IchigoJamで使うキーボードは、PS/2に対応したものが必要です。対応していたはずが、動かない現象が発生。原因が判明したので、その対策を紹介します。

結論、10kΩ前後の抵抗1つ、5VとKBD1またはKBD2に接続することで動きます。


サンワサプライのPS/2対応キーボード「SKB-KG3BKN」と色違い「SKB-KG3WN」は、サイズ感がいい感じ。 販売価格もAmazonで、1,255円と手頃な価格もうれしい。


改めて入手し、確認したところ、キーボードのLEDが全く反応しない状態。 自宅のPCをよく見ると、PS/2端子ありました。


PS/2キーボードとしての動作は確認できたので、通信プロトコルの間違いや、初期化のタイミングなどを探ります。


プログラムをいろいろと変えてみましたがどうやっても動かず、KBD1またはKBD2を5Vと抵抗10kΩを使ってプルアップし、信号の5V化を試したところ動きました! ただ、ソフトウェアだけでは対処できないので、残念ながら現在の基板では対応とは言い難い状態。


抵抗の両端、少し切るとコンパクトに収まります。


5V端子は別で使いたい場合、裏面にはんだづけするといいです。CN5の一番上5VとKBD1かKBD2へ10kΩの抵抗でつなぎます。 (他のピンに当たってしまわないように注意!)


はんだづけ、完了!


IchigoSodaも、10kΩ抵抗1つでこの通り、動きました。
抵抗は、100本で100円、プルアップ抵抗としてもよく使うので、この際100本、いっちゃいましょう!

links
- PS/2キーボードが無くならない3つの訳、IchigoJamの対応キーボード拡大!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS