目に見えない電波をARで見えるメガネも楽しそう!
ひとまず、ブラウザで動くBluetoothを探すだけのアプリを動かしてみました。

Bluetoothを探す
十数メートル飛ぶというBluetoothの電波、意外とたくさんのデバイスを拾うことがわかります。アンテナマークは電界強度。基本的に強いほど、近くにあるということです。

隣に並ぶ16進法の数値は、Bluetoothデバイスの48bit(6byte)のMACアドレス接触管理アプリでは、これが10分変わります。また、通常のBluetoothデバイスでも周期的に変更することが推奨されていますが、ほとんどの場合、変更していないという古い記事もあり、隠しています。
Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ - ITmedia エンタープライズ

今回使ったプログラムは、下記、たった1行。スーパーハッカーである必要はありません。

btn.onclick = () => { navigator.bluetooth.requestDevice({ acceptAllDevices: true }) };


日本政府も配布予定としている「接触管理アプリ」の解説に全体の流れがわかる図を追加しました。

もし、MACアドレスが変更されない、電波を発信し続けるBluetoothデバイスを持って町を歩くと、常に自分のIDを大声でアナウンスしながら歩いているに等しい状態です。

当たり前のように使っている電波ですが、その実態も知った上で使いたいですね。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS