One Young World 2019の福井代表、永平寺エボリューション大使で、現在はシリコンバレーにいるあみるが呼びかける新型コロナウイルス対策プロジェクト。 咳の音から症状をAIで推測するチャレンジ。AI判定には多量のデータが不可欠。手軽にデータをアップロードできるwebアプリを開発し、Code for Sabae の GitHub で公開!


CoughGathering」(src on GitHub)
AI学習用途に使う咳の音声を集める目的のシンプルな録音アプリと、Node.jsで作ったファイル保存サーバープログラム。COVID-19の疾患がある方はチェックし、録音ボタンを押すと5秒録音し、自動的にアップロードされます。 健康な方の咳データも大事なので、よかったら「咳あつめ」ご協力ください。 独自にデータを集めたい方は、ソースからサーバーを立ててみてください。


COVID-19 JAPAN - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
日々更新している本アプリ、続々と寄せられる各自治体の対応データ「新型コロナウイルス感染症病床オープンデータ」の使用するチェックボックスを外すと、従来用意されていた感染症病床数で状況を見ることができます。 現在患者数が上回っている14都府県、それぞれの公式サイトで対応が発表されているので、最新状況をチェックしてください。

アメリカ、パキスタン、日本、3拠点で夢の24時間開発体制のできあがり!
家に居てもできること、探しましょう!

links
- 自治体・医療機関の方、新型コロナウイルス対策感染症病床数の一次情報の公開おねがいします → アプリ化します!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS