福野泰介の一日一創 - create every day

IchigoJamでつくったプログラム「PCNこどもプロコン」へ応募する時は、画面の写真を撮ってもOK!
でも、PCをもっていれば、USBシリアルでつないで転送し、もっとスマートに応募できます!

IchigoJamにUSBシリアルをつなげて、Macにつないでいる図


USBシリアル(marutsu)ジャンパーワイヤ(秋月)ミニブレッドボード(秋月)を準備。


マルツで見つけたUSBシリアル、2つ。
上:PL-2303HX(Rev A) USB to Serial (TTL) Module/Adapter 317990027の通販ならマルツオンライン (税抜290円 ドライバ、Macではusbserialとして認識)
下:CH340G USB to Serial (TTL) Module/Adapter 317990026の通販ならマルツオンライン (税抜290円 ドライバ、Macではwchusbserialとして認識)
両方普通に使えましたが、こちらMacの環境でファームウェアの書き込み速度が上4秒、下20秒と差がでました。


裏面を見ると微妙に異なるピン配置。でも、大事なのはTXD/RXD/GNDのみ。3.3Vや5VをIchigoJamのVCCや5V(CN5)に接続すれば電源を取ることも可能です。


ミニブレッドボードを経由して、ジャンパーワイヤーで接続。(メスオスのジャンパーワイヤーを使うのも手です)


こちらもファームウェアアップデートは、ISPとGNDを接続した状態で、VCCを一旦引き抜き差し込めば、LEDがうっすら光って書き込み準備、OK!
FlashMagicや、lpc21ispなどのツールで書き込んでみましょう!

ベータファームウェアの公開です!
IchigoJam 1.4β11
- 1.4b10にて一部のキーボードが使えない不具合修正

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像