
電源スイッチはつけておいてもよかった気がします。
お好みでPS/2端子、ビデオ端子をつけておくのもありです。


プリント基板を更に重ねて、回路を見やすくするのも手かもしれません。
1ピンソケットを使っておけば、回路をより見やすく、迷わず作れそうな気がします。

何度でもばらして組み立てなおせて、ブレッドボード版ほど難しくないので、小学生向けにも良さそうです。
いろいろアレンジしてお楽しみください!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像