福野泰介の一日一創 - create every day

初開催のみやぎプロコン、仙台高専広瀬キャンパスでの最終審査会&表彰式は大盛況!
宮城県の小中学生が開発した、ステキなプログラミングによる作品の数々、動画で作品まとめました!

ノミネートしたのは18作品、こども自信による2分間のプレゼンテーション!
堂々とした発表が良かった!みんな集まれるのが地方大会の良いところ!


受賞おめでとう!応募総数70作品、受賞しないのは残念かもしれないけど、作った数だけ経験値は確実にアップ!
人の作品をみて、刺激を受けたら、早速なにか作ってみよう!


イトナブ古山さん@トークショー!


審査員とトークショーご一緒したバイバイワールド高橋さんと、実行委員で司会とファシリテーターしていただいたFOLK GLOCALWORKSの奥口さん!


みやぎプロコン2019、ドキドキの表彰式!


全身で喜びを表す!


DENTIチェッカー、審査員にプレゼン資料を紙で配布する気合の入れよう!100均で買ったものがいまいちだったから自分で作った!
ないものはつくる!いいね!電池残量の具合で戦うバッテリーバトラーとか、一捻りするとおもしろいよ。
IchigoJam賞として IchigoCake BASICCakeRes x レトロゲームズ をプレゼント!


音声合成でしゃべるセキュリティボックス、ロックがかかっている時は、LEDを赤く光らせ警戒しもっていこうとするとブザーが鳴る!
破る側の立場に一度立ってみた上で、箱の中に明るさセンサーを入れて、無理やり開けようとしたときの対策を取ってみたり、IoT化して、触れたら警告しながら異常を知らせる機能など、深めてオリジナリティ出してみるのもいいかも。


オリジナルのルールと対戦相手となってくれるCPU側のアルゴリズムを独自考案した、CARD GUESSING。
トランプのサブセットでも遊べるルール。もらったノートパソコン活かして、Webサイト作って広めてみよう!
専用カードセットを作るのも楽しいかも。


新しいノートパソコンゲット!おめでとう!


多彩な協賛賞も嬉しいですね!電波新聞社 大橋さんから、いいハンダゴテと電子工作マガジンがプレゼント!


IchigoJamの大作!1から6までの数字キーを使った落ちものパズル。ゲーム機をもっていないので、自分で作ったというこのゲーム。なんと、制作時間ご飯をはさんで5時間でこの完成度!
専用コントローラーを作ってみたり、二人対戦型にしてみたり、使ってみてもらって受けたインスピレーションのまま、オリジナリティ高めてみよう。


KidsVenture賞、ノートパソコンゲット!今大会でなんと5台、提供!


同じ解決なら、楽しいほうがいいよね!ガチャ+薬飲み忘れ防止のガチャ薬。
ガチャなのは楽しい見た目だけ、きちんと順番通りに指定時刻に出てきます。
大人のものと子供のもの、混ぜてみるとおもしろい!


大切な飼っているインコ。体重による体調管理が有効だけど、普通の体重計では載ってくれないので作ったとまり木型体重計。 5秒5回、安定して計測できたら温度とともに記録。Node.jsでつないだwebアプリで推移も確認できる本格派!
パソコンを使わず、LEDなどで健康状態を表示する単体デバイス化、IoT化するのもいいかも?


建築家になりという女の子の作品。将来つくりたい家、明るさによって家具が自動的に変化する!
夢に向かって進んでいるのがステキ!VRでシミュレーションするのも楽しいよっ


曜日ごとのお薬をかわいく管理。あれこれ試作して、たどりついたシンプルな形とプログラム!
8分割された形、一週間で余った1箱はごほうびのお菓子が入っているのがかわいい!


玄関の鍵を足踏み式のパスワードにするという新発想。
実際にフットボタンを作って試してみたい!手がふさがっていても開ける方法、他に考えてみるのもおもしろそう。


ぜひ、ブラッシュアップして、全国大会「PCNこどもプロコン」にも応募しよう!


高専生も見に来てくれました!次回大会、高専生も含んだ運営、審査もきっといいよ!(勉強になるし、励みになる)


仙台高専広瀬キャンパス、良い秋空元、高専祭の日での開催。
小中学生に高専に触れてもらう良い機会に!来年も開催決定!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像