PCN大阪PCN南大阪、KidsVentureとの合同企画、キラキラIoTプログラミングワークショップ in 大阪
自分で創る、イルミネーション、クリスマスイル、ハロウィン、お正月などのお祭りに!
準備したフルカラーLEDセット(WS2811)を使った初WS。

自分で作ったキラキライルミと記念撮影!(photo by Aki Miyako)


IchigoJamは5才、バージョン1.4になって簡単になったキラキラを使ったワークショップ!


1人1つずつ10コに切って加工したWS2811を使います(入手法と作り方
WS2812Bでも、赤と緑が逆になっているだけで、挿すところ、使うコマンドプログラムは一緒です。


フルカラーLED10モジュール(全部で30LED)、WS2811接続方法(白をCN4の一番下、LEDに合わせて8端子挿せばOK!)


光った!

WS.LEDの使い方サンプル
赤く

[0]=50:WS.LED1

緑に

[0]=0:[1]=50:WS.LED1

青に

[0]=0:[1]=0:[2]=50:WS.LED1

色を混ぜる(光の三原色、赤緑青)

[0]=10:[1]=20:[3]=30:WS.LED1

LETコマンドで短くかける(意味は一緒)

LET[0],10,20,30:WS.LED1

WS.LEDの2つ目の数値でくりかえし回数を設定すると、10コ光る!

LET[0],50,30,0:WS.LED1,10

消すときは変数クリア命令、CLV

CLV:WS.LED10

2つのフルカラーLEDモジュールを光らせるには6つ数を指定して、WS.LED2

LET[0],50,0,0,10,0,0:WS.LED2

2x5で10コ光る

LET[0],50,0,0,0,50,0:WS.LED2,5

3x4で光らせる(くりかえしが多くてもOK!)

LET[0],50,0,0,0,50,0,0,0,50:WS.LED3,4

LEDの点滅と同じようにくりかえし

10 LET[0],50,0,0:WS.LED1,10:WAIT30 20 LET[0],0,50,0:WS.LED1,10:WAIT30 30 GOTO 10

30LEDのどこかを100に指定して光らせる、をくりかえす(その行をもう一度最初からのCONT)

10 CLV:[RND(30)]=100:WS.LED10:WAIT10:CONT

10モジュールのどこかを赤に光らせる、をくりかえす(CLVを取るとどうなる?)

10 CLV:LET[RND(10)*3],50,0,0:WS.LED10:WAIT10:CONT

ランダムな色

10 LET[0],RND(50),RND(50),RND(50):WS.LED1,10:WAIT30:CONT

ランダムな色と場所

10 CLV:LET[RND(10)*3],RND(50),RND(50),RND(50):WS.LED10:WAIT30:CONT

30LEDを全部ランダム(数指定くりかえしのFOR)

10 FORI=0TO29:[I]=RND(100):NEXT:WS.LED10:WAIT10:CONT

だんだん伸びていく

10 CLV:R=RND(50):G=RND(50):B=RND(50):FORI=0TO9:LET[I*3],R,G,B:WS.LED10:WAIT10:NEXT:CONT

だんだん明るく

10 FORI=0TO50STEP10:LET[0],I,I,I:WS.LED1,10:WAIT10:NEXT:CONT


自由作成タイム!基本はLEDとWAIT!


自分だけのイルミネーション、あみだそう!
(光を動かすには? IchigoJamの新しいWS.LEDとCOPYでピカピカ - Qiita by PCN大阪

すべてがネットにつながるIoT。IchigoSodaならIoTイルミネーションも簡単!(スマホで点灯スイッチ追加)

1 IF IOT.IN()=0 CONT

もし信号を受信していなかったらくりかえし(=送られて来るまで待つ)

スマホで点灯スイッチ、デモ!


ぐるっと360度撮れるカメラ、THETAで1枚!(ぐるぐる見渡せるバージョン on Facebook


さくらインターネット大阪本社からのメリクリ!・・・つづく
→ 「遊んで学ぶアルゴリズム 迷路棒倒し法をIchigoJamでつくろう - クリスマスイベント by コプリ / PCN大阪

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS