福野泰介の一日一創

Intel 8086から現代のCore iシリーズまで、脈々と続くx86アーキテクチャ。実は、誕生1978年と私と同い年。RISC-Vのシンプルさと合わせて引き合いに出される古の命令「AAA」を動かしてみました。


参考図書「8086マシン語秘伝の書 単行本 – 1990/10 by 日高徹氏、青山学氏
MSXでマシン語を使ってみたくて買った「Z80マシン語秘伝の書」の8086版! 16bit CPUである8086向けに、変更、セグメントなどx86ならではの項目が追加されている。Z80同様、古典と思いきや、普通に現代のMacでも普通に使えてしまうことに驚きます。

AAA命令もちゃんと載ってました!
2進法/16進法が基本のコンピューターと、10進法が基本の人をつなぐ命令の一つ。0から15までの数を2byte2桁表現にしてくれる便利命令でした。(src on GitHub)

_main: mov eax, 0 main_loop: push eax clc ; reset carry flag AAA call putnumhex pop eax inc eax cmp eax, 16 jne main_loop mov al, 0 ret

こちら実行結果

0000 0001 0002 0003 0004 0005 0006 0007 0008 0009 0100 0101 0102 0103 0104 0105

こちら0から15までをAXレジスタにセットして、AAA命令を通した結果です。確かに2byteになってくれると表示しやすくて便利です。

このような基本的な部分は一度作ってモジュール化してしまえば、再度作る必要はないので、専用の命令はリソースの無駄になります。 実際、x86アーキテクチャでも64bit環境ではAAA命令は削除されているので、上記プログラムは32bitモード(-f macho32)でコンパイルしています。(syscallの呼び出し方も違うので注意!)


こちら、8086マシン語秘伝の書から、144倍するという定数による掛け算を分解してする高速化するテクニック(main.s src on GitHub

SHL AX, 1 SHL AX, 1 SHL AX, 1 SHL AX, 1 MOV BX, AX SHL AX, 1 SHL AX, 1 SHL AX, 1 ADD AX, BX

144倍=128倍+16倍であることを利用して、シフトと足し算命令を使って実現しています。8086には掛け算命令MULがあるにも関わらずなぜこのテクニックが必要だったか?

秘伝の書記載の仕様によると、16bitの掛け算(MUL)にかかるクロック数はなんと118〜133。1bitシフト(SHL)も9クロックかかるとはいえ圧倒的に速いわけです。 現代CPUは掛け算も足し算も1クロックで終了するので、このテクニック自体は不要です。

そういえば、なぜわざわざ1bitずつシフトしているのでしょう?

SHL AX, 4 MOV BX, AX SHL AX, 3 ADD AX, BX

と書けばもっと短く、高速です。実は、この元になったZ80マシン語秘伝の書でも同じ内容があって、Z80には1bitシフトしかないので、ベタ移植したままになってしまったと想像。(追記、・・・違いました。8086にはイミディエイトのシフトは1限定。上記は80186から加えられた命令でした。 thanks! > @fujitanozomu

MOV CL, 4 SHL AX, CL MOV BX, AX MOV CL, 3 SHL AX, CL ADD AX, BX

8086命令を使って、このように書くこともできますが、2クロックで終わる1bitシフトと比較し、CLを使ったシフトは 8+4N クロックと遅く、速度を取るなら秘伝書記載の通りが正解でした。

コンピューターの特性を知り、いかに活かすか、今でも大事な基本ですね!
普段使っているCPUに近づくマシン語の世界、こちらのサンプルや入門をどうぞ!(x86asm src on GitHub

links
- 日本人が創ったCPUの歴史、MacのCPU Intel 64 マシン語はじめのいっぽ
- ハンドアセンブルで高速計算! RISC-V、RV32ICエミュレーターのC言語実装
- はじめてのマシン語 - IchigoJamではじめるArmマシン語その1

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS