回路図がとってもシンプルでオープンなIchigoJam、いままで様々なIchigoJam互換機が登場しましたが、なんとバーサライタ対応「StickJam」がPCN上田から登場!

IchigoJam BASIC 1.4 の新コマンド、WS.LED を使えば、WS2812Bの制御がとっても簡単。これを活用して、それ自体を振って使うパソコンをゲット!早速、振って楽しむ、2コマアニメーションプログラムを作ってみました!


バーサライタとは、人の目の残像効果を利用して、8つのLEDを動かすことで、マトリクスLEDのように面で見せるテクニック。 特殊なシリアルで制御するフルカラーWS2812Bが、8+1つの搭載されたStickJamを使って、お手軽バーサライタ遊び。

例えば、8つ全部赤く光らせるには

LET[0],0,30,0:WS.LED8

これだけでOK!(緑、赤、青の順に指定しよう)


スティック状のIchigoJam、StickJamの両端にビデオケーブルとキーボードを挿せば、普通のIchigoJamとして開発可能。単三電池3本搭載で、単体動作!

100 S="IJ" 110 LET[8*3],0,30,0:WS.LED9 120 CLS:FORK=0TO1:C=ASC(S+K):FORI=0TO7:FORJ=0TO7:A=#900+(I+8*K)*48+J*6:IF PEEK(C*8+J)>>(7-I)&1 GSB300:POKEA,G,0,R,0,B,0 ELSE POKEA,0,0,0,0,0,0 125 NEXT:NEXT:NEXT 130 N=0:M=0 135 LET[8*3],0,0,0:WS.LED9 140 X=IN(1):Y=IN(4) 150 IF !Y&&V L=0:D=1:GSB200:N=N+1:IF M>4 M=!M:N=0 160 IF !X&&U L=7:D=-1:GSB200 170 IF BTN() F=!F:GOTO 100 180 U=X:V=Y:GOTO140 200 FORI=0TO7:COPY#800,#900+48*(L+I*8)+8*48*8,48:WS.LED8:LET[0],0,0,0:WS.LED1,8:NEXT:RTN 300 IFFRTNELSER=RND(50):G=RND(50):B=RND(50):RTN

変数Sに2文字分設定したキャラクターパターンを、画面内メモリ#900以降に書き込んでおき、配列のメモリ#800にコピーして、WS.LEDコマンドをくりかえしてます。StickJam本体のボタン(BTN)が押されたら、色を変更。1回おきに全部同じ色か、全部ばらばらな色にするかをフラグFで切り替えてます。


第5回こどもプログラミングサミットにて、PCN上田代表、IchigoJaMan、斎藤さんに売ってもらいました!
12/31、コミケC97に出展とのこと!
コミックマーケット97(12/31)出展情報 - SHIROのIchigoJam日記
しまった、SnadaJam、IchigoJaMan Works、買い忘れ!

東京近郊の方、コミケ行ったこと無い方、お昼過ぎに行くと、余裕持って回れます。
電子工作関係も多数出展あって楽しいですよ!
コミケC92、世界最大のマルシェ、作り手と会える幸せ、早速便利なB-ART x IchigoJam

links
- StickJam(バーサライタ用IchigoJam) - SHIROのIchigoJam日記

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS