Code for Sabae主催のオープンデータを使ったコンテスト「カフモン2020」開催です!
2020/4/1〜2020/5/15までの福井市で計測されるヒノキ花粉量を当てるだけ。
差の合計が一番小さい人が優勝です!


福井県花粉データまとめ(福井市)」(src on GitHub)
2007年から2020年まで、14年分の1日ごとのスギ花粉とヒノキ花粉の飛散量のCSVデータが福井県のオープンデータとして公開されています。 スギ花粉は終息してしまいましたが、これから迎えるヒノキ花粉。こちらが今回コンテストのテーマです!


こちらが登録フォーム。APIを用意したいところでしたが、ひとまず誰でも参加できる形でスタート。

4/1 10 4/2 30 4/3 50 ... 5/15 0

このような日付と飛散量を書いたデータをフォームに追加するだけでOK!
登録日の翌日以降のみ有効になりますが、何度もデータ更新してOK。

参加お待ちしています!
カフモン - 花粉オープンデータチャレンジ


福井県花粉データまとめ(福井市)」(src on GitHub)
12年分のデータを単純に平均する?天気データと突き合わせてみる?どのデータがどう影響しているか?コンテストサイトや、花粉オープンデータの表示方法をかっこよくするフォーク、プルリクも大歓迎!

新型コロナによる症状と間違えられやすい花粉症。誰もが発症リスクある困りもの。

高専生、大学生や機械学習を使って人、家でじっくり取り組むテーマのひとつとして、ぜひ活用ください! 良いアルゴリズムが見つかれば、来年の花粉症対策にすぐ使えちゃうかも?

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS