電波と電波法の知識が必須な無線マウスではなく、手軽に改造できる有線マウスを使ってデバイスづくりに挑戦!

マウスの左クリックをIchigoJamからOUT1/OUT0でプログラム制御し、IchigoJamのプログラムをPCに転送実験、成功です!


DAISOで300円、有線USBマウス。


ネジ一本で分解できます。シンプルな基板!ボタン用のマイクロスイッチが3つ、ホイールの回転を検知する部品、USBマウスの機能と移動量を検知する部品が一体化したものなど。


基板、裏面です。回路を目でも簡単に追えます。どこがGNDか調べるところからはじめるのがオススメです。PCを壊してしまわないよう、接続しない状態でまずは調べましょう。


ボタン3つをジャンパーとコネクタで横取りします。これを好きなスイッチに接続することで、オリジナル入力デバイスのできあがりです!大きなボタン、足で押すフットスイッチ、力がいらないマイクロスイッチなど、いろんなスイッチをつなげて遊べます。


左クリックをIchigoJamのOUT1につなげば、OUT1で離した状態、OUT0で左ボタンを押した状態になります。 IchigoJamのプログラムからマウスのボタン操作、自由自在!

IchigoJamのプログラムが記録されているメモリ、16進数で #C00 から、容量分、マウスクリックでPCに転送してみましょう。
mousereceiver」は、まずはマウスの押された時間を計測し、その長さをシリアル信号8bit分の長さとして使って、その後のON/OFFを解釈し、画面にIchigoJamのプログラム形式で出力します。 モールス信号の如く、手でも実験できるので、何度かカチカチ、押してみましょう。


プログラムを使えば、正確に転送することができます。送信時間の単位を W で設定。長くしたり、短くしたり実験してみましょう。

100 W=4:OUT0:WAITW*8:OUT1:WAITW*8:FORI=0TO1024-FREE():C=PEEK(#C00+I):?HEX$(I,3),BIN$(C,8),C:FORJ=0TO7:OUT!(C>>J&1):WAITW:NEXT:NEXT:OUT0:WAITW:OUT1

いろんなデバイスの改造、楽しいですが、無線機器の改造は電波と電波法の知識が必要になるので、注意しましょう。
(参考、DAISOの300円無線マウスを改造して、ワイヤレスかんたん入力マシンが創れる!? → 不推奨です

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS