福野泰介の一日一創 - create every day

IchigoJam x sakura.io = IchigoSoda
イノシシ檻連動、火災報知器連動、バス乗降数管理、お神輿など、多方面で活躍中。
手軽で楽しくオープンデータ化する手段で、2020年度全自治体オープンデータ化達成を後押しします。

世界一きっと簡単なIoT、人気のコマンド IOT.OUT

IOT.OUT 1

1万回送信して月64円と格安なので、気軽に使えて楽しいです。実は、1送信で送れるデータ量は最大128byteのポテンシャルを使い切る、まとめて送信に対応させてみました。

LET[0],1,2,3,4 OK IOT.OUT #800,128 OK

HELPコマンドで確認できるメモリ空間。#800は配列のアドレスです。128byte、1変数2byteなので、[0]〜[63]までの64数値をまとめて送付されます。長さの指定は8byte単位、128byteを超えて256byteまでを指定すると2通信分送られます。


IOT.OUT "Message from IchigoSoda!",24

メモリ位置と長さを指定するだけなので、こんな風に文字列をまとめて送ったり、ドット絵データを送るなども簡単です。
データの確認は、「sakura.io」の管理画面、websocketを連携させて、設定を開くのが簡単です!

webアプリとの連携など、こちらのサイトが詳しいです。
ボクにもわかる IchigoJam用 IchigoSoda / sakura.io の接続方法

実装としては、sakura.ioのモジュールへ、8byteずつキューにいれ、最後にフラッシュしています。

温湿度日照など多種のデータ、または、もっと細かい時間変化をお得に送りたいときに、ぜひどうぞ!
もちろんI2CWコマンドを使って、きめ細かい制御も可能です!(参考、位置情報リアルタイム共有デバイス

試してみたい方はβ版をこちらからどうぞ!
ichigojam-1.3b10.zip
命令機能追加:IOT.OUT, 命令復活:VPEEK (SCRの別名)
火星人を動かして小惑星帯で生き残れ!:IchigoJamプログラミング第4回 - 週刊アスキー

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像