福野泰介の一日一創 - create every day

スマホのフリック入力の速さを競う「HAYAUCHI」なんと賞金100万円。
イベント会場にて出題される文章入力速度で上位4名が決まり、2名で決勝戦、勝者に賞金が授与される。
10/15(土)開催、会場は秋葉原e-sports SQUARE、運営は福井の会社オールコネクト

HAYAUCHI | 世界最速フリック王者決定戦!より)

MIKATYPEでタイピング速度をあげようと必死になった学生の頃。誰かと競うのは単純に楽しい! さくっと親のタイピング速度を超えて、自信につなげてほしい。

HAYAUCHIの参加条件は、18歳以上なので、18歳未満向けにIchigoJamを使った世界最速タイピング王者決定戦を、IchigoJamとさくらのIoT Platformをつかった一斉タイピングゲームシステムを使ったe-sportsもいいかもしれない。

ネットを使って世界中で参加可能、もちろん遠隔だとチートし放題だが、決勝大会はリアルで行うことで不正は防げる。

練習用のプログラム「ICHIGO-TYPE for IchigoJam」をつくったので、来るべき大会に備えてほしい。

10 LET[0],"LED","WAIT","RUN","LIST","SAVE","LOAD","NEW","GOTO","BEEP","PLAY","PRINT","LOCATE","RND","BIN","OUT","PWM" 20 L=0 30 IF [L] L=L+1:CONT 35 CLS:CLT:R=20 36 LC0,0:?"REMAIN:";R;" " 40 S=[RND(L)]:LC0,2:?STR$(S) 50 N=0 60 K=INKEY():LCN,2:IF SCR()=K ?" ";:N=N+1:IF N=LEN(S) GOTO 80 70 GOTO 60 80 R=R-1:IF R>=0 GOTO 36 90 T=TICK():LC0,3:?"TIME:";T/60;".";T%60/6

出題は20語、これで20秒を切れればきっと大抵の大人より速い。
10行を英単語に変えると英語の勉強にもなるよ!


秋月モニター使用

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像