日本のWeb化を進めるために産学官が協働する組織で、総務省、内閣官房、経済産業省、農林水産省、国土交通省、日本経済団体連合会、ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム等がオブザーバーとして参画している、オープンデータ流通推進コンソーシアム。初年度の取り組みとして実施された表彰において、鯖江市のデータシティ鯖江が、最優秀賞とスポンサー賞であるGoogle賞を受賞しました!

行政が、Web上にさまざまな公共的な基礎データを、誰もが使いやすい形で潤沢に提供することによって、Web産業のみならず、既存産業や、NPOを含む民間活動、研究分野などにおける新しい発展の可能性が広がります。最初の一歩は踏み出しました。先日の世界一斉オープンデータデイにおいて、日本は開催都市数、アメリカ、イタリア、カナダについでドイツと同率4位の8都市開催と存在感を示しました。

オープンデータは始まりにすぎません。Webという人類史上最大の集合知の真価が発揮されるのはこれからです!

オープンデータに関する優れた取組みを表彰! - イベント | オープンデータ流通推進コンソーシアム
2013/City Events - wiki.opendataday.org
福井県鯖江市>Dataシティさばえ(XML化の推進)


オープンデータ流通推進コンソーシアムのロゴ CC BY JUN_KATAOKAさん

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS