Google Hackathonで作り、優勝した作品「非常口」
要望にお応えして公開します・・・が、
Chrome Extension(=Chrome拡張)は使い方を間違うと非常に危険です。
よく注意してお使いください。

非常口 - ExitWindows」 - Chromeを使うとインストールできます。
(※私のWindows7でのみ動作確認済み、環境により動作しないかもしれません)


インストールすると出てくるこの非常口アイコンをクリックすると、なんとPCがスリープします。
オプションから終了や再起動など動作が選べます。

種明かしをすると、このChrome拡張にはDLLというWindows用のプログラムが含まれて、通常のChrome拡張ではできないWindowsの終了などの制御を行っています。
つまり、普通にWindows用のソフトウェアをダウンロードして使うことと同じなので、悪意あるChrome拡張をインストールしないようによく注意する必要があります。


インストール時の警告はこれだけです。
> 「Exit Windows」をインストールしますか。
>この拡張機能は、あなたのパソコンと個人データにアクセス可能です。
>「インストール」「キャンセル」
間違ってはいないけど、この表記ではリスクの高さは感じにくいかもしれません。

ソースファイル(プログラムのこと)を公開します。
Chrome拡張のネイティブ利用に興味がある方、どうぞ参考にしてください。

※下記、開発メモ
開発ドキュメント「NPAPI Plugins - Google Chrome Extensions - Google Code
NPAPI = Netscape Plugin Application Programming Interface を使ってネイティブ実装
Visual Studioでコンパイルしdllを生成(cl.exe / rc.exe / link.exe を使用)
manifest.json に plugins として記述
objectタグのtypeに、dllで設定したmime-typeを記述(今回は、application/x-chrome-npapi-exitwindows)
document.getElementById('exitwindows').sleep(); などとJavaScriptで呼び出し
manifest.json で "public" : true とすると、拡張以外の任意ページからも利用可能

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS