機械学習(AI)で活用されるGPU(ジーピーユー)とは、小さなタスクを多数のプロセッサで並行してこなすコンピューター。 C言語に似たプログラミング言語、GLSLを使って、ブラウザ上でも遊べます。


cloud」(GLSLを使ったアニメーションを背景にプログラムを確認できます)
ほぼサンプルのままですが、色を変え、縦横比を合わせて、ゆっくり拡大縮小させてみました。1ピクセル毎の処理 main が並列して走ることが特徴です。 普通のプログラムだと繰り返しが多くなるほどに遅くなりますが、並列実行はそれがありません。ちょっと変わったお絵かき方法が楽しめます。

参考になったのが、こちら「The Book of Shaders」、原著は英語ですが、日本語で前半が翻訳されています。 動き、自分でいじれるサンプルが豊富に含まれているので、気軽に楽しめます。(前提知識、何かプログラミング言語の経験とベクトルの知識)

きっかけは、csv-tableで始めたWebComponents。Twitterのハッシュタグで検索して発見した、shader-doodleタグ。 シェーディング言語をHTML内のscriptタグで埋め込むだけで使えて便利!

目指せ、技術のわらしべ長者!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS